NC旋盤の向き不向きについて答えます!

私は元NC旋盤工です。この記事では、nc旋盤の会社へ就職しようか迷っている方へ向けて書かせて頂きます。

 

NC旋盤の向き不向き

 

私はNC旋盤の会社で中間管理職となり、就職希望者の一時面接や、入社後の新人研修を任されてた時期もあります。

 

ただらこそ、あなたの大切な人生の分かれ道として、判断材料の一つになれますように書かせて頂きます。

 

本当にNC旋盤という職業に興味のある方だけ読み続けて下さい。

 

NC旋盤に向いている人

まずは、『NC旋盤の職業に向いている人』ってどんな人?

一番気になると思います。

 

私が今まで見てきた中では、

器用な人が向いています。

 

理由は、NC旋盤の会社ってほとんどの場合、1人で複数の機械と製品の状態を確認しなければなりません。

 

例えば、

機械1号機、2号機、3号機…30号機

 

という感じで、会社の規模にもよりますが、同じような機械が工場内を埋め尽くしていて、それらが常に動いています。

 

これらの機械から出る切子(削りカス)を取り除いたり、次から次へと自動で作り出されてくる製品の寸法チェックをしなければなりません。

 

ただ、これらの作業はNC旋盤の現場仕事では、誰もがやっていることです。

さらに一歩踏み出して、より多くの仕事を覚える(お給料UPや昇進の)為には、『機械段取り』という技術を身に付けなければなりません。

 

NC旋盤での機械段取りについては、別記します。

 

なにはともあれ、やっぱり『器用な人』は、早く仕事も覚えてこなし、次の一歩、二歩と技術を身に付けていく傾向が強いですね!

 

なんか大変そう…

 

ちょっと待って!!

 

これだけ聞くと、きっとほとんどの方はやる気をなくしてしまうかもしれませんが、どうしても初めにNC旋盤の大変さを知ってもらったうえで、それでもやってみたい!

 

そう思ってもらいたいので、

少し厳しく書かせて頂きました。

 

では、もう少し具体的に『どのように器用な人』が向いているのかを紹介します。

 

NC旋盤業界で向いている器用な人とは?

きっとあなたは、上記で述べたような厳しい現状を読んだうえでも、引き続き読んでくれてるので、やっぱりNC旋盤のことが気になっているんですよね?

 

では、実際にどのような人がNC旋盤に向いているのか?というと、

  • 飲食店でバイト経験(数ヶ月以上)がある人

です。

 

飲食店で少なくても1ヶ月以上バイトを経験したことのある人は、まぎれもなく向いています。

食品機械加工製品

全く違いますよね!

 

でも、忙しい飲食店での経験がある方で、畑違いの製造業で働きたい!NC旋盤の仕事をやってみたい!!

 

そう思っているのでしたら、絶対に向いています。

だって、あの忙しい飲食店でお仕事を続けられていたのですから、それはもう自信をもって大丈夫です!

 

飲食店で働ける器用さがあれば、NC旋盤のお仕事も大丈夫!

複数の機械=たくさんのお客様

というようなイメージです。

 

私自身も、学生時代やNC旋盤加工会社へ転職する前に、飲食店勤務(バイト)の経験がありますが、NC旋盤の会社へ入ってからその時の経験がすごく活きてきましたからね!

 

だからこそ、

飲食店の経験者は向いている

と断言したいのです。

 

それでは、

飲食店勤務経験がありません

 

だから向てませんね。。。

イヤイヤ、

そんなことはありませんよ!

 

飲食店勤務経験が無いけど、次のような人はNC旋盤に向いてます。

 

つづいては、NC旋盤に向いている人の考え方について紹介します。

 

NC旋盤で向いている人の考え方

突然ですが、あなたは負けず嫌いですか?

もし、あなたが

『負けず嫌い』

だったとしたら、大丈夫!

 

今までたった15名ですが、新人でNC旋盤業界の門をたたいて来た人達に、基礎を教えてきました(新人教育)

 

そのなかで初めの研修中に辞めていった人は、8名。

 

のこりの7名は、日々失敗をして先輩に注意され、それでもめげずに教えてもらった事を淡々と繰り返していく。

 

そして、着実に技術や効率よく仕事をこなしていく方法を身に付けていきました。

 

早い人で3ヶ月も経たずに、次なる一歩の『機械段取り』を教えてもらう人も出てきました。

 

結果的に、この7名の共通する考え方は、

『負けず嫌い』

な人がほとんどでした。

 

<<おすすめ記事>>

nc旋盤って難しいのは始めだけ!少し分かると楽しくなります
NC旋盤って、地味で難しい?それとも簡単じ?NC旋盤加工を行う、若きエンジニアへ伝えたい内容です!難しく感じるポイントと簡単かも!と思うキッカケ、楽しくなるポイントを記事にしました。

 

