筋肉痛になりたい人だけ読んで下さい。さぁ、あの快感を味わろう!

筋肉痛になりたい人

ある日突然、筋肉痛になりたいマニアックな人って、意外といるんですよ。

 

  • 明日、急に筋肉痛になりたい!
  • 腹筋だけすぐに筋肉痛になりたい。
  • 太ももの筋肉痛を再び味わいたい。
  • 上腕二頭筋を『いた気持ちいい感覚』になりたい。
  • 三角筋をとにかく筋肉痛になりたい。
  • 筋肉痛になって、鍛えてる感に浸りたい。
  • 全身筋肉痛になって、仮病で休みたい。

 

みんな筋肉痛になりたい理由はさまざまですが、一見『筋肉痛は痛いからヤダー』と思っている人でさえ『ある日突然筋肉痛になりたいかも!』と思ってしまったことは、若い時にきっと1回くらいはあると思います。

 

ただ、人に言えない恥ずかしいことなのかもしれませんね。

 

まえがきはいいから、早く筋肉痛になる方法を教えてくれよぅ。

 

さて、あなたはどこを筋肉痛になりたいですか?明日すぐにでも筋肉痛になりたいのですか?

それでは、とにかく筋肉痛になりたい時に効果的だった方法から紹介していきます。

 

筋肉痛になりたいのなら95%の力を3回出しきろう!

私の体験談ですが、今まで筋肉痛になった時の経験を振り返ると、おのずと筋肉痛になれる方法がみえてきたので紹介します。

それは、

 

95%の力を精一杯出しきることを最低3回繰り返す

 

ことでした。

 

なぜ、95%なのかというと、1回目に95%の力を出して、残り5%は2回目に再び力を出しきるために温存しておくからです。

 

そして、2回目も95%の力で頑張り、3回目も95%の力を出し切ります。

 

ハッキリ言って3回目の残り5%は、その後の生活に支障が無い程度の余力くらいしか残っていません。

大げさに言うと、生命維持の為に残した力とでもいうのでしょうか。

生命維持って、それ大げさすぎない?

ちょっと大げさな拡大表現でした・・・

 

しかし、気合と根性で4回、5回と回数を繰り返すほど翌日には見事な筋肉痛になれる確率は高くなります。

 

しかし、ここまでの内容ですと、どこにどの様な力を入れれば良いのか分かりませんよね!

続いては、実際にどの様な力の出し方がオススメなのか紹介します。

 

特別な物(ダンベルなどを)用意したり、ジムなどへお金をつぎ込む必要なんて、全くありませんのでご安心ください。

 

自転車を使って太ももが筋肉痛になった体験談

まず、太ももがかなりの確率で筋肉痛になった方法です。

急な坂道を登って筋肉痛

それは、自転車で急な坂道を立ちこぎせずに、踏ん張って何度も坂の頂上まで登りきった時です。

 

★必要な条件

  • 自転車を保有していること
  • 近所に急で少し長い坂道があること

 

この二つの条件さえ整っていれば、その坂道を数回自転車で登れば、翌日は太ももの筋肉痛は間違いありません!

ただ、辛いからといって途中で諦めてしまったら、筋肉痛への道も遠ざかってしまいます。

電動アシスト自転車では効果が無いことは、言うまでもありません。

 

ポイントは、坂道を登る時に勢いを付けず、ゆっくりと座ったまま自転車をこいで行きましょう。ゆっくりと時間をかけて登っていき、息が切れて太ももがプルプルする状態になっても、諦めずに登りましょう。

 

自宅で腹筋を筋肉痛にする方法

脚あげ腹筋で筋肉痛

次は、

自宅で出来る腹筋筋肉痛プログラムです。

 

一番簡単なのは、脚あげ腹筋です。

写真のおねぇさんの様にして、出来る事なら足首のあたりに少しだけ負荷をかけると尚、効果的です。

例えば、

500mlのペットボトル1本を両足で挟みながら行うだけでも、かなり違います。

 

500mlが余裕でしたら、2Lのペットボトルで試してみると、より筋肉に大きな負荷をかけられます。

 

さらに、かかとを床に付けずに上下に動かすと、もっともっと効果的に腹筋の筋肉痛達成率が高まります。

 

もうダメ~!!

