職場であおってくるやつは相手にするな!仕事で煽られた時の対処方

職場で『すぐにあおって来る人』の対処法について記事にします。

先日職場で、新人から相談を受けました。

 

困った後輩

 

彼(A君)はまだ入社して2年目の24歳、職業によっては2年目はもう新人ではないかもしれませんが、私の勤める製造業ではまだまだ新人。という見方が強いです。

 

そんな彼(A君)からの相談にアドバイスをしたら、すごく自信を持って仕事に切れが出てきたので、もし職場の先輩や同僚からの"あおり”にイラッときた時は参考にして下さい。

 

職場であおってきた時は落ち着いて対応しよう

まず、登場人物は3人

 

  • A君  ⇒ 新人(あおられた人)
  • Bさん ⇒ A君より年上(すぐあおる人)
  • Cさん ⇒ A君、Bさんより先輩または上司

 

どの職業でも仕事に"あおり”は付き物です。

あおるからこそ、短納期・低コスト・品質向上につながるという一面もありますが、"あおり”を受けた方としては嫌なものです。

 

もし、あなたがまだ20代前半だったり、入社して間もないのでしたら、一度こう言ってみてはいかがですか?

 

Cさん(先輩や上司)の案件を今手掛けていますので、その次でいいですか?

 

この時のCさんは、あおってきたきたBさんと同年代か上司にあたる人です。私がA君から相談を受けた時は、Cさんは私でいいよ。

そう伝えました。

 

するとどうでしょう・・・

 

A君をあおっていたBさんは"あおり”をやめました。

 

この時、あまりにも勝手に先輩や上司の名前を使うのは良くありませんので、あらかじめ『手が空いた時でいいから。』といった仕事や、『お願い事』を引きうけておくことがベターですね。

 

もし、どうしてもCさんという先輩か上司の名前を使いづらかったら、

今手掛けている仕事の上司の名前を使うと、抵抗なく名前を出しやすいと思います。

 

よくあおって来る人は『仕事が遅い』と思え!

私も2回ほど転職しているのと、営業もやっていたので、複数の会社は見て来ました。見て来たと言ってもそれほど多くはありません。

 

でも、そんな中でも感じたことは、

 

すぐにあおって来る人の特徴は、仕事が遅い!

 

そう感じてます。

 

実際に周りの人を見渡してみると、きっと気がつくと思います。

  • 同じ会社でも出来る人
  • そうではない人

いろんな方がいると思います。

 

そんな中、仕事の出来る人って、

すぐにあおってきますか?

 

私はそういう上司や仕事が出来る人には合ったことが有りません。

 

仕事が出来る人は、目の前の一つのことだけを手掛けているわけではなく、いくつかの仕事を並行して進めていることが多いです。

 

ところが、すぐにあおって来る人の場合、

 

今、目の前の仕事しか見えてない!

だからすぐに自分の前工程の仕事の人をあおってくる。

 

その様な傾向があると感じてます。

 

すぐにあおって来る人に合わせる必要は無い!

そう私は感じてます。

 

A君にもそのことを伝えると、肌で感じたのでしょう。彼は仕事に対する見方が違って来たように感じます。

 

周りに振り回されることなく自信を持って『今携わっている仕事をするようになった』と私の目からは見えました。

 

※もちろん、出来る上司や先輩でも、時にはあおってくることはありますよ。ただ、仕事が出来る人のあおり方は、イラッと来ない上手なあおり方です。

 

職場で煽られる人・煽られない人

がんばる新人

同じ職場で、同じ年代の人でも

  • いつもあおられている人
  • めったにあおられない人

2種類のタイプの人がいると思います。

 

では、いつもあおられる人ってどの様なタイプの人が多いでしょうか?

  1. いつもおどおどしている。(落ち着きが無い)
  2. 自分のやっている仕事に自信を持っていない。
  3. 受け答えが遠まわしすぎて、要点を伝えられない。

 

このようなタイプの方が多くありませんか?

 

逆にめったにあおられない人ってどのようなタイプでしょうか?

  1. 自分の仕事に自信を持って仕事をしている。
  2. 一つのことをきちんと最後までやりとおす。
  3. 間違いをきちんと認められる。
  4. 要点を伝えるのが上手

 

大きく分けるとこのように分れると思います。あなたの職場ではどうですか。

 

職場で煽られない3つのテクニック

自信をもとう

いつも先輩や上司に煽られて、ストレスを溜め込む前に、煽られない人の特徴を一つづつ取り入れると、だんだん煽られないようになってきます。

 

例えば、

先輩や上司へ報告する時

  • 前振りは短く(ほとんど言わず)用件のみ、しっかりと伝える。
  • 間違えたりミスをした時は、出来るだけ早く明確に伝える。
  • 人に伝える前に、話すことを整理してから伝える

 

この3つことを意識するだけで、回りからは

  • 彼(A君)最近ちょっと自信が付いてきたのかな?
  • 風格(良い意味での個性)が出てきた。

 

きっとそのように見られるようになってきます。

うると、いつも煽ってきてたBさんのようなタイプの人は、おのずとあおりをしなくなってきます。

 

まとめ

職場で、いつも煽られる時は、

まだ認められてないと思い、見かけだけでも自信を持った行動を取るようにしましょう。

 

自信を持った行動は、いずれ本当の自信に繋がります。

 

周りからも煽られるどころか信頼される存在になれと思いますので、ちょっとくらい煽られたって、気にしないで堂々と職務をこなしていくようにしましょう。

 

はじめはちょっと難しいけれどね!

 

明日からもがんばるあなたの為にお役に立てたら幸いです。

 

<<関連記事>>

コメントをどうぞ