NC旋盤で向いてない人の考え方

逆にすぐに辞めていってしまった8名は、『負けず嫌い』とかそういうのに関心の無い人。

 

働いたらその分お給料が欲しい。

働く=会社滞在時間

という考えの人が強かったです。

 

極端な言い方をすると、

  • 仕事を早く覚えようという行動がほとんど見られない
  • 仕事中30分もトイレへこもって出てこない(連日)
  • 入社して1週間たっても、作業スピードや効率の進歩がほぼ無い

 

さらに言うと、休憩時間や退社時間には敏感で、10分前には作業を止めて手洗いと帰り(休憩)支度をしてしまう。

 

このような人が辞めていく人に多かったです。

 

※面接の時はそのような素振りは出さずに、頑張りたい!と言っていたんですけれどね。

 

NC旋盤に不向きな人

つづいては、NC旋盤の仕事に不向きな人について紹介していきます。

 

NC旋盤に不向きな人、トップ5

  1. ものづくりに興味の無い人
  2. デスクワーク希望者(Yシャツネクタイで働きたい人)
  3. 汚れるのが嫌いな人
  4. 考えるのが嫌いな人(言われたことだけやっていたい人)
  5. 給料だけで職業を選ぶ人

 

まず、この記事をここまで読んでくれてるあなたでしたら、不向きと言うことはありません。不向きな人がここまで読むはずがありませんからね(‘ω’)ノ

 

そして、NC旋盤の会社は、やはり汚れます。

たとえ営業職希望だったとしても、現場のノウハウを知ってないと、NC旋盤のような薄利多売の営業は難しいです。卓上だけの知識では、営業は務まりません。

 

現場のノウハウを覚える為には、やはり現場に入るしかありません。

 

また、考えることが嫌いな人は、NC旋盤業では大きな怪我にも繋がりますので、辞めた方がいいですね。

 

そして、お給料だけで職業を選ぶ人、NC旋盤業って一般的にはお給料は高くはありません。ですが、中には高級スポーツカーを乗っていたり、毎年家族で海外旅行へ行ってる人もいます。

 

<<関連記事>>

NC旋盤がきつい!転職でその技術活かしませんか?オススメの業種
NC旋盤がきつい!難しい… 入社して1~2年が経過して、もうNC旋盤の初心者では無いけれど、どうやら自分には向いてないかも。そう思うのでしたら次の転職先であなたの技術を活かせる業種・職業を紹介します。

 

ただ、20代~30代の若めの人が現場で働いている人が多いので、求人サイトでも若めの人達のことばかり取り上げている傾向があります。

 

その為、実際よりもお給料平均額は少なく表示されているように私は感じてます。

 

NC旋盤の向き不向きが分からない時は?

もし、あなたがNC旋盤の道へ入ってみようかな?

やっぱり辞めようかな?

 

迷っているのでしたら、地元や地域の商工会や市のイベント、地元銀行主催の中小企業展示会などへ足を運んでみることをオススメします。

 

地元のイベントでしたら、○○市民祭とかそういうもの。

きっと出店とか、工業製品の紹介などで出ていることがありますので、その時に声をかけてみると、親切に教えてくれますよ。

 

また、市役所や市民会館の一角で、『地元企業紹介』といったコーナーを設けている市町村もけっこう多いですよ。

 

ハローワークや就職サイトなどの情報収集だけにこだわらず、幅広いアンテナを張っていると、NC旋盤の会社って?

 

どのような人が向いてるの?

というのが見えてきます。

 

あとは、興味を持ったのでしたら、やっぱり直接企業へ連絡してみることですね!

 

<<関連記事>>

NC旋盤へ転職の不安?!元旋盤工の気持ちを全て話します!
NC旋盤加工へ転職を考えている人へ、元NC旋盤の会社で働いてた経験を全て話します。本気で転職を考えている人は、是非読んで下さい!

まとめ

NC旋盤のお仕事に限らず、職業には向き不向きはあって当然です。

 

ただ、NC旋盤の場合は

  • ものづくりをしたい人
  • コツコツと頑張れる人
  • 負けず嫌いな人

 

この3つを持っていれば、きっと向いていると私は思います。

 

今回の内容が職業選択の参考に慣れましたら幸いです。

 

★あわせて読みたいオススメ記事★

NC旋盤って難しいけど技術を身に付けてよかった!と感じた瞬間
旋盤加工って地味!NC旋盤だと重い材料を載せたり体力勝負ってところもあります。 私は元NC旋盤加工者ですが、『旋盤技術を身に付けてて良かった!』と感じたことがあったので書いてみました。
NC旋盤へ転職する前に読んでみませんか?
NC旋盤の会社へ転職する前に、元旋盤工としての経験と旋盤業界の様子を記事にしました。転職を考えているのでしたら、参考にして下さい。お給料や会社の見つけ方など書いてみました。

コメントをどうぞ