ペルソナってそういうことか!相手を明確にする方法を紹介します

ブログ運営をしていると、必ずと言っていいほど、『ペルソナ』って言葉が出てきますよね。

なるほど!ペルソナ思考

何となくは分かっていても、結局よく理解できてなかったり、ペルソナを一人に絞ることが出来なかったり。

 

その結果、漠然とした記事を書き続けてしまって、文章を読ませる相手(ペルソナ・ターゲット)が明確にすることが出来ません。

 

ところが、難しく考えなくても

『そういうことか!』と教えてくれた一冊の本を紹介します。

 

87の法則のうち、2つ目の法則

『文章を読ませる相手(ターゲット)を明確にする』

から学んだ内容です。

 

別記事で

1つ目の法則から学んだこともあわせてどうぞ。

 

ペルソナを絞るとこうなります

ブログ運営していくなかで、ペルソナは、

文章を読んでくれる人。

 

もっと強い言い方をすると、

『文章を読ませる相手を絞ること

 

相手を絞った文章を書くと、

伝わる力があります。

 

逆に、相手が誰だか絞りきれてない漠然とした文章だと、

伝わる力がありません。

 

ペルソナの絞り方を教えてくれた本には、この考え方を学ぶことが出来ました。

 

私のここまでの文章って、すごく分かりにくいと思います。それと同じくらい私は『ペルソナ』について良く分かりませんでした。

 

ところが、

という本を読んだら、なるほど!

と分かることが出来ました。

 

[ad

簡単なペルソナ思考

1人に絞ったターゲット

良く見かけるペルソナとは?

  • 38歳
  • 男性
  • 広告会社へ勤めるサラリーマン
  • 部下を5人抱えるチームリーダー
  • 家族は…

このように、1人の人をとことん絞って、その人に向けて書く!

 

そのターゲットとなる人が、ペルソナです。

 

その様なことを書籍やマーケティング関係の記事、ブログ集客方法などで読んできました。でも、もっと簡単に見つける思考方法があります。

 

  • ラブレターを書く場合⇒大好きな相手
  • 学生が書く小論文⇒添削する教授
  • 履歴書⇒企業(バイト先)の採用面接官
  • 会議で使う企画書⇒決裁権のある上司

引用:伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則  15ページより

 

これを読んだ時、

『なるほど!』

と思いました。

 

詳細まで相手(ターゲット)を設定する必要って無かったんだ。

 

この発想が出来るようになると、今まで1つの記事を書くたびに、

 

え~と、ターゲットは、
32歳で主婦、子供は2人いて、上の子が…

 

と、事細かに決めてから書く下準備と、その人を意識するプレッシャーやストレス、これらのことから解放されるようになりました。

 

伝えたい相手だけに伝われば問題無し

たとえば、上記であげた

『ラブレター』

について、これは分かりやすいですよね。

 

好きな『あの人』以外の人が見たところで、

『ふぅ~ん。そうなんだ』

『何これ!』

と赤っ恥をかいてしまうことでしょう。

 

だって、ラブレターって『大好きなあの人』に向けて書くものですから。

しかし、今さら私がラブレターを書く。ってことは想像がつきません。

 

では、会議のプレゼンで利用する企画書だったらどうでしょう?最終的には、プレゼンで提案した内容に対して、

やるか、

やらないか。

 

これを決めるのは、同僚ではありません。直属の上司でもありません。提案に対して、最終的な判断を下すのは、直属より上の上司です

 

その偉い上司(決裁権のある人)が納得して、

 

『よし!、やってみるか!』

 

と言わせることが出来る事が出来れば、そのプレゼンは成功と言えるのではないでしょうか。

 

他の同僚が『良い提案だ。』

と思ってくれたところで、実際にやるか、やらないかの判断をする事は出来ません。つまり、ほとんど意味はありません。

 

相手を明確にするトレーニング

例えばこの文章を読んで、誰に対して読ませたいと思いますか?

スマートフォンはとても便利です。スマートフォンとクラウドサービスを組み合わせると、職場のパソコンで作成した文章をスマートフォン上で編集することも可能になります。

引用:伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則  14ページより

 

本にも書いてある通りですが、

 

仕事の効率化を考えているビジネスマン

 

に向けてですよね!

 

つまり、ペルソナは

『仕事の効率化を考えているビジネスマン』

ということになります。

 

私も、スマホやクラウドサービスの素晴らしさは、最近非常にありがたく感じてます。ちょうど働き盛りの年代ですので。

 

そこで最近良く使っているのが、

というサービスです。

 

こちら、ネットが繋がる環境だと、いつでも仕事モードへ切り替えることが出来ます。なぜなら、私はそこで、副業という仕事をしているからです。

 

私の場合、仕事と言っても副業ですが、とても便利に利用させて頂いてます。副業については、この記事でより詳しく紹介しているので、ご覧ください。

ブログのアクセスを確実に集める方法を見つけたので紹介します!
新規ブログでも確実にアクセスを集める方法を紹介していきます。 怪しいですよね!怪しすぎる!! と思った方は、どうぞ他の人の記事を参考にして下さい。1時間で1000PV程度はいけますけどね。

 

といった感じで、

相手を明確にすると、より関心のある方へ適切な情報を提供する事が出来ます。

 

そのことを、87の法則の2つ目として学びました。

 

まとめ

今回の記事、

『相手(ペルソナ)を明確にする方法』

はいかがでしたか?

 

ペルソナとか、ターゲットをより詳細まで絞り切る。ということはもちろん大切でしょう。でも、なかなか上手く出来ない時は、

 

文章で、相手を明確にする。

 

ということの方が分かりやすいと私は感じました。

 

結果的には、相手(ターゲット)を絞るということで、同じことですが、私には、この方法『文章で相手を明確にする』といった方が、分かりやすかったです。

 

これらのことを教えてくれたのは、

山口拓郎さんの

伝わる文章が「早く」「思い通り」に書ける87の法則

という本の2つ目の法則です。

 

 

次は3つ目の法則、

『文章の目的を明確にする』

について、学んでいきたいと思います。

 

<<関連記事>>

コメントをどうぞ