NC旋盤初心者の方へ向けて5つの疑問を説明します

NC旋盤初心者の方へ

これからNC旋盤の仕事を考えている方へ向けた内容です。

私も以前NC旋盤の会社へ勤めていたので、その時、新人さんへ教えてた時の内容や会社案内で説明してた時のことを具体的に紹介します。

  1. NC旋盤ってまったくの初心者でも出来ますか?
  2. 数学が苦手でもNC旋盤の仕事はできますか?
  3. NCプログラムって覚えられるか心配です。
  4. サービス業からの転職でもNC旋盤加工は出来ますか?
  5. NC旋盤の会社って将来性はありますか?

以上の5つの項目について紹介していきます。

 

結論を先にいうと、これら5つの疑問は全て問題ありません!きっと、NC旋盤について、真面目に考えているからこそ不安に思ってしまうと思います。

それでは、なぜ問題ないのかこれから紹介していきます。

 

スポンサーリンク

NC旋盤は全くの初心者でも出来ます!

NC旋盤初心者

どのような職業でも初めての時って、ドキドキしますよね。何回も転職した経験のある人でも、全くの未知のお仕事って、やっぱり不安になると思います。

 

そこで、私の回答です。

⇒ NC旋盤は全くの初心者でも出来ます。

むしろ、未経験者の方が覚えが早いこともよくありました。

 

理由は、固定概念がないのですんなりと教えてもらった事が、頭と身体に入っていくからです。

 

なぜ私がNC旋盤へ就職希望者の不安を答えているのかは、以前旋盤屋に働いていて、現在は違う製造業ですが、その中でも時々部品を作ったりしているからです。

その様子は次の記事に書いてみました。

 

では、引き続きNC旋盤初心者へむけた質問に答えていきますね!

 

NC旋盤では数学は必要ありません

普通の電卓

NC旋盤屋で働いていた時、勤め先の会社で求人広告を出すとそれを見たのでしょう。

 

求人広告をみて電話したのですが…

という感じで電話がかかってくるのですが、

 

求職者の中で一番多かった質問は、

『数学が苦手でもNC旋盤の仕事ってできますか?』

でした。

 

理由はたぶん、NCと聞くと、数値プログラムとか sin・cos・tan(サイン・コサイン・タンジェント)だったり、三角関数が必要なのでは?

と思ってしまうからだと思います。

 

実際に入社して間もない新人さんに聞いた時も、三角関数分かりません…

と、不安に思っている方も多かったです。

 

しかし、そんな難しいこと

知らなくても全く問題ありません!

 

知ってて得すること、役に立つことと言えば、中級者以上の方で、加工する製品図に不備があった時(角度や基準となる寸法漏れ)くらいです。

 

そのうえ、メーカーによっては3Dデータや2次元の図面データが支給されることもよくあるので、NC旋盤では、輪郭線さえ拾えれば(抽出できれば)計算する必要はありません。

 

えっ!?

3Dデータ? 2次元データ??

聞いた事がないと、少し不安になりますよね、そこで、旋盤屋の仕事の流れを見てみましょう!

 

NC旋盤会社の仕事の流れ

  • 客先から見積図面が、FAXかメールで送られてくる(メールの場合はPDFファイルの場合がほとんど)
  • 金額と納期を添えて見積回答する
  • 製作依頼(正式注文)が入る
  • 見積時の図面もしくは正式図面(FAXかPDFファイルがほとんど)を見ながら部品製作
  • 検査をして検査表を付ける
  • 納品

という流れです。

 

この図面支給の時に3Dデータだったりすることもごくまれにありますが、3Dデータ支給でも後からや、部分的な図面が支給されます。

そして、納品時に検査表を付けることが良くあります。

 

この時の検査表というのは、

支給された面をもとに測定した結果、問題ありませんよ

というのが一般的です。

つまり、作図をする必要はありません。

 

では、図面を見ながらどのように加工するのかという、次のようになります。

 

旋盤加工する製品の図面

図面には部品を加工する為に必要な寸法は全て記入されています。その為、こちら側で計算して数値を出す必要は、ほぼありません。

 

基本的には、

直線と曲線の組み合わせなので、その直線(斜めも含む)の起点や終点となる座標寸法は、図面を見れば必ず分かるように書かれています。

 

NC旋盤では、

直線の起点座標と終点座標、曲線の定義(起点・終点・Rの大きさ・中心点)される座標値さえわかれば、NC加工ブログラムは作ることが出来ます。

 

一般的には、図面を支給してもらい、その輪郭線が定義出来れば問題ありません。

 

定義っていうと、何だか難しそうですよね!

