新人営業マンの教育方法を紹介!出来る部下を育てるのはあなた次第

落ちこぼれの新人君を『ちょっとした一言で会社の顔となるように育てた』中間管理職のお話しです。優秀な部下へ育てることは、あなたへの評価へも繋がります。

新人と上司

新人教育方法の一つとして、参考にどうぞ。

 

何をやってもダメな新人営業マンの苦痛

青木君(仮名)は営業職へ入社して3年目です。もう新人ではありません。どこの職場でも一人くらいいる、落ちこぼれの営業マンというのでしょうか。

学歴だけで入社してきた、頭デッカチでまるで教科書君の様な新人です。

 

彼が、外回りから帰ってくると、必ずと言っていいほど表情は曇っています。
そして、お客様からも「彼、誰だっけ?今日うちへ来た営業の人、担当変えてもらえない?」そんなクレームの電話を頂くことも、時々あります。そんな青木君は営業職が苦痛でたまりませんでした。

 

「もうダメだ…転職しよう!」そう思っていた時です。社内でも1,2位を争う営業成績トップクラスの先輩が、彼(青木君)に声をかけます。

 

「いいか、お客様のところでは、絶対に商品説明をするな!ただ相手と雑談だけをしてこい!」

 

そう伝えます。

 

青木君にとっては、これはもう

「仕事をするな!」

と言われているものだと受け止めます。

 

フッ切れてしまった見習い営業マン

それらか数日間は、辞める気満々なので、外回りをしても仕事の話し『自社製品の商品説明』はしません。

 

むしろ、釣りや趣味でサイクリングへ行った話し、そして、お客様の愚痴を聞いたりと、仕事をしているのか、時間つぶしに会社へきているのか区別がつかないような状態です。

 

仕事に対してフッ切れてしまった青木君、本人はもう会社を辞める気満々です。

だって、先輩には

 

「仕事の話はするな!」

 

と釘を刺されたと思い込んでいたからです。

そんな状態で2週間が経った時です。

 

ついに辞令の時がやってきた!どうする?

会社へ着くと、一本の内線が入ります。

 

受話器の向こうは、太い声で電話越しでも存在感を感じさせる『あの声』です。

その相手は社長です。

 

社長から、今すぐ社長室へ来るように!

と、呼び出しをくらいました。

 

「ついに来た…これでもうこの会社とはおさらばだ。」

 

そういう思い、社長室へ入ると、いきなり社長に言われます。

 

「おまえ、客先で何話してたんだ?」
「次はおたくの商品を持ってきて、また楽しい話を聞かせてくれ」

 

と、連絡があったぞ。

 

青木君は

「えっ…」返す言葉が見つかりません。

 

新人営業マンの教育方法

先輩のおごり

社長室から出て来ると、外では2週間前に厳しいことを告げてきた先輩が待っていました。

 

「青木!お前もやっと営業ってものを分かってきたようだな。これからはお前も俺のライバルだ!」

 

そう言ってコーヒーを渡し、先輩は外回りへ行ってしまいました。

もう何が何だか分かりません。

ただ、唯一分かったことは、

【先輩は私のことを見捨てたわけじゃなかった】

ということです。

 

そう、これが一見厳しいやり方ではありましたが、先輩の教育方法でした。

 

まとめ

あれから半年後、

青木君は先輩から頂いた

『あたたかいアドバイスのお陰で』

営業とは何なのか、やっと理解できるようになってきました。

 

青木君にとって営業とは

 

「相手が喜ぶことをしなさい」

ということだったということです。

 

今では先輩と営業成績を争うまでとなり、良き先輩と良き会社に入れて良かったと、心より感謝してます。

 

彼、青木君もきっと手のかかる後輩ができたら、同じ教育方法をやってみよう。

そう思っていたかどうかは、彼の頭の中でしか分かりません。

 

<<関連記事>>

コメントをどうぞ