転職の不安を克服した方法!2回転職した体験談です

私は今までに2回の転職経験があります。

転職の不安

新卒後、10年と10ヶ月勤めていた会社を転職する時は、すごく不安でした。

 

しかし、10年以上勤めていた会社の経験が、

今でも仕事の基準になってます。

 

もし、初めての転職を考えて、いろいろと不安に思っているのでしたら私の経験、少しは参考になるかな?

 

あなたの大切な一歩になってほしいと思い、

転職して良かったこと

不安を克服できた方法を記事にします。

 

転職の理由は明確にした方がいいよ

転職の理由

不安を取り払う為には自信を持つことです。

 

私が転職を考えるようになったのは、

お給料が減ってしまったことが理由です。

 

人間関係でも、仕事の内容でもありません。

リーマンショックの時にお給料が、

一気に減って、戻らなかったからです。

 

あなたは、

明確な転職理由もってますか?

 

もし、

 

なんとなく・・・

友達に勧められたから・・・

 

と、自分の判断にしっかりと言い切る自信がなかったら、もう少し今の仕事を続けて、その中で『明確な理由』を見つけてから、転職という選択を選んだ方が良いと思います。

 

明確な理由を持っているのと、持ってないのだと、やっぱり違うんですよね!

 

何が違うって、ただなんとなく転職すると、次の仕事の時『繋ぎだからいいや』となっちゃう可能性は高いし、その気持ちは相手側へ伝わってしまいます。

 

不安な気持ちで次の会社と面接すると、

その不安な気持ちは相手にも伝わってしまいます。

 

私も、面接官の経験ありますから。

転職志望でやって来る人の気持ちって、なんとなく伝わってくるんですよね。

 

また、私の周りでも、

『なんとなく』で転職した人はいます。

その人は次へ移っても『後悔した』と、

そんなことばかり口にします。

 

そして、現在も転々としてます。

 

そんな彼らと自らの経験を踏まえると、

やっぱり、はっきりとした理由を持って転職した方が良い!

そう感じています。

 

不安な気持ちで『うまくいってる人の考え方』という本を読んだ感想
今の自分に不安を持っている時、会社や家族、友達関係で悩みを抱えている時に読むと、気持ちが穏やかになれた本を紹介します。 それは、『うまくいっている人の考え方』という本です。 もっと早くこの本に知り合っていたら、考...

この本↑には、次のように書いてありました。

『自分の決断に自信を持つ!』

とね。

 

転職の理由が人間関係だった時はどうする?

私の場合は、人間関係が理由で転職を選んだわけではありません。だからと言って、人間関係に恵まれていたわけでもありません。

 

上司のことで、

凄く悩んだこともありました。

 

同僚のことで、

凄く悩んだこともありました。

 

でも、それはどこへ行っても少なからずあります。

だって、違う考えを持っている人が集まっているんですから。

 

お互いの意見が、ぶつかり合い、そこで得られることもたくさんあります。本当にあの人とは『ソリが合わない!』と、思うことだって必ずあります。

 

でも、時間が経つとそれが良い経験だった。

そう思える日が必ずやってきます。

 

私の中で、人間関係の嫌な思い出は、

今となっては、良き経験だったと感じています。

今だからこそ、そう感じているのだと思います。

 

我慢できるくらいの人間関係だったら、それを転職理由にはしない方がいいのでは?

私はそう思います。

 

でも、どうしても人間関係が嫌だ!

と思うことだってあるでしょう。

 

そういう時は、

 

私は○○がどうしてもやりたい、やり遂げたい!

 

だから、別のところで

試す為に転職する!

 

ただ、あの人が嫌だからではなく、

 

自分の更なる成長を試したいから転職する!

 

そう言って、現在の職場を去っていく方が会社を辞める時も、後ろめたさもなくなります。気持ちよく去っていった方が後々、自分の為にもなると思います。

 

偶然にも、次の職場で何らかの形で、辞めた会社と仕事の繋がりを持つ可能性って、けっこうあったりします。

 

ちなみに現在私が勤めてる会社では、以前勤めていた会社と仕事の繋がりま有ります。

 

当然ですが、面接時にも

自分の更なる成長を試したい

という気持ちは伝わります。

 

 

転職活動で不安だったこと

私は転職を決意しましたが、転職活動をしている時は勤め先へ、その素振りは一切見せませんでした。

 

それは、勤め先の上司や同僚達に、

『どうせ、お前は辞めるんだろ!』

そう思われたくなかったから。

そう思われてしまう事が怖かったからです。

 

へんなプライドですよね。

小心者ですよね。

だから、転職活動だって自由には出来ません。

 

職場の人達に転職しようとしていることが

バレないように探したい。

でも、現在勤めているところでの仕事もきちんとやりたい。

 

当時はすごく不安でした。

 

そこで、土日や平日の夜に対応出来る方法を考えます。

一番良かったのは、転職サイトでしたね。

 

転職サイトでは、現在会社へ勤めている人に対する気遣いがあります。

 

  • 現在、お勤めですか?
  • 連絡可能な時間は?
  • 面接となった時に対応出来る日時は?

