気持ちいい筋肉痛と辛い筋肉痛の部位ってどこ?俺はこの部位です

ちょっと痛いけど、鍛えられてるぞ!なんか気持ちイイね!

いやいや…

筋肉痛で朝起きられない!

お願いだから、笑わせないで~!!

 

朝の筋肉痛

 

同じ筋肉痛でも感じ方は全く別ものです。そこで、どの部分の筋肉痛は気持ちよくて、どこの筋肉痛はツラいのかについての内容です。

 

えっ?

くだらない事だって?でも、こんなくだらないことでも、誰か1人くらいは気になっている人いませんか?

居ないですね。

でも、私は気になりましたので記事にします!

 

目次より気になるところだけでもどうぞ!

気持ちいい筋肉痛の部位は、胸筋!

胸筋を鍛える

まず、実際に部分ごとに筋肉痛になってみます。実験者は、私(41歳男性、2児の親)で、実験方法は部分的やに鍛えて筋肉痛になる方法です。

 

気持ちイイと感じた筋肉痛は胸筋

でした。

胸筋が少し痛いってくらいの状態

が、気持ちよさ『№1』です。

 

そして、この記事を書こうと思ったきっかけです。

 

なぜって?

それは、急に腕立て伏せを始めた時の翌日、イタ気持ちいい感じだったからです。その時の記事がコレ!

筋肉痛が気持ちいい!と感じたのは変ですか?これってちょっとM?
筋肉痛が気持ちいいと感じてしまった、私の体験談です。思いつきで始めた腕立て伏せが、翌日筋肉痛に!でも、それが意外と気持ち良かったので、筋肉痛が気持ちいイイと感じるMっぽい人はどうぞ!

 

独自プログラムを組んで、腕立て伏せミッションを行ったところ、見事に翌日筋肉痛になりました。

 

でも、気持ちよかったんです!

 

だから、ミッションが続いたんです。

数週間までは…

 

胸筋を筋肉痛にするためには、わきをしめて、テンポよく腕立て伏せすると、理想の筋肉痛になります。

 

ところが、あまりにも運動不足だと、腹筋・背筋も筋肉痛になります。

 

理想の方法は、1~2分で一気に行う腕立て伏せを1日に2~3回やると、翌日は気持ちいい筋肉痛になりました。

 

ついては、辛い筋肉痛の紹介です。

 

辛い筋肉痛は、腹筋だぁ~(≧◇≦)

腹筋を鍛えると?

なんと言っても、辛い筋肉痛は腹筋でした。

何が辛いって、あなたも分かりますよね?

あの辛さ…

 

朝起きようとすると、

 

腹筋が痛くて起きられない!

 

そして、くしゃみは必死にこらえて腹筋を使わないようにするけど、風邪なんて引いてしまったら、最悪です。

 

「へっクション!」

「イタタタタ…」

 

腹筋の強い筋肉痛は非常に辛いです。何をするにも、動きがコマ送りになってしまいます。

 

しかし、朝より昼、昼より夜と1日のなかで、筋肉痛が和らいでくるのが、凄くわかり易いのも、腹筋でした。

 

腹筋と胸筋を同時に筋肉痛に出来る方法

<<関連記事>>

 

腹筋に続いてツラい筋肉痛は、

太ももの筋肉痛ですね!

 

トイレへ行って便座へ座った時、用を済ませて、立ち上がろうとすると?

「イタタタ…」

 

腹筋の時もトイレを済ませて、立ち上がる時は辛かったですが、それ以上に太ももの筋肉痛は、ツラいです。

 

短時間の運動で翌朝、筋肉痛になる方法

一番効率よく筋肉痛の状態にする為には、

 

ダッシュ!

これが短時間で翌日みごとに全身の筋肉が悲鳴をあげて、筋肉痛になれた方法です。

 

ちょっと癖になる筋肉痛は『すね』

すねの筋肉痛

以外に、すねを筋肉痛にすると歩くたびになんとなく、イタ気持ちいい!って感じになりました。

私の場合、この感触って結構お気に入りかもしれません。

 

これって変ですかね?

 

ただし、

 

強い筋肉痛だと歩くのが困難というか、ぎこちない歩き方

 

になってしまいます。

また、『すね』という部位を筋肉痛にする為のポイントです。

 

すねの筋肉を『効率良く筋肉痛にさせる方法』は、サッカーボールを強く蹴る!

です。

 

サッカーボールが無い!

サッカーボールを強く蹴れる場所が無い!!

 

という時は、布団を丸めて、それをやや強く蹴飛ばすイメージ。サンドバックを蹴飛ばすイメージで1~2分、息が切れるくらいまで続けると、翌日みごとに筋肉痛になります。

(ついでにおしりの下あたりも筋肉痛になります)

 

適度な筋肉痛になる為の注意点

適度な筋肉痛を楽しむ為に、注意してほしい事があります。

特に運動不足な方は『要注意!』です。

 

  • 久しぶりに体を動かす時は、準備体操(ストレッチ)をすること
  • ムリな事は絶対にしないこと
  • 一気に筋肉に負担をかける時は、最近の自分の状態を理解してから行うこと
  • 自己責任で行うこと

 

ここらのポイントは守って下さい。

 

まとめ

筋肉痛って、様々ですよね。

今回改めて感じたのですが、短時間で効率良く筋肉痛になる為には、筋肉痛になりたい部位に、強い力を入れる!

 

ということが分かります。

 

陸上でいうと、マラソンより短距離走って感じです。

 

部分的に『おもいっきり力を入れる』ことを数回(5回程度でも)行うと、翌日は筋肉痛になることが出来ますので、筋肉痛に興味のある方はお試し下さい。

 

適度に運動して、今日も元気な一日を楽しみましょう!!

 

<<関連記事>>

コメントをどうぞ