アメ横へマグロとカニの安売りを求めて行って来た感想です

アメ横朝7時

アメ横でマグロとカニを激安で買うぞ!!気合を入れて12月30日の朝早くアメ横へ行ってきました。

年末年始になると、必ずと言っても良いくらいに現場レポートや、ニュース番組でお馴染みですね。

今回は、東京上野駅と御徒町駅の間をつなぐ商店街『アメ横』へ行ってきた感想です。

 

果たしてマグロは美味しいのか?

 

正直な感想としては、20年前とはずいぶんとお店の雰囲気が変わっていました。特にお店の店員さんの日本人の割合がすごく少なくなっていたので、驚きです。

 

それでは、その様子をご覧下さい!

※ちなみに私は蟹とマグロ・タコを吉池で買いました。美味しかったです♪

 

年末に吉池行くなら朝8時30分のオープンを狙え!

 

日本人が少ないぞ?アメ横!

日本人が少ない!?

まだ私が子供の頃(1990年代)に何回か両親に連れられて行ったことがある、アメ横へ大人になり久しぶりに行って来たのですが、すごくグローバルになっていました。

アメ横のイメージ

訪れてるお客さんは、日本人も多いのですが、店員さんの日本人比率がすごく少なくなっていました

 

アメ横 ⇒ アメリカンな横丁?

 

いやいや、アメ横の由来は諸説ありますが、アメはあめでも、『飴』のほうのアメ説が強いみたいです。

 

戦後、闇市で当時貴重だった砂糖や飴菓子をアメリカ軍が売っていたとか?

 

まぁ、歴史についてはさておき、

今日は

激安なマグロとカニ

を求めて12月30日の朝暗いうちに家を出て、朝7時に『アメ横』へやってきました。

年末のアメ横

それにしても、お店の人の外国人比率が多いのでビックリです!

 

アメ横で蟹やマグロの値札はうそ?!

安いぞ!アメ横

アメ横では、

「で、いいよ!」「で、いいよ!」

「1000円!」「1000円!」

と言った活気あふれる声が、あっちからもこっちからも聞こえてきます。

 

どれも値札は2500円とか3500円と貼ってあるのですが、一瞬店員さんと顔を合わせると、いきなり、

 

「1000円でいいよ!」

「カニは3000円でいいよ!」
「マグロも付けちゃうよ!」

 

と、

そういう声が飛び込んできます。

アメ横の様子

だけど・・・・

なんか記憶と違う・・・・・

 

1990年代に親に連れて来てくれた時は、もっと「塩辛声」のおじさん達の落語を聞いているような記憶だったのですけど、時代のながれなのでしょうか?

 

20歳くらいの人から30代、40代くらいの若手異国の店員さんが多かったです。

 

そして、あっちもこっちも日本人じゃない人が多いです!

 

トラックでマグロやカニを運んで来た人達も、日本人は少ない!

韓国・中国・アジア系の人で日本人以外の店員さんがほとんど。と、言う感じです。

 

アメ横の朝7時はシャッター街

朝の路地

こちらは、アメ横のメイン通りに交わった商店街です。

まだほとんどのお店は閉まっています。

朝なので、当然ですね。

 

朝の7時なので、まだ人は少なく、海鮮店以外はみな閉まっています。

何となく『朝の東京』というイメージの路地裏の様子です。

 

★あわせて読みたいオススメ記事★

足の裏が痛い!そして治った方法はストレッチだった話し。
朝起きると、なんだか右足の裏が痛い。思い当たることはありません。普通に歩くのも痛く、早歩きや小走りは出来ない程の痛さです。ところが、ストレッチをしたら治ってきたかも?という方法を紹介します。

 

アメ横のマグロは美味いのか?

うまいぞ!マグロ

こちらは、朝買ってきた冷凍マグロをさっそくその日の夕方、刺身で食べる為に切った様子です。

 

見た目はきれいです!

 

味も旨い!!

 

ドリップ(血のような液体)もほとんど出ていません!

天然物ラベル?

 

天然メバチマグロ刺身用

 

気になるお値段は?

 

100g450円マグロ刺身

 

高っ!!

これがアメ横価格?

 

いやいや・・・

このすごく美味しそうなマグロの赤身ですが、このマグロの正体は

 

アメ横じゃありません。

吉池です。

 

アメ横の入り口の反対側にある『吉池』というお店です。

 

アメ横では雰囲気を味わい、食材は吉池で!

吉池で買いました!

アメ横へ朝向かう途中、ネットで検索していたところ、アメ横の商店での評判が気になったので、その中でもここはお勧めだよ!

 

とあったのが、「吉池」です。

 

せっかくだったので、アメ横の雰囲気を満喫して、センター街のビルの地下やちょっと怪しげな商店街の路地などを楽しんできました。

(鯉や鳥の脚なんか売ってました)

 

ここは日本?

と思ってしまうような、世界の食材があったり、あっちでもこっちでも、ケバブが売っていたり。

アメ横でケバブ?!