でも、そんなこと全然ありません。

 

基本的には、+、-、×、÷の四則計算ができる

普通の電卓を使って、計算出来れば問題ありません。

 

(例

直径 ⇒ Φ20.0 と書かれていたら、

半径 = 20÷2=10

 

この計算が旋盤での基本です。

なぜ、半径を出したのかって?旋盤加工では、半径が加工する工具の移動量になるからです。(詳細について、今回の記事では省きます)

 

よって、NC旋盤では、

数学が苦手でもNC旋盤の仕事は問題ありません!

 

★あわせて読みたいオススメ記事★

 

NC旋盤のプログラムより加工工程を考える方がものすごく大切

NC旋盤の道へ行こうという初心者の中で、特に気にするのが

「プログラムっておぼえられるか心配です。」プログラム経験が無くても出来ますか?

 

NCプログラムって、制御装置によって若干変わってきます。それに対話式NC旋盤の場合は、プログラムそのものを自分で1から打込む必要がありません。

 

NC旋盤の場合、プログラムよりも、刃物の動きをいかにイメージできるかが、とても重要です。

逆に言うと、刃物の動きさえイメージ出来てしまえば、プログラムの80%は出来たも同然です。

80%のプログラムが出来て、残り20%は加工者の経験とセンスの部分です。何も残りの20%が出来なくても、製品は作り上げることが出来てしまいます。

 

なので、NCプログラムは絶対に覚えなければならない。ということはありません。

あなたは、ごく普通の日本語が分かりますよね?それと同じで、毎日毎日繰り返し仕事をしていくことで、基本的なMコードやGコードなんかはすぐに覚えてしまいますよ!

 

NCプログラムって覚えられるか心配です。という不安に対して、

⇒ NCプログラムはってれば勝手に覚えてしまいますので、大丈夫!

 

★あわせて読みたいオススメ記事★

異業界からNC旋盤への転職は大歓迎!

飲食店バイト店員

以前勤めていたNC旋盤の会社では、飲食関係のサービス業や介護士、パチンコ店の店員さん、機械加工(マシニング)業などからの転職者がいました。

 

そこで、質問です。

この中で、1年後に一番技術を身に付けたのは、どなたか分かりますか?

  • 飲食系サービス業
  • 介護士
  • パチンコ屋の店員
  • 機械加工(マシニング)

など、様々な職歴を持っている方が入社されてました。

 

そして、この中で1年後、一番技術を身に付けたのは、

『元飲食店で働いてた方』

です。

 

『えっ!?』と思いますよね?

でも、本当です。

元飲食店の店員さんだった人が、一番早く技術を身に付けてくれました。

 

理由は、お客様への気配りに慣れていることと、薄利多売の精神が身に付いていたからです。

 

逆に機械加工(マシニング)経験者の場合は、今までの経験が邪魔してしまい、旋盤ならではのノウハウへ切り替えるまでに、かなりの時間がかかりました。

 

マシニング加工の場合

⇒ 1つ1つの違う製品加工

 

NC旋盤加工の場合

⇒ 同じ物の量産加工

 

※マシニングからNC旋盤へ転職する時に気を付けたいこと。

の記事をご覧ください。(現在執筆中です)

 

今までの実績と経験、プライドが邪魔してしまったのですね。このことは、私だけでなく、NC旋盤で働いている人の多くが感じていることです。

 

また、次のように考えている方も多くいます。

飲食経験者からの転職希望者は、積極的に採用しろ!

