消費増税!10%はどうなる?2%還元してもらう方法とは?

ついに消費税10%増税になってしまう日が近づいてきました。ついに消費税10%の決定について、安倍総理から正式表明されました。さて、この約1年後どうなってしまうのでしょうか?

消費税10%

実際のことは、2019年の10月消費税が10%になってみないと分かりません。そんな中、今回増税分2%を還元してもらえる!という非常に興味深い内容がありますので、記事にします。

 

中小小売店での購入時に消費税2%分の還元?!

消費増税のトップニュースでも気になるのが、商品の支払い方や購入場所によって私たちが支払う消費税が違うことです。

 

10%だったり8%だったり

 

料金の支払い方でどう違ってくるのか。

 

中小小売店で商品を『キャッシュカード支払いした場合』は、その商品購入額の2%分を現金ではなく、次回からつかえるポイントとして還元される。

 

と、いう案が消費者としてすごく気になります。詳細についてはこれから煮詰められて行くでしょうが、はたして間に合うのでしょうか?

 

増税2%分が還元されるとどうなる?

政府は、前回の消費税5%⇒8%になった時の問題点、

  • 駆け込み需要
  • 増税後の個人消費の落ち込み

主に、後者の『増税後の個人消費の落ち込み』をすごく懸念しているようです。

 

それはそうですよね!

だって、500円の商品が550円になっちゃうんですからね!

今までの540円と比べると、10円多く支払わなければなりません。

 

もし、これが540万円だったとすると、さらに10万円増えてしまうことですからね!

それだったら、今まで以上に節約思考になってしまいます。

 

そこで、この個人消費の落ち込みを少しでも少なくしようとしているのが、

 

2%還元制度『軽減税率導入制度』

です。

 

ただ、これにはまだいろいろと決めなければならないことが多く、中でも身近ですごく気になっているのが、コンビニのイートインでの食事についてです。

 

イートインでコンビニ弁当を食べたら8%?10%?

店内で食べると外食にあたらうから、税率は10%、でも持ち帰って自宅で食べる場合は、食材購入なので8%になるとか。

 

では、10%の消費税を支払って店内で食べようとしたけど、混んでたのでやっぱり持ち帰って食べようとなった場合はどうなうのか?

 

課題は山積みなのではないでしょうか。

 

消費増税10%で一時的に景気が良くなる?

また、消費税率が変わると、小売店を始め全ての販売レジ対応や価格表示変更に伴う業務が増えます。これが、10%だったり8%だったり、少し複雑な仕組みになるとそれに伴うシステムをメンテナンスが必要になってきます。

 

TI企業を始め、SEの方々や新型レジの製造メーカーは仕事が忙しくなりそうですね。

 

また、クレジットカードでの支払いだと、増税分2%の還元となると、今まで以上にクレジットカードを持つ人が増えてきます。

 

すると、カード発行手続き業務、またより多くの自社ブランドクレジットカードを持ってもらうためのキャンペーンなどなど、新産業といったら大げさですが、そう言った人員も必要になってきます。

 

また、テレビや新聞などではほとんど見かけませんが、クレジットカードの返済に伴うトラブル対応業務といったお仕事の需要も増えるのではないでしょうか。

 

軽減税率を上手に活用して2%還元!

消費税に対する軽減税率については、

アメリカ・フランス・ドイツ・イギリスなど、先進国ではすでに実施されています。

 

ところがキャッシュレス化が世界的にも遅れている日本にとっては、混乱が予想されそうです。出来る事なら、2020年の東京オリンピック開催前までには、国民や海外の方も混乱することなく軽減税率制度をスムーズに取り込めるようになってほしいです。

 

私の様なごく普通のサラリーマンの場合、まずはキャッシュカードを持って『2%の還元』、これは日々の買い物で、賢く利用していきたいと思います。

 

カード会社独自のポイント還元率も今後が気になるので、私は今まで同様に楽天カードで行きたいですね!

 

だって、ガソリンスタンド(ENEOS)で給油した時に、Tカードよりも楽天カードの方がポイント還元率高かったですから。

 

こちら↓Tカードのレシート

Tポイントカード利用

  • ガソリン単価 -2円
  • 200円利用で Tポイント1円分

 

つづいては、楽天カード利用レシート

楽天カード利用

  • ガソリン単価 -3円
  • 100円利用で 楽天ポイント1円分

 

楽天カードの場合、レシートには楽天ポイントのキャッシュバック分は明記されていませんが、カード利用決済100円で1円分のポイントが加算されてます。

 

ただ私の場合、ソフトバンクユーザーなので、ヤフーTポイントカードだと、時々ポイントがもらえるので持っていますが、基本の的にクレジットカードは楽天銀行カードと兼用できる楽天カードを利用しています。

 

楽天商品をブログで紹介!ポイントも貰えて嬉しさ倍増!

ブログ運営するなら何かと便利!
普段使いでもつい使っちゃいます。

どうせカードを持つなら、ポイント増量キャンペーンが狙い目です。
年に数回ある12000ポイントを待つか、今のポイントをゲットするか、あなただったらどちらを選びますか?

 

まとめ

先進国の中で『キャッシュレス文化』の後れを取っている日本、この消費増税10%を境に世界でも1、2位を争うハイテク文化と社会保障の充実を目指してほしいです。

 

でも、子供が小銭を握りしめて駄菓子を買う

『町の駄菓子屋さん』

 

この日本の文化は今後も残し続けてほしいです。

 

<<おすすめ記事>>

コメントをどうぞ