 

など、基本的に通常の勤務時間外で

対応してくれるようになっていました。

 

そのかいもあって、当時勤め先へ

怪しい素振りを一切見せずに、転職活動をする事が出来ました。

 

転職サイトの面談で得られたこと

私の場合、転職サイトのエージェントと呼ばれる

紹介人と呼ばれてる人達と何度も相談しました。

 

その結果、最終的にはハローワークで

転職先を見つけることになりました。

 

紹介してくれる会社と自分のタイミングが

たまたま合わなかっただけです。

 

ただ、転職サイトのエージェントと話してて、

多くの企業を知ることができました。

 

また、自分では分からなかった発見も出来ました。

しかし転職サイトで決められなかったのは、

勤め先が希望と一致しなかったからです。

 

基本的には自宅から1時間以内で通勤できるところを

探していたので、そういう意味では地元密着型の

『ハローワーク』

という方法を選択しただけです。

 

ハローワークへ行くと、自分の長所や短所、

やりたい事や希望の条件などを伝えます。

 

その時に、エージェントと話したことが

非常に役にたちましたので、

決める決めないは別として、転職サイトで

話をしてみるのも良い経験だと思います。

 

転職して良かったこと

一回目の転職は、同じ製造業でも少し規模の小さなところへ移ります。

 

規模が小さくなると、お給料も減るのでは?

そう思われがちですが、結果的には増えました。

 

10年以上勤めてた会社のピーク時までは行きませんでいしたが、

製造業の転職なので、全くの素人扱いではありません。

 

だって、10年もの間たくさんのことを学びましたから。

その経験が功を制したのか、入社1年半で

役職が付きます。

 

これは、規模が小さい会社なので、

良くあることです。

 

入社歴より、技術や知識、

マネージメント力のお陰だと自負してます。

 

ちょっと自慢っぽく聞こえてしまいますが、

新卒後初めて勤めた会社では、

  • 現場
  • 営業
  • 工程管理
  • 設計

と多くの経験をさせてもらってたので、

そのおかげだと、辞めた会社に対して

すごく感謝してます。

 

転職してみて、初めて勤めた会社で学んだ事が

他の会社へ勤める人からすると、けっこう良かったことを知りました。

 

自分自身を第三者目線で見ることができました。

 

次の転職へ活かせたこと

2社目の会社で4年近く勤めて、

再び転職をします。

現在の勤め先です。

 

この時は、転職サイトではなく

ハローワーク一本で探すことにします。

 

理由は明白です。

通勤距離を最優先したかったからです。

 

もし、私が一人身での転職だったら、

間違いなく転職サイトで探します。

 

条件の幅は、ハローワークよりも

転職サイトの方が、格段に広く感じたからです。

 

2回目の転職となると、初めてではないので、

あまり不安な気持ちはありません。

 

むしろ、堂々とハローワークの担当の人や

面接時に、お互いの条件を言えるようになりました。

 

ですが、2社目に入った時は次の転職はしない!

そういう気持ちで働いていたので、

その自信も合ったのかもしれません。

 

2回目の転職理由は、

 

やっぱり自分の本当にやりたい仕事に就きたかったから。

 

会社は働いて、お金を稼ぐところですが、

それでもやっぱり仕事の内容も大切です。

どうせだったら、やりたい仕事の方が疲れないし、頑張れます。

 

転職したけど後悔してないわけ

初めての転職って、すごく不安です。

 

しかし、転職して他の会社へ入ると、以前勤めていた時の

知識や経験が、絶対役に立ちます。

 

もし、初めて勤めていた時の会社に

現在も勤め続けていたら、自分自身のことを

あまり良く知ることが出来なかったかもしれません。

 

転職を進めるわけではありませんが、

現在の職場で一生懸命頑張って、

更にもっと挑戦したい!

 

もっと頑張ったら、

それなりの見返りを受けたい(お給料的に)

そういう思いが強ければ強いほど、

 

あなたに合った職業が見えて来ると

そう私は思います。

 

私の個人的な意見ですが、

あなたの不安な気持ちに、

少しでも貢献できたら幸いです。

 

<<関連記事>>

コメントをどうぞ