寒い朝に体を温める歩き方の紹介です

寒い朝がやってきました。そこで、朝の通勤時間に体を温める歩き方を調査したので紹介します。車通勤ではない人で寒がりな人へ、是非試して下さい。

寒がりなあなたの体を温める歩き方は、足の裏に有りました。それではイマイチだった方法と良かった方歩を紹介していきます。

 

早歩きで体は温まるか?

体温を上げる方法でまず思い付いたのは、運動することです。

 

しかし朝の忙しい時間に運動なんてしてる場合じゃありません!それだったら、通勤時間を有効利用して何かできないかと思い、まずはじめに試したのは

 

『早歩きで血流UP』

 

朝駅へ向かう途中、駅のホーム、駅から会社までの歩いて移動する時間に早歩きをしてみました。その結果は?

 

早歩きの結果は、あたたかくなった!

 

しかし、デメリットがあります。それは、けっこうな早歩きをしたので、周りの人へ迷惑をかけてしまいそうになり、それがストレスになります。

 

逆の立場で考えると、向こうから凄い勢いで歩いてくる人がいたら・・・

ちょっと怖いかも。特に駅のホームでは危ないです!

結果は、イマイチです。

 

次いきます。

大股歩きで体は温まる?

続いては、それほど早歩きでは有りませんが、大股で歩くようにして見ました。股関節の可動範囲がいつもより大きくなって、なかなかいい感じです。

 

大股歩きの結果も、あたたかくなった!

 

温かくなったのは事実ですが、けっこう恥ずかしいです。

周りからみると、なんか不自然です。これが、休日のウォーキングとしてだったら、違和感は無いのでしょうが、通勤途中で行うと、やっぱり変です。

 

ちょっと不審者っぽいです。

 

大股歩きも、デメリットの方が多く感じます。

こちらもイマイチです。

 

では次行きます。

息を止めて歩くと体温まる?

息を止めて歩き、少し苦しくなったら呼吸をして、再び息を止めてと繰り返してみたところ、鼓動は早くなりました。

体も少しあたたかくなった気はしますが、苦しくなったところで「ハァ~ハァ~」呼吸をする時がやっぱり不自然です。

 

そして、体は温まるってほどではありません。

 

失敗です! 

 

イマイチどころではありません。オススメしません。

イマイチ続きですが、次からはなかなか良かった歩き方ですよ!

 

かかとをきちんと着地するように歩いてみると?

ここからの挑戦は、良さそうな歩き方です。

靴のかかとから地面に接地させるように意識して、歩いてみます。

 

なかなか良い感じです。

 

かかとを付けるように歩くと、少しふくらはぎやアキレスケンが伸びるように伝わってきます。ふだん使っていなかった筋肉が動いている感じです。

 

『かかとをきちんと接地するように歩くと良い感じ♪』

 

すごく極端にかかとを意識しなければ、見た目も特に悪くありません。ビルのガラスに映る姿を自分で見て、違和感はほとんどありませんでした。

 

よって、

体を温める歩き方として ○

 

やっと良さそうな方法を見つけました。

次も自信あります!




親指で地面をつかむように歩くとどうなる?

これ、けっこう良いですよ!

親指で地面を感じながら押し出すように歩きます。

足の親指に力が伝わるのを意識をして、足の裏全体で地面をつかむように歩きます。

 

感覚は、アスファルトや地面の凹凸を感じ取る様に歩きます。

 

これは、かかとを接地させるように歩くのと同じくらいに、普段使っていない筋肉が動いている感じがしてきます。

 

よって、

体を温める歩き方として◎です。

 

気分的にも頭がスッキリするような気がする。と言うと、言い過ぎでしょうか?

でも、私はその様に感じます。

 

かかとを設置させ、親指でつかむように歩くと?

これ、私が見つけた寒い朝に体を温める歩き方として、

 

最高です!

 

まず、見た目は特に違和感がありません。

ガラスに映った姿で自己確認しました。

 

それなのに、スネのあたりから、ふくらはぎ、アキレスケン、太ももあたりまで筋肉が活動しているのを感じます。

 

徒歩で約20分も歩くと、背中や肩甲骨のあたりまで温かくなってきます。これって、全然お金も時間もかけずに出来る、かなり自信がある、通勤ウォーキングです。

 

しかし、デメリットが2つあります。

  1. 皮靴やヒールなどでは出来ない
  2. 足汗をたくさん掻く

私の場合は、スーツに革靴で通勤ではありません。

私服に運動靴で通勤です。だからこそ出来る歩き方ですが、これが革靴だと厳しいですね。

 

女性の場合、ヒールを履いていると無理です。

 

また、この歩き方をすると、かなり足の血行が良くなったのを感じます。そして、足汗もしっかりと感じてます!

 

ということは、ほっとくと・・・・・

良くなさそうですね。

 

毎日続けて、毎日足汗だらけにしておくと、大変なことになってしまいそうです。どうなってしまうのかは、ご想像にお任せ致します。




身体の温まる歩き方のまとめ

身体の温まる方法として、少し限定されてしまいますが、

寒い朝に身体を温める為には条件があります。

  1. 朝、徒歩の時間がある
  2. 自由な靴で通勤できる

この2つです。

 

それを踏まえて、

かかとから接地するように、そして足の親指で大地をつかむように歩くと寒い朝でも、体が温まってきます。

 

更に、かかとから地面へ接地させることを意識して歩いていると、姿勢も良くなるのを実感できます。寒い時はポケットに手を突っ込んで、下を向きながらあるいていたのですが、歩く姿勢が良くなると、他にもよかったことがあります。

身が引き締まる綺麗な空

それは、目線もやや上を向いて歩くようになったので、普段ほとんど気にしていなかった、空の様子を見る機会が増えました。晴れて寒い朝の空は青空が綺麗ですよ♪

 

寒がりなあなたへ、是非一度お勧めしたい歩き方です。

 

また、寒がりなあなたへ冷えや寒さに関係する記事を紹介します。

あなたの風邪予防対策の一つにしてもらえたら幸いです。

最後まで読んで頂き有難うございました。

コメントをどうぞ