知ってしまうと恥ずかしくてたまらない!禁断の書籍

今までの人生は何だったんだ・・・

恥ずかしくてたまりません。

恥ずかしくてたまらない私

私にとって、禁断の書籍に触れてしまったのかもしれない。

 

言い過ぎかもしれませんが、まさにそんな気持ちでいっぱいです。

 

今回は、その本に触れてしまった感想です。

 

「残念ながら、その文章では伝わりません」

そう、言ってくるのは誰ですか?
余計なお世話ですよ!

それでは、禁断の世界へ

一歩、踏み出していきます。

 

禁断のはじまり

私はすごく文章が苦手です。

 

知的な言葉も知らず、間違って使ってしまったり、誤字脱字がある文章を平気な顔をして書いてしまいます。

 

それでも、自分では気が付かない。

 

気が付かない自分

 

たった一冊の本に巡り合うまでは、

そういう自分でした。

 

しかし、偶然にも本屋で見かけた一冊が、違う自分を教えてくれます。

 

「日本語って素晴らしい」ということ。

自分もこうなりたい。

このような文章を書きたい。

 

そう思うようになりました。

 

偶然巡り合った一冊の本が、

次のように教えてくれます。

 

「文章の勉強をしたい!」

 

その本を手にした時、心が一杯になります。

今まで自分の使っていた言葉が間違っている。

ということに、気が付きました。

 

ここの記事で使っている「禁断」とは、

決して踏み入れてはいけない「禁止」されていること。そこへ手を伸ばしてしまったが為に、今まで知らなかった世界を知ってしまった。そして、もっと勉強したい欲求が沸々としてきた。

という意味合いで使わせてもらいましたが、これも本来の使い方からすると違うような気がします。

 

私が現在持っている国語力は、その程度です。

 

それでも、この本を読んでいくと自分の文章力へ取りこみたい。そういう気持ちにさせてもらいました。

 

それでは、その本の一部を紹介していきます。

 

文章に個性をくわえる

「人生に劇的な成功はありません」

 

残念ながら、その文章ではつたわりません (だいわ文庫) [ 山口拓朗 ]

132頁より

 

この一行を読んで、あなたはどのように思いましたか?

 

私の場合は、

  • その通りだ
  • 良く聞くフレーズだ
  • 会社で少し偉くなった人が言いそう
  • 結婚式で使われそう

このように感じました。

 

そこで、書籍ではこの1行に対し、次のような改善文が書かれています。

 

「人生とは登山のようなものです。一歩また一歩と登っていく以外に、頂上(=成功)にたどり着く方法はありません。」

 

残念ながら、その文章ではつたわりません (だいわ文庫) [ 山口拓朗 ]

同じく 132頁より

 

「たとえ話し」といった技法を使うと、より理解度が高まります。

 

私は、先ほどの改善された言葉を読んだ時、

 

「苦しいけど一歩一歩と登っていき、あと少しで頂上が見えてくるような風景」

が、頭の中で浮かびました。

 

文章によって、受け取る側の気持ちが変わってくることが、この一文だけでも分かります。

 

私の心の中に、「ストン」と何かが落ちたようなそんな気持ちです。

 

恥ずかしくてたまらない理由

私はこうして、ブログというインターネット媒体で情報発信をしています。始めは、ノウハウ本を何冊か読みました。

ノウハウ系の本ってどれも、素晴らしいことばかり書いてあります。

 

しかし、今回の本はそれらの本とは、

全く違います。

 

教えてくれるのは文章そのものです。

 

どの様な内容でも

文章を書くということは

相手に何かを伝えるため。

 

強い想いだけでは、いくら文章を書いていても伝わらない。

 

それは、

「伝える為の方法」がある

ということを全く知らなかったからです。

 

 

こうして文章を書きながら、今までは味わったこともない恥ずかしさで胸が一杯です。

 

禁断の書籍から学んで実行してみた

決して綺麗な文章ではありません。

 

ですが、私なりに『読者に伝えたい!』という気持ちで書いた記事を2つ紹介します。どちらも山口さんの書籍を購入した時に頂いた『すぐに使えるキャッチコピー』も学んで書いた内容です。

 

 

山口拓郎さんが読んだら、怒られてしまいそうな文章ですが、当ブログでは人気の記事です。

 

まとめ

もし、伝わる文章というものに興味を持った方は、

山口拓郎さんの書籍、おすすめです。

 

<<おすすめ記事>>

 

山口さん以外の本で学んだことも、いくつか記事にしてみました。

 

普段の生活をもっとうまく行きたい。

どうして私だけ…

と不安に思う時は、こんな本もおすすめです。

ロングセラー本『うまくいってる人の考え方』を読んだ感想
今の自分に不安を持っている時、会社や家族、友達関係で悩みを抱えている時に読むと、気持ちが穏やかになれた本を紹介します。 それは、『うまくいっている人の考え方』という本です。 もっと早くこの本に知り合っていたら、考...

 

感想を書いてみました。

文章って、素晴らしいですね!

 

読書嫌いな私ですが、最近は時々本屋さんへ行ってつい、

山口拓郎さんの書籍を探してしまいます。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

<<関連記事>>

コメントをどうぞ