 

と思った時であなたの力はまだ60%くらいです。まだまだいけるはずです。

そこからさらに我慢をして、腹筋が熱を持ちもう限界だ!100%だ!となったあたりで、実際は95%未満でしょう。

 

大根を1本おろして目指せ!翌日の筋肉痛と快感

大根おろしで筋肉痛

これは、主に腕と胸筋、そして肩の三角筋が短時間に鍛えられて、翌朝は筋肉痛の快感を得られた方法です。

 

理想は、出来るだけ大きな大根をスーパーで1本買ってきます。

あとはその大根をひたすらおろします。

 

途中で腕がだるくなっても止めてはいけません!

 

もっ … もう限界!!

 

となってもまだ大根が半分近く残っているでしょう。頑張れば1本ノンストップでおろすことが出来るはずです。

こちらも気合と根性です!

 

個人差はありますが、

大根(大きめ)1本をおろしきるのに早い人で5分、長くても10分以内におろしきるようにしましょう。

 

大根を1本おろし終わった頃の腕は

思うように動きません。

 

このものすごいけだるさが、短時間で筋肉痛になる為のポイントです。

 

おろした大根おろしは、鍋へ移して、豚肉やお野菜を入れて『みぞれ鍋』にすると、食材も無駄なく美味しく頂けます。

 

豚肉の代わりに鶏むね肉やササミ肉をつかうと、筋肉の疲労回復に一役買ってくれそうですしね!

 

畑でくわを使って耕すと筋肉痛になれます

畑仕事で筋肉痛

もし、自宅に家庭菜園が出来る庭や畑を持っているのでしたら、くわを使って耕してみましょう。

私の実家は農家なのですが、上京してからは庭の無い都心部で生活してます。

 

その時です。

市の家庭菜園を応募したらみごとに当たり、1回(2年契約)借りたことがあります。

 

いくら農家育ちとはいえ、くわで畑を耕したのは子供の頃、親の手伝いで少しやった程度です。

 

そんなへっぴり腰の私が、畳10畳ほどの家庭菜園を借りて、鍬で畑を耕したら、翌日

上半身が、みごとに筋肉痛になりました。

 

しかし、注意しなけばならないことがあります。

それは、

きちんと手袋をすることです。

 

慣れない人がくわを使うと、ほとんどの確率で手に豆が出来てしまいます。

 

運動不足の人はすぐに筋肉痛になれるよ

ここまで、身近なことですぐに筋肉痛になれる方法を紹介してきましたが、すぐに筋肉痛になれる人と、なかなか筋肉痛になれない人がいます。

 

おぃ、畑を耕すって、農村地帯じゃないと全然身近じゃないぞ!

管理人
管理人

まぁ、そうですね。

でも自転車で坂道や足上げ腹筋、大根おろしだったら地域を選ばずに筋肉痛になれる方法だと思います。

さて、筋肉痛になりやすい人の特徴として、

  • 運動不足である

ということが分かりました。

 

実際に私も、PCを使ったデスクワークばかりだった時は、ちょっと腕立て伏せを数回やっただけでも筋肉痛になりましたからね!

 

 

同じく、職場で運動不足そうな人を少しだけ運動を誘ったら、翌日「筋肉痛になった!」と言われたりもしましたしね。

 

なかなか筋肉痛になれない人

つづいては、なかなか筋肉痛になれない人の特徴です。

なかなか筋肉痛になれない人

日々筋肉を使ってトレーニングしている人は、めったなことでは筋肉痛になれません。

また、現場で力仕事をしている人もちょっとやそっとでは筋肉痛になれなません。

 

ところが、普段とは違う筋肉を短時間に一気に使うと、筋肉痛になれたりしますよ。

例えば100mダッシュを2,3回続けてみるとかね!

筋肉痛になりたい時のまとめ

出来るだけ短時間で、理想の筋肉痛になるためには、短い時間で一気に筋肉に負荷をかけることを意識してみましょう。

 

きっと、翌朝は理想的な筋肉痛の快感を味わえると思います。

 

また、普段登山など行かない人は、慣れてる人にお願いして、1日かけて登山をしてみましょう!

翌日から数日間は、思っていた以上に身体全体の筋肉痛を体験出来ます。

 

登山以外にも、楽しくでしたら、ボルタリングなんかも全身筋肉痛になれるみたいですよ。

ただし、ボルタリングや登山の場合はお金が必要になってしまいますけれどね。

 

<<関連記事>>

コメントをどうぞ