電車遅延で遅刻したら怒られた3つの体験談、あなたはどうする?

電車遅延の体験談

電車通勤をしていると、電車の遅延だ!

遅刻だぁ~・・・

 

その様な経験、

1度や2度くらいあるのではないでしょうか。

 

電車が遅れる原因として、

  • 人身事故
  • 混雑で扉に荷物が挟まり発車が遅れる
  • 救急対応
  • ポイント異常による点検
  • パンタグラフにビニールが引っ掛かった
  • 非常停止ボタンの作動
  • 鉄道区間の火災や停電
  • 踏切事故

など、ほかにもたくさんの要因が考えられます。

 

そこで、今回は理由はどうであれ、

『電車遅延で遅刻してしまったら怒られた』

というエピソードを3つ紹介します。

 

もし、あなただったらどう対応しますか?

いつ起こるかわからない『電車遅延』に対して、心構えも必要と感じましたので記事にします。

 

まさに今、遅延してるんですけど!

という場面に遭遇してしまってる人は、参考になるかな?

 

電車が遅延して遅刻したら上司に怒られた(女性)

遅延で怒られて理不尽に思うOL

普段から

遅刻をしないように心がけていた

OLさんの不本意な気持ち。

 

私はいつも就業規則の一時間前には自席にいるようにしていたのですが、その日はたまたま寝坊をしてしまい普段より45分遅く家を出ることになってしまいました。

 

いつもだったら、それでも間に合う時間です。

ところが、運が悪く踏切事故発生です。

 

踏切で立ち往生した車と列車が衝突してしまい、遅延が発生していました。

 

普段と同じ時間に出ていたら、おそらく踏切事故に巻き込まれていなかったかもしれません。

 

ところが、こればっかりはいつ起こるかわかりません。

 

仕方のない事ですが、いつもは余裕を持って家を出てきているのに、たまたま寝坊したこの日に限って、踏切事故発生です。

 

運が悪い時って続くんですね。

なんて考えながらタクシーに乗り会社に向かいます。

 

5分遅れて出社したら上司に怒られた

運が悪い日は重なりますね。

この日はたまたま上司の機嫌が悪い日でした。

 

そして、遅延の影響のおかげもあって、駅周辺の道路も普段より混雑してると、タクシーの運転手さんは言ってます。

 

いつもだったら、もうとっくに出社してる時間なのに…

心の中で、寝坊してしまった自分に反省しながら、気持ちを切り替えることにします。

 

タクシーのベテラン運転手さんのおかげで、

私は始業時間の5分遅れで到着です。

 

慌てて自分の席へ行くと…

 

入社して早々に遅刻するなんて、気がたるみ過ぎてるぞ!

と、罵声をあげている上司が腕を組んで睨みつけてきます。

 

その後も30分ほど、会議が始まるまでの間、

なぜ遅刻をしたのかと問い詰められます。

 

私は素直に

  • いつもより45分家を出るのが遅くなってしまったこと
  • 原因は私の寝坊であること
  • 電車が遅延した事

を伝えます。

 

それから…

少し、いい訳になってしまいますが、

普段は遅延を想定して早めの行動をしていたことも伝えました。

 

ところが、いつも時間ギリギリにくる上司は私が普段、一時間前には自席にいて作業をしていることなど知りません。

社会人として、少しの遅刻も許されるわけではありませんが、もう少し優しい怒られ方をしてくれたらよかったのにな。

 

この日を境に、もともと好きではない上司でしたが、

今では嫌いな上司になってしまいました。

 

管理人
管理人

若い女性を部下に持つ男性上司の方、怒り方一つであなたの魅力はUPするかもしれませんね。

 

 

現地集合の待ち合わせが遅延でギリギリに到着、上司の反応は?

上司の教訓

つづいては、今となっては良き経験として肝に命じている、男性営業マンのエピソードです。

 

社会人になりたての頃、当時は新人営業マンだった時の経験です。

自宅から直接取引会社へ集合して、現地で上司と待ち合わせをしたことがありました。

 

私の勤める会社の始業時間は8時半です。

その日はお客様先での打合せです。

 

打ち合わせ開始時間が9時半だったので、上司からも開始時間以外は特に時間を指定されていませんでした。

 

何も考えていなかった私は、

 

9時くらいに最寄駅に着けばいっか。駅からあるいて5分程度だし。

 

くらいにしか考えていませんでした。

 

予期せぬ事態発生!大規模遅延

ところが、その日は大規模な電車遅延が発生してしまい、自分の予定していた時刻には到着できません。

 

とりあえず、上司に遅れる可能性があることをメールすると

「承知しました」

とだけ返信が来たので、打合せ時間に間に合えば別に問題ないのだろう。

と考えていました。

 

結局、電車遅延の影響で乗換え輸送を駆使して、

打合せ開始時間のギリギリに到着

することになってしまいました。

 

私の感覚では、打合せ開始時間に間に合ってるのだから「遅刻」したつもりはありませんでした。

なので、特に急ぐ様子も見せず、普段通りに待ち合わせ場所へ向かいます。

 

始業時間に拘る頑固な上司

ところが、到着するなり上司から

出社場所に関係なく、会社の始業時間に合わせてくるのが普通だろ!給料が発生しているのだから、社会人としてそれは当たり前のことだと思え!

と怒られてしまいました。

 

怒られた私は

「集合時刻を言われていないし、遅刻もしていないのに理不尽だ…」

 

と、当時はヘソをまげてました。

 

あれから10年が経ち、現在は私にも少人数ですが部下を抱えています。

 

そして、現地集合の打ち合わせも時々あります。

当時のことを今考えると、社会人として常識的に考えればわかることだったので、少し恥ずかしい体験だったと思います。

 

また、当時アバウトな自分の教訓をいかして、

現在では、部下と現地待ち集合の時は、

 

社会人として、打合せ時間のゆとりが持てる時間に到着するように。

と、部下へ伝えるようにしています。

 

ちなみに、かつて上司に怒られた

始業時間のことについて、私は厳しく言いません。

 

理由は、現地集合の場合だと、お昼休みや定時時間も訪問先に合わせる必要があるからです。

 

管理人
管理人

私も過去に4年ほど営業経験がありますが、営業と内勤では時間の区切り方のギャップ、結構感じてました。

それを加味しての営業手当でしたからね。

 

電車の遅延とメンタル

ラインで働く新人社会人

学生時代、電車遅延の影響で、先生に怒られたことが有ります。

 

それは電車に乗れない程の人がたくさんいた時の事です。

自分が駅へ着いた時は、電車は動いていたのですが、人身事故の影響でダイヤは大きく乱れていました。

 

やっと動き出したばかりの電車って、とっても混んでますよね!押してもぎゅうぎゅう詰めで乗れなく、駅員さんに引き戻されたことがあります。

 

結局、その電車には乗れず1本後の電車に乗って学校へ行ったのですが、結局のところ遅刻してしまいました。

 

先生に遅刻した理由を話しすと、

無理やり電車に乗れ!

と怒られましたが、ぎゅうぎゅう詰めでとても乗れる状態ではなかったので、当時はとても理不尽に感じました。

 

 

遅延証明とメンタル

避けられない事態ってたまにありますよね。

電車遅延の場合、遅延証明があれば遅れた理由になりますので、ゆっくり行けると考える人もいます。

 

でも、シフト勤務の職場で交代制の場合、交代する予定の相手が遅刻してくるとそれまでの間、前の人が仕事を続けることになることはよくあります。

 

私は、相手に迷惑をかけたくない!

 

と思って、電車遅延で遅れた時は、少しでも早く到着するように急いでいきますが、人によっては

 

遅延証明があるから

という理由で、ゆっくりと来る人もいます。

 

考え方が分かれるというか、メンタルの違いでしょうか?

 

突然の電車遅延対策

社会人となった今では、時間に余裕を持って通勤するようになり、多少時間が遅れても遅刻することはなくなりました。

 

また、いつも使っている路線が

仮に『遅延で動く見通しが無い時の移動手段』もきちんと調べています。

 

また毎日の習慣として、少し早めに出るようにすると、突然の電車遅延でも対応することができますので、遅延に悩むことは少なくなりました。

 

遅延遅延で怒られた体験談のまとめ

今回は、電車遅延の時に怒られてしまった

  • 若手OLさん
  • 男性営業マン
  • 新人社会人

3名の体験談を紹介してきました。

 

3名とも共通していることは、ギリギリの行動をとらずに、時間にゆとりを持った行動をしていることを教えてくれてます。

 

ちなみにですが、ブログの管理人(私)も電車通勤をしてます。

私の場合、電車の遅延や運休で大きく遅れてしまいそうな時は、車で通勤することにしてます。

 

電車でも車でも、どちらでも通勤できる職場に勤めているのは、恵まれているのかもしれませんね。

 

普段あまり電車以外の公共機関を利用しないので、振替輸送とか他の交通機関を駆使していくのは、とっても苦手です。

 

備えあれば患いなし!

という、ことわざもあるくらいなので、遅延が起きて来た時の別の交通手段は確認しておいた方がよさそうですよ。

 

コメントをどうぞ