妻を驚かせたクリスマスプレゼント

怖~いハロウィンのような本当にあったお話しです。まさかそんな渡し方ある?というなんとも驚きのクリスマスプレゼントを貰った、亭主関白な家の奥様のお話しです。

 

うちは亭主関白だ!と思っている旦那さんに、奥様の気持ちを分かってもらいたいです。サスペンスドラマみたいな結末ではありませんが、驚きのプレゼント内容です。

 

結婚して自由が少なくなったかわいそうな新妻

自由が欲しい!

お付き合いしてた時はそれほど感じなかったのですが、結婚して料理を作るようになり、自分の自由が少なくなってきていることに気が付きます。

 

結婚して、妻になったらお家の家具や調理道具って、自分好みで揃えたくなりませんか?それがほとんどできなくて、ちょっぴり残念です。

 

夫が独り暮らしをしていたので、だいたいの家具や調理道具はそろっています。その為、足りないものや壊れたものを買い足していく程度。

 

まぁ、今はお金もないので仕方ないですが、もっとワクワクしていた新婚生活のはずだったのに・・・ちょっぴり残念です。

 

夫は、「使えれば十分でしょ」タイプの人とわかってたのですが、結婚してその意見が強くなってきます。

 

私は親元離れて、もっと自由な自分たちの新婚生活のはずだったのに!

と、ちょっぴり物足りなく、ぱっとしない新婚生活を送っています。

 

自由にならないお財布


可愛いカバンとか欲しいな・・・

うちでは結婚してから「我が家の何となくのルール」というのができました。

そのルールというのは、買い物をする時は一度相談する。ということです。でも、それは私が買う時だけでなく、夫が買う時もちゃんと私に相談してくれます。

 

例えばお化粧品だったとしても「買ってもいい?」と一度相談します。

それで、ダメ!となったことはほとんどないのですが、何も聞かずに勝手に好きなものを買うと、あまりいい顔をしません。

 

もちろん、全ての物ってわけではないのですが、一緒に使うものや1回限りではないものは、だいたい一度聞きます。

 

持ち物をシェアしたいのか、お互いの動向を把握したいのか、家計的な問題なのか分かりませんが、とにかく一度相談する。というのが我が家の何となくルールです。

 

我が家のルールを破りたくなった

ルールはもう嫌

今まで特に相談しないで勝手に買ってしまったことも、もちろんあります。

でも、せっかく決めたルールなので、言わないとなんか悪いような気がしてしまったり、なんか物足りなくも感じます。

 

そして、結婚2年目の冬、いつものように「キッチン道具(調理道具)買っていい?」と夫に聞きました。この「買っていい?」は99%「買うね」という意味合いで、当然OKの返事が返ってくると思っていたのですが、「ダメ!」との返答です。

 

不意を突かれて驚いたのと、仕方ない、新年になってから買い替えるかという思いもよぎり「わかった」と答えてしまいました。

この時ばかりは、結構ショックでした。

 

家族になること家族でいること

あの時の「ダメ!」が結構きつかったのですね。

 

その後だんだんと生活苦について考えてしまい、もやもやしてきて、もう好きにしたい。「離婚したい」と言う言葉が頭の中をよぎる様になってきます。

 

そんな年のクリスマスです。

「じゃーん」と夫がクリスマスプレゼントをくれました。

 

それは新しい包丁です。

猫ちゃん

かっ・・かわいい♪♪

しかも、これ子供用だよ。。。。。

 

夫は、これをプレゼントしてくれるために「ダメ」と言ったのだそうです。

 

「何が欲しい?と聞いても、いつも言わないから、買いたいと言った物をプレゼントしようと思った」のだそうです。

 

あれほど落ち込んで、離婚のことまで考えてた自分が恥ずかしくてたまりません!

「もう、バカバカバカ!!!」と自分に反省です。

 

そして、この包丁を使うのが勿体なくて、しばらく置いてましたが、今ではしっかり活躍中です。家族のための料理をいつも助けてくれています。

 

やっぱり我が家のルールは作って正解でした。

 

妻へクリスマスプレゼント

今年は、あなたの大切な奥様へ

サプライズ的なプレゼントは如何でしょうか?

 

普段と少し違う行動の後にとっておきの一品をプレゼントしてあげると、きっと喜びも倍増してくれると思います。

 

女性のハートを掴む可愛いプレゼント

ちなみにうちでは、掃除機をコッソリサプライズ様に隠してありますよ。

サプライズ掃除機の記事もよかったらどうぞ。

 

関連記事として

クリスマスプレゼントの選び方 でまとめてみました。

プレゼント選びに悩んだ時は、参考にどうぞ。

 

最後まで読んで頂き有難うございました

コメントをどうぞ