 

そして、最後に行きついたのが

ここ『吉池さん』です。

吉池さん

画像:㈱吉池

JR山手線、御徒町駅出てすぐ隣

 

お刺身準備OK!

マグロは2柵用意、タコは北海道産の酢だこを購入です。

 

酢だこもうまいぞ!

酢だこは薄く切った方が私は好きなので、さっそく切ってみました。

これは、今回買ったタコの1/3くらいです。

 

食べた感想は?

安くはないけど、うまいぞ!

北海道産の酢だこ

 

吉池で買った酢だこ

なかなかのボリュームです。

 

後のお楽しみ用マグロ

こちらも赤身ですが、上と書いてあります。

先ほどの赤みより100gあたり48円お高くなっています。中トロではないですが、

あと少しで中トロへ格上げ!

 

みたいなマグロ赤身です。

 

よし!

マグロは美味しそうなのが買えました。食べた感想も、ベリーグッドです!

 

ところで、カニは?

カニも美味しそうなものを6500円+税で買ってきたのですが、こちらはお正月に行く親戚の自宅へ届けてしまったので、写真を撮り忘れたので、そのレシートがこれです。

 

約12,500円のお買い上げ♪

吉池で

ずわい蟹   6,500円

酢だこ    877円

メバチマグロ(上 赤身)1,254円

メバチマグロ(中トロ) 2,051円

メバチマグロ(赤身)   922円

 

以上と、消費税 928円 を合計して

 

12,532円 となりました。

 

カード払いも出来ますが、今回は現金支払いでお買い上げ~♪

 

朝の9時半に下見して、10時に店に入ったら、すでに超混雑です!

下見の時に買っておけばよかった。

 

でも、大晦日とお正月が楽しみです!

 

通常は 9時30分から海鮮コーナーが開きますが、30日、31日は朝の 8時30分からオープンします!

 

海鮮コーナーは、本館裏側の1階に特別コーナーでみたいに設置されてるので、早めに行くのがオススメです!

 

マグロは、随時、追加されてました。

10時過ぎには身動き出来ないくらい混んでましたが、この混雑も年末の醍醐味です。

 

アメ横へいったらオススメは海苔

三香園商店は10時から

時計付きアメ横の看板右下のココ!

 

お茶や海苔、乾物を扱っているお店

『三香園』さんでは、海苔を買ってきました。

お店は10時に開店です。

三香園 海苔

ここは、1990年代~2000年頃に何度か行った時の記憶も鮮明に覚えています。

 

アメ横へいったら、毎回ここの海苔を買って来てたのを思い出しました。

三香園さんは、日本人ばかりで、落ち着いた感じのおじちゃん達が出迎えてくれます。

 

久しぶりに来たので、子供の時の記憶を話すと、喜んでくれました。

昔は、刻み海苔のサービスをしてくれたのですが、今回はありません。

来年は、サービスして貰えるように、海苔の感想と思い出話を用意していきます!

 

ここのキズ海苔が結構お買得なのに、美味しかったんですよね。

 

もちろん、ちゃんとした贈答用の海苔もありますが、自宅で餅を食べる、朝ご飯の時に食べる!

 

それだったら、キズありでもいいでしょう!

ってことで買ってきました。

 

10枚入り5セット

1,250円で、これだけ入っています。

 

もう一つランクをあげて、青いラベルのだと、同じく10枚入り5組で、1,750円で、海苔は千葉県産です。

 

今回はこちらの赤ラベルの熊本県産を購入です。

 

お正月の磯部餅と、炊き立てご飯に海苔が楽しみです。

 

年末にアメ横へ行った感想のまとめ

今回は、当初アメ横のあの独特で、次から次へとおまけをつけてくれる雰囲気と、行ったら毎回買っていた海苔を買ってきました。

 

マグロやカニは・・・?

アメ横入口手前、

御徒町駅すぐ隣の

『吉池』で

安くはないけど、凄く美味しいのを買えました。

うまいぞ!マグロ

是非アメ横へ行った時は『吉池』は、断然お勧めです!

 

アメ横の雰囲気と、路地やセンタービル地下、メインストリートから、1本ずれた道で、独特な雰囲気を楽しむも、よし!

 

海鮮だけなら、

『吉池』へ迷わずGO!!!

通常9時30分、年末は8時30分

保冷バックを忘れずに!

 

私がマグロを切って盛り付けしたのですが、なかなかでしょ?

かつてスシローでバイトしてた経験のおかげかも知れません。

スシローで副業バイト経験談

 

私的な情報はさておき、

 

初詣で混雑なのについ行ってしまう

香取神宮で初詣、御祈祷の列はこっち

高幡不動尊で初詣、駐車場穴場情報

も合わせてどうぞ。

 

<<関連記事>>

お雑煮を簡単に作る方法です。実家の味を再現しました。
お正月と言えばお雑煮!と言うことで、男性でも簡単に出来るお雑煮で、実家の味を再現してみました。千葉の実家はしょうゆ味のさっぱりした雑煮です。雑煮を食べたくなったら、参考にして下さい。

コメントをどうぞ