です。

理由は、化けるのが早いからです。

 

NC旋盤で作り出される製品は、1つ1つの売り上げ金額は非常に少ないです。1個辺り1円にも満たないことも普通にあります。

しかし、そこは数(数量:10万個、50万個)で勝負します。

 

飲食店も同じですよね。

500円ランチでは、1食あたりどんなに頑張っても500円以上の利益を上げることは不可能です。原材料や人件費、テナント代を引くと1食500円ランチで利益は一体どれくらい残るのでしょうか?

 

また飲食店の場合、たった1人でも食中毒を出してしまったら、大変です。それと同じように、NC旋盤部品でもたった1つ間違った寸法の物が納品されて、その部品が誰かの車に組み込まれてしまったら、一大事です!

 

このようなことが、飲食店とNC旋盤業は共通しているところがあります。

 

私もかつて飲食店(スシローバイト)を経験してますので、飲食と旋盤業の共通点は身をもって感じてます。

 

<<関連記事>>

 

NC旋盤の将来性は頑張り次第で未来有望

NC旋盤って、けっこう地味で町工場のイメージが多いです。実際に町工場というところも多く存在します。

ところが、会社によっては工場を新しく立て直しを機会に規模を大きくしたり、従業員数を増やしたりしてます。

 

そこで、NC旋盤の将来性について、5つの視線から見てみましょう。

技術者から見た場合

他の工業系技術より比較的短期間(早い人で約1年)で技術が身に付けられるので、何か1つ技術を身に付けたい方へオススメです。

1つ技術を持っていると、他の製造業へ行っても自信に繋がったり頼りにされることは良くあります。

 

営業目線で見た場合

NC旋盤って、横の繋がりが多い業界なので、関連企業への転職が狙いやすいです。

 

<<関連記事>>

 

経営的視線で見た場合

ITベンチャーや個人企業主以外で、いつか独立したい!という願望がある方の場合、NC旋盤の会社って、わりと小さな会社が多いです。

なので、「上の者が何を考えているのかわかならい」ということが少ないです。

 

なので、旋盤の仕事を覚えながら、材料発注・外注手配・納品・営業方法など会社としての全体像を学ぶことが出来ます。

 

旋盤から異業種への転職を考えた場合

初めから旋盤屋の次の転職の為に今はNC旋盤で働く!という方は、めったにいないと思いますが、ある程度会社と業務内容になれてくると、けっこう体力勝負ってところもあるはずです。

一生懸命、NC旋盤の仕事をしていると勝手に体力・筋力はついてきます。

特に腕力はけっこう付きます。

 

なので、旋盤屋で鍛えられた体力を活かして、肉体系の職業へ転職する人も実際にいました。ある程度仕事が慣れてくると、旋盤の仕事ってきつく感じることが多々あります。

そんな時は、この記事↓

NC旋盤の仕事が辛いと感じたら読んで下さい
NC旋盤の道へ進みました。でも、辞めたい!そう思ったら、辞表を書く前に読んで下さい。私はNC旋盤経験が4年あります。NC旋盤業で得たものはたくさんあり、現在でもその経験が大変役立っています。

をご覧ください。きっと今の辛さは将来の為になると思いますので。

スポンサーリンク

NC旋盤加工初心者へ向けたまとめ

NC旋盤の世界って、深く考えるとものすごく深いですが、始めはあまり深く考えなくても、ある程度認められる技術が短期間(1~3年)で身に付けられます。

 

実際のところ1年間、上司や先輩に言われた(指示された)ことだけをやってても、NC旋盤の未経験者からみると、『すごい技術!』と思われるくらいのことは身につきます。

 

「3D-CAD」とか「CAM」とか「プログラム」とかの言葉に惑わされて、悩んでしまうよりは一度、気になる旋盤会社へ行って、仕事の様子を見させて頂くことが何よりもよい判断材料になると思います。

 

現場見学をさせて頂き、凄い!

と感じたところが1つでもあったら、きっとその会社であなたはやっていけると思いますよ。

 

今回の記事が「NC旋盤のお仕事を真剣に考えている方」のお役に立てれば幸いです。

 

★あわせて読みたいオススメ記事★

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました