情報操作?東京オリンピックのボランティアに対する意見ってホント?

東京オリンピックのボランティアについて、あなたはどう思いますか?

東京オリンピック

賛成、反対!

と言うことではなくて、テレビで放送されているインタビューについて、信じられますか?

 

私は少し疑問が残ります。

いや、これって『情報操作入ってない?』と思うくらいに疑問に感じました。

 

その理由と実際の意見について、独自アンケートを取ってみましたので、その内容を記事にします。

 

情報操作?と思った理由

それはというのは、以前某ビジネス系のテレビ番組で、心を動かされる放送をみた時です。

 

その時に放送された会社では、定期的にビジネスセミナーを開催しているとの事です。番組最後には実際にその会社のセミナーに興味あるたは、こちらから~

 

って感じで、URLが書いてありました。

まぁ、よく『あるある』的なことですよね。

 

自宅からそれほど遠くない場所だったので、行ってみよう!

と思い、記載されてたURLへ連絡をしてみます。

 

その後、実際にそのビジネスセミナーへ行ってきました。

 

ところが、どうもテレビで放送された時と、実際に会って話しを聞いたり、現場を見せてもらった時に温度差を感じてしまったのです。

 

どれくらい違うかと言うと、まるで3分ちょうど経ったカップラーメンを食べようとした時、久しぶりに実家の母から電話。

 

元気かい?

元気だよ。そっちはどうなの?

・・・・・・・・・

・・・

 

親の口調から、どうやら先日送った敬老の日のプレゼントを大変喜んでくれた様子です。

 

久しぶりだったので、カップラーメンの事など忘れて、話を続けてました。

 

そして、電話を切り、目の前の現状に戻ります。

 

すると・・・

カップラーメンの様子は、

あなたが想像しているような状態です。

 

3分ちょうどで食べるカップラーメンと、伸びきってしまったラーメンを食べるくらいに温度差を感じてしまいました。

 

そんな事があったので、東京五輪ボランティアに対するインタビュー放送を見てて、

『ホントに?』

と思ってしまったのです。

 

番組に都合の良いように、編集してないですか??

いいとこ撮り???

 

何らかの手が入っているような気がしてなりません。

 

どこかの誰かが(番組スポンサー?政治家?)に有利になるようになっていたら、それこそ

『情報操作』になってしまうような気がしましたので、独自アンケート結果を記事にして行きたいと思います。

 

ディスるのが目的ではありません!

 

純粋に、真実が知りたく、そのことをシェアしたい。という気持ちで記事にして行きます。

 

真実を知る為に取ったアンケート方法

私が時々ブログの記事ネタとして、アンケートを取るのは決まって、クラウドソーシング系のアンケート調査です。

 

クラウドソーシング系なので、バソコンやスマホが出きる人限定になってしまいますが、登録制のサービスなので、ある程度信頼をしています。

 

そこで、今回は14名と少人数ではありますが独自調査をしてみました。

 

それでは、その14名の意見をシェアしていきます。

 

みんなテレビではほとんど放送されてないような、素直な回答をしてくれました。

 

この生の意見が、東京オリンピックのボランティア募集について、考え直してみる『キッカケ』となれましたら幸いです。

 

以下のアンケート集計結果では、出来る限りそのままの文面で記載しています。そのなかで、印象的だったところは、私の独断で強調してます。

 

では、いきます。

 

ボランティアなのに強制参加を促してる気がする

25歳、女性 事務職 の意見です。

 

東京オリンピックでのボランティア自体は、私はとても素晴らしいことだと思います。

 

日本で行われ、全国から沢山の人が訪れることが予想されるこの日に、沢山の人の力を借りて運営する為には、やはり予算等の面でもボランティアの方々の助けが必要不可欠になってくることだと思います。

 

また、外国からきた人がオリンピックでのスタッフの様子を見て、高い報酬をもらって動いている人達というよりも、ボランティアで奉仕の心を持って活動しているというほうが美しく見える、という意見も聞きました。

 

確かにそういう意見もあると思います。

 

しかし、ひとつ思うことはそうしたことは

 

自ら進んでやりたいと思う人がやるものであって、強制的に参加をさせるものではないと思います。

 

実際に内部がどうなっているかはわかりませんが、外側からの美しさにこだわって、沢山の人がこの日のために犠牲になっていると思う状況になることだけは、なるべくあって欲しくはないなと思います。

 

管理人
管理人

私も、東京五輪のボランティアは、なぜ大学生へ強く推しているのかが、少し疑問に思いました。

 

誰もが参加し易いボランティア説明会の告知をしてほしかった

25歳 男性 会社員の意見です。

約50年ぶりの東京オリンピックちうことでとても興味があります。一生に一度かもしれない経験なので、東京オリンピックのボランティアにもぜひ応募したいと考えています。

 

しかし、具体的にどのような方法でボランティアになることができるのか、情報が少ないと思います。

 

先日、ボランティアの説明会が行われたとニュースで見ました。そんな説明会があることも知らなかったし、平日に行われていたようなので、会社勤めの人間にとっては参加が厳しいです。

 

TVコマーシャルやSNSを駆使して、東京オリンピックのボランティアについて詳細な情報を拡散して欲しいです。

 

東京オリンピック委員会だけではなく、国レベルで情報共有に全力を尽くして欲しいです。

 

また、学生やフリーター、会社員など職業に関係なく、みんなが平等にボランティアに参加できるような仕組みや制度を整えて欲しいと思います。

 

説明会も回数や会場を増やし、

誰もが参加しやすい環境を作ることが大切

 

だと思います。

 

管理人
管理人

私も、ボランティア説明のことは、事後報告としてニュースでみました。普通に会社勤めをしていたので、自らアンテナをはりめぐらせて無いと事前に情報をキャッチ出来なかったと思いました。

 

オリンピックで「おもてなし」を!

30歳、男 会社員 の意見です。

 

東京オリンピックに際して募集されているボランティアについてですが、「みんなで一緒に盛り上げる」という点で良いと思います。

 

2020年の開催まで2年もありますが、早い段階からボランティアを募集し参加させることで、何の取り組みをしないよりかは認知度や意識が増して、日本全体で盛り上がるきっかけになると思います。

 

自国開催に関わることは貴重な経験なので多くの人がボランティアに参加出来ればいいと思います。

 

その中でも外国語を話せる方は貴重な存在だと思います。

 

多くの外国人は日本語を理解できない状態で来日すると思います。そのような外国人対策には外国語を話せる日本人が必要不可欠です。

 

競技場周辺に限らず、公共交通機関、観光地、ショッピングセンター、飲食店等の様々な場所で外国語を話せる日本人が必要とされると思います。

 

オリンピック開催期間以外で日本に来る機会がない外国人もいると思います。

 

その限られた期間で日本の良さを感じてもらうためには、外国人に寄り添って案内を行い「お・も・て・な・し」をしなければいけません。

 

ただ、そのボランティア選考には慎重にならなければいけないと思います。

 

ボランティアと称してなにか悪いことを考えている人も0では無いと考えられるので、質の良い人選が求められると思います。

 

管理人
管理人

世界からたくさんの人達がアジアの小さな島国にやって来てくれるのですからね。その人達に、『感謝してもらえる』そんなオリンピックになってほしいですね。

 

オリンピック開催人員として給料支給した方が良いと思う

27歳 男性 会社員 の意見です。

 

ボランティアを大規模に募集しているのはニュース等で見ています。

 

そもそも、オリンピックという長い期間を考えたときに、猛暑が懸念される中、外国の方と話すのが好きだから、人助けがしたい、手伝いがしたいと心から思ってボランティアをしてくれる人は、世間に何千人くらいしか居ないと思います。

 

それに、ボランティアを行う時間は、日勤より酷だと聞きます。

 

さらに人がいなくなる可能性が高いです。

 

もし、本当に必要とするなら、

 

派遣会社など経由して、オリンピック開催当日から終了日まで、オリンピック開催人員として、最低賃金でも構わないから少しでも給料として配布した方が良いのではないでしょうか。

 

ボランティアで善意を集めるのは、日本らしくて人間味が溢れているので、賛成ではありますが、規模と人員、期間を照らし合わせれば、その善意は善処ある人の心を貪る悪魔の行為ではないかと、感じてしまいます。

 

ボランティアを募集するのであれば、この時間帯とこの場所限定で行わせるのが良いと思います。

 

管理人
管理人

ニュースを見ている限りでは、今後もボランティアに参加してくれる人は減少するのではないか。とも言われています。いっそのこと、企業が間に入るのも新しい試みではないのかな?と思いました。

 

 

東京オリンピックのボランティアは問題が山積み!

21歳 女性 大学生 の意見です。

ボランティア募集を東京都を中心として現在行われています。

 

しかし一方で、観光地域では東京オリンピックに向けボランティア募集を行っているようには思えません。

 

それにより、ボランティアにとても興味を持っている方以外には、ボランティアに対する詳しい情報は把握されていないのが現状です。

 

11万人も募集しようとしている『オリンピックのボランティア募集』とはとても思えないと感じます。また、無償でのボランティアであるということにも疑問があります。

 

真夏の炎天下、もしくは人が密集している室内で長い拘束時間を強いられるのはなかなか苦痛を伴います。保険を活用するという話もありますが、もしボランティアの方が熱中症で重症化、最悪の場合では死亡した場合どのように責任を取るのでしょうか。

 

わたしには、勝手に手伝って、勝手に死亡したから責任は委員会はとらないよ、というとらえ方もできるのではと思います。

 

そもそも、災害ボランティアを有償で行うことは疑問がありますが、東京オリンピックのボランティアは有償でもおかしくないでしょう。

と感じてしまうことが否めません。

 

よって、ボランティア募集を始めたのはいいものの、まだまだ表面化されている問題だけではなく、内面化している問題も山積みであると感じてます。

 

オリンピックをより良くするためには、もっと対策を考えていく必要があると思います。

 

管理人
管理人

21歳の大学生なのに、素晴らしいご意見だと思います。私(社会人)も含め大人達が、ただ単に元気な大学生をメインとしたボランティア募集などではなくて、もっと多くの年代で、議論されることが必要だと感銘を受けました。

 

 

非現実的なボランティア募集

40歳、男性 会社員 の意見です。

 

私は地方に住んでいます。今のやり方では到底人を集めることはできないのではないでしょうか。

 

というのも、東京までの交通費や宿泊費、宿泊場所から会場までの交通費は全部自費で1日8時間を10日以上ただ働きだと、

 

東京近辺に住んでいる方を除いては20~30万円以上かかってしまいます。

 

こんな費用を捻出できる方は、そうはいないと思うからです。

 

大学生を当てにしているようですが、こんな金額を軽く払えるのであれば、

誰も卒業後の奨学金を払えずに困るなんてことはありません。

 

オリンピックのために何でも犠牲にしろと言うのは無理があります。

 

しかも、あまり報道されていないようですが、

上の方は相当な給料をもらっているのに、下の方は自腹でただ働き、奴隷制をやっているようなものではないでしょうか。

 

ボランティアを単位化とか点数化なんて最悪の発想です。

絶対にやったふりだけして点数稼ぎにくる連中が増えるのが目に見えています。このままでは国際的にも信用を失ってしまうのではないのでしょうか。

 

管理人
管理人

私とほぼ同じ歳で、会社員。私も同じ様に感じてます。国を挙げてのオリンピックだったら、もっとボランティア募集のことも関心を持ってもらうようにしてほしいです。国立競技場建設で、あれだけ騒がれたのですから、ボランティア募集はもっと国を挙げてニュースなり、新聞なり、取上げるべきだと私は思いました。

 

共働き主婦の怒り

38歳女性 会社員 の意見です。

 

無償で、しかも研修期間までの長期間を拘束するというのが納得できません!

 

しかも

オリンピック委員の方々には高額な報酬が支払われているとか。

 

これは税金からですよね?夫の会社がオリンピックのスポンサー企業のため、社員からボランティアを募っているのですが、自分の有給を使用して参加しろとのお達しが出ました。

 

有給に労働しなきゃいけない意味がわかりません。普通の会社員が10日近く休めるわけがないこと、お偉いさんはわからないのでしょうか?

 

しかも夏の間なので万が一これに駆り出されたらほかには休めるわけもなく、その年の家族の夏の予定は全部パーになってしまいます。

 

ここ数年の異常な暑さの中で、命の危険がある中でなぜ無償なのでしょうか?医者や看護師などもボランティアを募っているとか。

感覚が狂っている、異常だとすら思います。

 

ボランティアとは、無償労働の意味ではありません。やる気の搾取が異常です。オリンピックに対しては都内に住んでいるので治安や交通など不安な感情しかありません。

 

どうしてもボランティアせよというのなら、私は被災地で困っている方々の手助けになるようなことがしたいです。

 

東京オリンピックに関しては、絶対に何ひとつ協力したくありません。

 

管理人
管理人

どのように言葉にしたら良いのか、私には表現出来ません。こちらの女性のおかげで、オリンピック関係者へ高額報酬が支払われていることを知りました。

 

また、旦那様がスポンサー企業へお勤めということで、このようなご意見はたぶんテレビで放送されることは、まずないことだと思います。

 

こちらの女性のようなオリンピックへ近い方の意見をメディアはもっと情報発信して、お偉いさんたちへ現場の意見を知ってほしいと思います。

 

なぜ、2日や3日といった参加の方法など取らなかったのでしょうか。もしボランティア参加の日数を幅広く検討してもらってたら、きっとこちらのスポンサー企業で働く夫を持つ奥様も、考え方は違って来たと思います。

 

 

 

オリンピック運営の粗さに怒り?!

30代 男性 会社員 の意見です。

 

大会ボランティア8万人・都市ボランティア3万人、活動について賃金が出ない事は理解できます。

自国開催で出来る限り良いオリンピックにする為に、より多くの人手を集め少しでも円滑な大会運営を行うことは、理解できます。

 

しかし、どこぞのテレビ局のチャリティー番組のようで、

運営の役員等は何百万の報酬をもらいボランティアには一切費用は出しませんという感覚が理解できません。

 

1日単位で参加が出来たりするならまだしも、10日間以上はボランティアに参加できる事が条件だったりと、

あえて参加条件を厳しくして、ボランティアの応募が無い状況を作ってるかと勘違いさせるような募集のやりかたです。

 

交通費が出ない事はまだ理解できるとしても、せめて大会期間中の宿泊費または宿泊施設位は用意するべきではないか?まあ、8万人分は必要ないにしても県外から関東以外から来る人限定で宿泊費を支給したりしないと関東の人しか参加が出来ないと思います

 

建設費といい、見当違いの見積もりから運営まで粗さが目立つ内容だと思います。

 

管理人
管理人

こちらの30代男性会社員様のご意見、ごもっともだと思います。

 

あえて条件を厳しくして、応募が少なくなる状況を作っているかのように勘違いさせられる。

 

この意見は、私も気が付きませんでした。たしかに、あえて悪条件を突き出しているようにも思えます。これって、何か次の策をにおわせているのでしょうか。

 

非常に考えさせられてしまいました。

 

 

 

若い学校関係者のホンネ?

27歳 男性 学校関係者の意見です。

 

ボランティアに関しては無償と謳っていることが多いですが、個人的には何かしらの手当てがある印象です。

 

また、過酷な労働条件で熱中症になった場合はどのように処置をするのかということも某サイトの記事に記載してありましたが、それもまた何かしらの手当てがされるものだと予想しています。

 

それこそ熱中症で重症になったのに、処置しないままオリンピックが開催されるとなると他国からの批判もすごいことになるでしょうし、競技どころではなくなってきます。

 

また、最低限の保証はされているといっても、そんな過酷な状況でボランティアに参加する意味がないとおっしゃる方もいるかも知れません。

 

しかし、大学生の若さは”力”です。(10日ほどの休みが必要となると、大学生を主に集めているとのことでした。)

 

若いからこそ過酷な状況にでも立ち向かえます。

 

そして何ももらえなく、しんどい思いをしたとしても、どんな形であれオリンピックに携わったというその経験は一生もので本人たちは「やってよかった」と思えるでしょう。

 

それがボランティアのなす意味だと思います。

 

管理人
管理人

さすが、教育関係者ですね!と言った意見でした。

大学生だけでなく比較的若い学校の先生や体育関係者も進んでボランティアに参加すると、また学生や社会の見え方も違ってくるんでしょうね。(個人的な意見です)

 

オリンピック運営側が好みそうな意見

33歳 男性の意見です。

 

東京五輪のボランティアには大変興味があります。

ただ観客として見に行くだけであれば、何も東京五輪に限った話ではなく、他国開催の大会でも経験できることですが、ボランティアとしての参加は自国開催ならでは経験であり、とても惹かれるものがあります。

 

また、来日される外国の方から日本の文化や街の様子がどう見られているのか、文化の違いを踏まえたオモテナシはどう在るべきか等、ボランティアを通じた経験から学べることも多いと思います。

 

個人的には、かつて中国に留学していた経験があり、中国語が話せるので、中国人向けの通訳ボランティア等がもしあれば、是非参加したいと思っている次第です。

 

私と同じように、2020でボランティアをやりたいという人はきっと多いと思いますが、一方でボランティアをまとめ上げ、組織化する運営側のお仕事はかなり大変なものかと思います。

 

日本人の持つ和の文化の素晴らしさを世界にアピールするためにも、参加するボランティア一人ひとりの自主性・協調性が重視されるのではないかと思います。

 

管理人
管理人

すごく正当なご意見ですね。ありがとうございました

 

 

子供もボランティア?それもありかも!

25歳 女性 会社員の意見です。

 

世界的な大会であり、自国での開催はかなり貴重な機会だと思います。ボランティアを募集し、多くの人がオリンピックに関わることが出来ることはとても良いことだと思います。

 

日本国民は周囲への気遣いが出来る性質があるので、そういう面では他国に比べてより良い運営にすることが出来るのではないでしょうか?

 

しかし、より良い運営をするためには組織の土台がしっかりしていないといけないと思います。

 

また、

ボランティア募集の対象を大人だけでなく子供も対象に出来ればいいなと思います。

 

多くの国から様々な国の人が集まるオリンピックで、子どもが運営側としてオリンピックに参加することが出来るという体験をすることで、国際的なコミュニケーションを積極的に行うことができたり、良い刺激を受けることが出来る機会にもなり得ると思います。

 

オリンピックのボランティア募集を通して、たくさんの日本人が他国との関わりを持ち、日本全体で盛り上げていければいいなと思います。

 

管理人
管理人

子供もボランティア参加ですが!

参加日数を固定しなければ、子供も参加しれもらう。ということも可能ですよね。私が小さいころ、地域の廃品回収は子供会が中心となってやってました。

そのような1日のほんの数時間、限られたところだけでの参加。ってのもあっても良いのかな。と思わせてくれました。

 

心の葛藤が聞こえてきそうな意見

25歳 女性 現在は無職です。

 

東京オリンピックまで残り2年となり、東京都心は結構なペースでバリアフリーのための工事が行われています。

 

個人的な意見ですが、渋谷新宿等乗り換えで利用する駅は数年まえから外国人観光客が非常に多くいらっしゃいますので、今までバリアフリーが成されていなかった方がおかしいくらいです(階段が多すぎる、駅構内が非常に分かりづらい)。

 

ボランティアを募集すると言うことに関してですが、日本と海外の現状を知らない学生の方々が「無給労働だ」と言っているように感じられる点もあります。

 

大人数で不平不満を言えるのが学生もモットーかもしれません。

 

が、日本は先進国のなかでも圧倒的に学力(特に英語力とコミュニケーション能力)が低すぎるので学生ボランティアや働きたくても働く事のできない、ハンディキャップ(障害をお持ちの方の事を差します)を持っている方々がボランティア活動を行うことについては特に問題はないかと思います。

 

メディアに関しては裏事情を身を以て知っている元社員さんに伺えば分かりますが、最も信憑性のある「TV(テレビ)」からの情報は国民が混乱しないように、すぐに詳しい情報を公にできないモノですので公式の情報が得られないのは致し方ないかと思います。

 

インターネット上はほとんどの情報が「嘘」か「金儲け」のためのものなので、正直に言うとSEOを使って検索窓で一番上にすることもできますし、誰かの恨みを買えば下手な情報を垂れ流しにする事も可能です。

 

「2020年のオリンピック ボランティア」については、そもそも日本が開催国として選ばれたことが素晴らしいことなので、自分が健康な人間(働きすぎて身体を壊してしまいました)になれたら参加したいです。

 

学生さんであればエントリーシートにも記載することが可能ですし、暇でなくてもアスリートを間近で見られることは素晴らしいと感じます。

 

管理人
管理人

おっしゃる通り、海外ではオリンピックに限らず、ボランティアに参加する人の割合って、日本人は少ないように感じます。

 

オリンピックボランティアに参加経験者

24男 大学生の意見です。

 

ボランティア募集に関してはじめにお金に関する問題が挙げられる。無償ボランティアという点で、ボランティアに関わってくださる方々(主に学生と予想)に、主催者側(TOGOC, JOC, JSC)は何かしらのインセンティブを提示する必要があると思います。

 

ボランティア自身にとっては、またとない大イベントに関われる経験を就職活動やキャリアを積む上で活かせる可能性もあります。

 

そこで得られる経験にどう付加価値をつけマーケティングしていき、大会後においても関わった全ての方々がその経験を有効に活用できるかがポイントだと感じました。

 

僕自身リオオリンピックと北京オリンピックにボランティア、また観戦者として関わることができた経験は自分にとって大きな糧となっていまする。

 

食事の補助があるときもあればないときもあった。

 

しかし、その少ない費用に関しては特に問題ではなく、

大会運営の全体を通して、うまく関わり成功に結びつけることができたという成功体験や自己肯定感の向上もまた大きな実りでした。

 

管理人
管理人

過去にオリンピックボランティアに参加されてのですね。貴重なご意見ありがとうございました。

 

 

主婦目線からみたオリンピックボランティア

30歳 女性 専業主婦の意見です。

 

東京オリンピックのボランティアの募集要項を見ると、1日8時間程度、連続して5日以上合計10日以上できる人、交通費は1000円程度でるが、その他の宿泊費等は自己負担というボランティアをする側にとっては負担が大きすぎると思います。

 

ホテルもオリンピック中は余計に人も増えるため、確保も大変ですし宿泊料金もあがるのでそこまでしてボランティアをするというメリットを全く感じません。

 

ボランティアを希望する方々の為の施設を建設するだとか、食料などは支給するなど賃金は発生しなくても現物支給はおこなうべきだと思います。

 

医師や薬剤師などの有資格者にも同じ条件なのも考えさせられるところがあります。

 

医師などはただでさえ人手不足なのにボランティアで多数の医師などが、不在になってしまったらと考えると、東京都は「ボランティア」についてどこまで考えているのかなと思いました。

 

また、季節柄ボランティアの方々の熱中症対策もしっかりして欲しいです。募集要項を見てボランティアよりも奴隷かも?と思ってしまいました。

 

この募集要項を提示してまでオリンピックをやる意味は?とも思います。

ちゃんと考えなおしてほしいです。

 

管理人
管理人

宿泊施設代ってのは、ホントに大きいです!

東京都心部以外の学生が参加したくても、参加するだけで若手サラリーマンの月収かそれ以上の出費を自己負担ってのは、いろいろと考えさせられてしまいます。

 

 

まとめ

今回は、ほとんどメディアでは見たり聞いたりする事のないような、貴重なご意見を寄せて頂きました。

 

みんなオリンピックのボランティアに反対!

というわけではなさそうなので、政府もより参加し易い制度や仕組みを作ってから、募集をかけてほしかったと思います。

 

また、これを機会にどこかの企業が集まって、ボランティアの人達へ向けた宿泊施設を提供するとか、食費や交通費を現金もしくは、現物支給や電車等の回数券で支給する。

 

そんな試みもしてくれると、ちがってくるのかな。

そう思いました。

 

恩を売るわけではありませんが、ボランティアでお世話になった企業があると、きっと学生達もその会社へ巡り巡って恩返ししてくれるのではないのかな。

 

政府のオリンピック方針がイマイチなら、

我こそ!

っていう企業が手を上げてほしい。

 

私もサラリーマンですが、その様な気持ちで今回のアンケート調査を締めくくりたいと思います。反響によっては、追加アンケートを取り、その回答を追記していきたいと思います。

 

長くなりましたが、ご精読、

ありがとうございました。

 

追伸

この記事もネット上の膨大な情報に埋もれてしまうのかな…

 

アンケート調査続きでこんなのも書いてます。

コメントをどうぞ