夏のボーナス少ない!!金額を公開しちゃいます。みんなはどうなのよ?

夏のボーナス微妙・・・

皆さん、夏のボーナスはもう支給されましたか?納得出来る金額でしたか?少なかったですか?

 

私が務める製造業の中小企業で、

『仕方ないか・・・』

程度の金額でした。

 

面白くもなんともない金額を公開してどう思うのかは、みんな様々な意見があると思います。

 

しかし、これから就活する人、転職活動を始めようとしている人、独立する人、それぞれ十人十色の人生がありますので、今後の考え方の参考になれたらいいかな。

そういう記事です。

 

★追記★

記事内にある給料明細は、2017年の夏のボーナスです。

2018年の支給額は、2017年+2万3千円でした。

 

中小企業の業種とボーナスチェック!その前に

おまえの務め先なんて、興味ない!!さっさと、金額みせろや~!!という方は、目次で

4.少ないけど、しかたないか

へ飛んでください。

 

まず、私の勤務先がどのような会社なのか簡単に説明させてください。

 

  • 自動車と家電関連の製造業
  • 従業員数100人ちょい
  • 主な取引先、自動車と家電メーカー

 

すごくザックリですが、こんな感じです。

 

日本国内を走っている自動車メーカーや、家電量販店でよく並んでいる電気メーカーと直接取引の割合が、約40%で、2次下請けが約50%です。

 

それ以外の10%は、その時々でいろいろです。

 

一言でいうと、

中小企業です。

 

ボーナスが支給されるのか?企業の経営状態をチェック!

リーマンショック前までは、従業員数250人を越えていて、ITバブルの波に乗ろうとしていた企業です。

 

当時のボーナスは、だいたい夏冬共に、約2ヵ月分。年間で約4か月分プラス、個人差による評価でさらにプラスもあった。

 

そういう状態でした。

 

しかし、リーマンショック後売上が激減して、自主退職制度を2度取り入れて、さらに2回のリストラも実施。

 

なんとか企業存続を保ちつつも、従業員からの不満が絶えない、7年間低迷を送り続けてきました。

 

しかし、2016年の上半期から、やっと長かったトンネルの先に明かりが見え始めてきた。そういう感じです。

 

2016年は無事に黒字経営で乗り切り、そのまま波に乗りつづけたい、2017年の年明けは、簡単ではなかった。

 

年明け早々に、売り上げ目標の約50%といった状態が2ヵ月つづいて、その取り返しに奮闘中だった会社です。

 

ボーナス受給者をチェック!

受給者である私ですが、上記で述べていることはすべて先輩達に教えてもらったことであって、私は、2013年の秋に転職してきた身です。

 

私が入社してからも、1回リストラがありましたが、私は平気でした。

転職後、ある部署へ配属になるもそこの部署全体の業績不振の為、廃部となり、まだ転職してきて1年半の私は?

 

他を探すかと思ったのですが、会社側から残留してほしい。との申し入れがありましたので、残ることに。

 

私も一応、前職、前々職では中間管理職的立場だったので、条件を突き付けて残ることにします。

 

条件と言っても、また同じ様なこと(リストラ)を行うような会社のままだったら、直ぐに身を引きます。そして、私が繋げた取引先の面倒も、もうみません。そして、直すべきところを見つけたら、意見をしますからね。

と、なんとも生意気なことを言って、今の会社で務めています。

 

しかし、仕事中はすごく真面目に熱くやってますよ!

 

こんなやつで、変な奴(私)にもう少し興味を持ってくれそうでしたら、運営者情報 を軽く見てやってください。

 

 

2017年の夏のボーナスの明細

 

少し見にくいので文字にすると

 

夏のボーナス支給額 17万8千円

天引き額 約3万1千円

 

手取り支給額 約14万7千円

(転職後 4年目)

 

といったところです。

 

個人的には、ボーナスが出ないところもあるので、もらえただけでも有難い。と思っています。

 

もし、年明けのスタートダッシュでつまづかなければ、もう1割、2割はもらえていたことなので、後半に向けて頑張りたいですね。

 

前々職で過去最高の夏のボーナス金額は、約46万円でした。

(当時29歳)

 

他の人の夏のボーナスってどれくらい?

ちなみに国家公務員のボーナスですが、管理職を除く

 

国家公務員平均 約64万円

安倍総理 約371万円

 

前々職の知人、自動車関連の労働組合関係者から聞いたところによると、大手自動車関連の1次、2次下請け中小企業で、

 

0.7~2.1ヵ月くらいだったそうです。

 

金額でいうと、その人の月給によりますから一概には言えませんが、8万円~50万円くらいの差があるようです。

 

平均すると、約21万8千円、いろいろ引かれて、手取り額が16万~17万円といったところのようです。

 

あくまでも、管理職を除く平均です。

 

2017年夏のボーナス支給のまとめ

おとなの判断

つべこべ書いてしまいましたが、これが私の知っている範囲の夏のボーナス事情です。

 

飲食チェーン店で働く店長の夏のボーナスは、グループ系列で使える商品券10万円だったと、身内を通じて聞いております。

 

どうも、テレビのニュースなどから入ってくる情報と、実際の情報は温度差がある気がして仕方がありません。

 

確実に知るためには、自ら経験することしか正確なことはわからないと実感してます。

 

だって、職場の同僚でお給料明細の見せ合いなんて、しないでしょ?

 

私も同僚へ見せたくないし、聞かれても正確なことは言いたくありません。

 

なので、こうしたネット上に、情報を発信しています。

 

<<関連記事>>

コメントをどうぞ