原因不明!足の裏の痛みが治った方法とは?!

朝起きると、なんだか右足の裏が痛い。どうしたんだろう?

 

思い当たることはありません。しかし、普通に歩くのも痛く、早歩きや小走りは不可能なくらいの痛さです。まさに原因不明です!

 

ところが、ちょっとしたことを行ったら、痛くなくなってきたぞ!ひょっとして治ってきたかも?という方法を紹介します。

 

痛かった足の裏はこのあたり

足裏のツボ

右足のかかとより少し土踏まず寄りの外側です。

ちょうど矢印と紫色の○で囲ったあたりです。

 

朝起きると少し痛みを感じて、次の日はさらに痛くなり、3日目は、歩くのに足を引きずるくらいの痛みが生じていました。

 

原因不明の足裏の痛みと高まる不安

さっそくネットで検索して出た来たのが、先ほどのような足裏のツボが書かれた図です。

 

そして、ちょうど痛くなったあたりを見ると、『大腸』と書いてあるではないですか!!

 

この時、急に不安になりました。

 

実は私、ちょうど一年ほど前に人間ドックを受けました。その時の検査結果で、大腸の項目のところに『D2』判定、早急に精密検査の必要あり

 

という結果が出たことがあったのです。

その時のことは

人間ドックでD2判定、便潜血!

の記事をご覧ください。

 

急に痛くなった足の裏と、調べて分かった足の裏のツボが偶然の一致で、どちらも大腸となっています。

 

そして、今年は厄年・・・

 

いくら偶然でも、気になる要素ばかりが重なり合って、不安な気持ちは高まる一方です。

 

一人で抱え込まず、まずは相談

不安な気持ちを抑えて、妻へ軽く伝えます。

『最近、急に足の裏が痛くなった!』

 

すると、妻は、

『老化現象じゃない?』

の一言だけです。

 

ちょっとくらい心配してくれてもいいんじゃないの?と思ったのですが、変に言って、荒波立てても仕方がないので、口を閉じます。

 

ダメもとで足の裏をストレッチ!

確かに老化現象も否定はしていません。

だって、もう40歳になってしまいましたから・・・

 

じゃぁ、どうする?

 

このままでは、まともに仕事も出来ません。というより、電車と徒歩で通勤はけっこう困難です。

 

足の裏が痛くなって、3日目は車で通勤することにしました。

 

そして、その日の会社でお昼休み中、痛かった右足全体を念入りにマッサージをします。

すると、なんだか痛みが少し引いてきたように感じます。

 

さらに、午後の仕事中はつま先立ちになったり、かかとを下ろしたりして、少しストレッチを兼ねた運動をしてみたのです。

 

つま先立ち

イメージは、足の裏やアキレスけん、ふくらはぎの筋肉をゆっくりと伸ばしたり縮めたり。

普通の状態でも痛かった足の裏ですが、さらに痛くなりつつ、でもなんか気持ちいいかも。

 

しばらくするとどうでしょう?

 

あれ?少し痛くなくなってきた!治って来たかも?

 

足の裏が痛かった原因って?

思い返すと、足の裏が痛くなる前日、高幡不動尊というところへ現地調査へ行っていたのです。

 

その時の内容は

高幡不動尊の初詣、混雑はいつまで?

で触れてますが、高幡不動尊の裏山を登ったり下ったりと山道探索をしてたのです。

 

ひょっとすると、それが原因の様な気がしてきました。

 

普段使わない足の裏の筋肉を使ったので、足の裏の筋肉痛?きっと日頃の運動不足が原因ではないかと、感じております。

 

足の裏の痛みが治った方法のまとめ

足の裏の痛みが痛くなった、本当の原因は不明のままです。

しかし、思い当たることはありました。

  • 日頃の運動不足です

運動不足で急に痛くなったところの筋肉や筋を、ゆっくりとストレッチをして、ほぐしてあげると、自然と痛みは治ってきました。

 

そして、痛みが痛くなくなってくると、

妻が言ってた一言

 

『老化現象じゃない?』

 

この言葉が、心に深く刻み込まれます。

 

老化が関係あるのかわかりませんが、

フケと頭皮の臭いを予防する洗い方

の記事もついでにどうぞ。

 

最後まで読んで頂き有難うございました。

コメントをどうぞ