熱中症じゃない!吐き気とダルさの原因は胃腸炎だった

2018年の夏は全国的な豪雨や急な暑さなど、観測史上初というニュースを良く見かけます。

熱中症?

そんな中、先日、朝から体調不良にみわわれて、てっきり熱中症かと思ったのですが、病院へ電話したところ違う原因だったので、記事にします。

 

熱中症と勘違いした体調不良の症状とは?

  • お腹のなかが不快な状態
  • 朝ご飯はふつうに食べたけど、お昼は全く食事がのどを通らない
  • 軽いめまいのような症状
  • 下痢までではないが、けっこう緩い便が数回
  • のどや口が普通じゃない乾き方
  • 生あくびが少し出る
  • 吐き気とだるさの症状がある

 

この様な状態でした。

 

症状が現れたのは、朝ご飯をたべて30分くらいしてからのことです。夏バテなか?

それとも前日の日曜日に炎天下の中、自転車で近所を2時間くらいウロウロとしていたからでしょう。

 

軽い熱中症かな?

 

そう思い、体調不良の月曜日は仕事が終わるとすぐに帰宅します。

 

普段は電車通勤だったのですが、荷物があったのでこの日は車通勤(約30分)でしたが、たった30分の慣れた道のりでも、とても長く感じました。

 

夜間救急診療へ連絡!

会社ではお昼ごはんがのどを通りません。

 

さらに、夕方になるといつもとは違う『油あせ』をかくような症状だったので、近所の夜間病院へ連絡します。(夜7時50分頃)

 

すると、

 

熱は無いことと、朝ご飯を食べてから体調不良になったので、消化器系の炎症の可能性が高いですね。

 

と教えてくれます。

 

今は暑いので、脱水症に注意してこまめに水分補給をして下さい。

病院へ来てもらうと、整腸剤系のお薬を処方になると思います。

 

詳しく診てみないとはっきりしたことは言えませんが、たぶん熱中症では無さそうですね。

 

ということでした。

 

もし自宅に以前、風邪などの時に処方した整腸剤が残っていたら、それを飲んでみるのも方法の1つです。

 

とも教えてくれました。

さっそく、自宅の薬置き場を確認してみます。

 

すると、ありました!

ビオスリー錠剤

ビオスリーの錠剤です!

 

まだ寒かった時に風邪を引いて、その時に処方してもらったのが余っていました。

 

さっそく飲んで休むことにします。

 

たくさんの水分補給と睡眠

まずは病院で教えてもらったように、水分を補給します。

方法は

  • 胃腸炎の可能性が高いので食品は消化しにくくなっている可能性がある。
  • 緩い便が何度も出たので、体内の水分が少なくなっている(軽い脱水症の疑い)
  • 整腸剤と水分を取って、横になり汗が出てくるようになったら、こまめに水分を取る

このような感じです。

 

この時の水分は、砂糖と塩を入れて作ります。

  • コップ1杯(約200cc)のぬるま湯に砂糖を大さじ1
  • 塩を1つまみ

 

コレを時間をかけてゆっくりと飲みます。

 

あとは、食欲が戻るまでは食品は取らない。

そして布団へ横になるとたぶん1時間くらいでしょう。すっかり寝てしまいました。

 

その時です!

 

家族からクレーム!ちょっと!なんか臭い~

家族からなんか臭い!

といわれて起きました。

そして、自分もなになら臭いのが分かります。

 

イメージは老廃物が汗になって出てきたような感じです。

(枝豆をゆでた時のようなニオイでした)

 

この臭いには自分もビックリです。

 

ところが、身体の調子はだいぶ良くなってきたので、そのままお風呂へ向かいます。

 

まだ少しフラフラするので湯船にはつからず、シャワーだけで済ませます。

そして、サッパリとしたらまた布団で寝ることにします。

 

<<関連記事>>

 

熱中症ではなかったので夜12時にお腹がすいた!

水分をこまめに取りながら寝ていると、夜中の12時に目が覚めました。

結構スッキリとした目覚めです。そして、先ほどのような臭い感じの汗では無く、普通の寝汗をかきました。

 

今度はシャワーと湯船につかり、サッパリしたところでお腹もすきました。

ちょいど自宅に買い置きしてあったソフト麺(うどん)があったので、それを茹でて、ネギとナスを入れて食べました。

 

良く分かりませんが、私の体はほとんど復活した様子です。

 

消化のよい温かいうどんを食べて、再び寝ると、翌日はすっかり元気になりました。

この時はもう、吐き気とダルさは無くなっていました。

 

熱中症かと思ったけど胃腸炎の原因は朝食だった!

私が今回胃腸炎を起こしたであろう原因です。

 

それは、朝食に

  • 納豆ご飯
  • 前日(日曜日)に蒸しておいたトウモロコシの一気食い
  • コーヒー微糖ミルク無し一気のみ

 

これらが原因だと思います。

それ以外、思い当たる節はありません。

 

中でも、冷たいコーヒーの一気飲みと、冷蔵庫で冷やしてあったトウモロコシの一気食いが原因だと思います。

 

もともと、あまり胃腸は強い方ではなかったので、きっとお腹がビックリしてしまったのでしょう。

 

<<関連記事>>

 

朝のとうもろこし丸かじりは、危険!

私が体調不良になったのは月曜日です。

そして、翌日火曜日には元気になりました。

 

そこで、検証を兼ねてまだ残っていたトウモロコシを水曜日の朝食後に丸かじりしてきました。

 

すると…

 

通勤途中(電車通勤時)に目的の駅に到達前に途中下車することに。

お腹が急にゴロゴロとしてきて、途中の駅内のトイレへ駆け込みます。

 

すっきりすると、その日(水曜日)は何事もなく、普段通りの仕事ができました。

 

熱中症じゃない!胃腸炎だったまとめ

個人差はあると思いますが、あまり胃腸が強くない方は、朝に消化の良くないものは食べない方が良いことが分かりました。

 

暑い時期に、下痢になると必要以上に水分が出てしまうので、脱水症も注意しなければなりません。まだまだ暑い季節が続きます。

 

暑さで胃腸も弱ってきます。

 

その様な時は、消化の良くないものは、ゆっくりと良く噛んで胃腸炎を起こさないように気を付けましょう!

 

ちょっと、汚い体験談でしたが夏バテ予防の参考になれれば幸いです。

 

<<関連記事>>

コメントをどうぞ