アトリックス・ビューティーチャージの口コミ!使った感想はちょっと残念

アトリックスビューティーチャージ口コミ

最近ドラックストアやスーパーの店頭、目立つところに並んでいるハンドクリーム

  • Atrix BEAUTY CHARGE(アトリックス・ビューティーチャージ)

を購入してみました。

 

ビューティーチャージをイオンで購入

イオンで 477円+消費税10%

554円 容量は80g

(無香料タイプ)

 

たくさんの人がハンドクリームレビューや口コミでも時々紹介している商品ですよね!

 

口コミではなかなかの評価ですが、私にとっては少しお高いハンドクリームです。

ちょっと高めなので、その分の期待を込めて使用してみると、

 

あれ?

 

少し残念な気持ちになってしまいました。

何が残念な気持ちになってしまったのか、レビューします。

 

スポンサーリンク

アトリックスのビューティーチャージの使用感

ます、このハンドクリーム・アトリックス『ビューティーチャージ』を購入しようと決めた理由は、このパッケージに貼られてるシールです。

ビューティーチャージの美容液とは?

この、黄金の美容液がしたたる、

美容液ハンドクリームという絵

さらにその下には

  • 高浸透
  • 保湿
  • ヒアルロン酸EX
  • コラーゲンC

何とも贅沢な気分にしてくれて、これを使うと

乾燥してきた手を『やさしく包み込んでくれる』のでは?

 

きっと、同じような気持ちで気になって買おうか迷ってる人、いるんじゃないですか?

 

私はまさに、そのような気持ちで購入してしまいました。

では、実際の使用感を紹介します。

 

ビューティーチャージの固さは?

ビューティーチャージの固さ

まず、クリームの固さは少し固めです。

固いと言っても、他のアトリックス商品と同じ様な感じ。

 

この写真、クリームが縦に1cmくらい立っているのが分かりますか?見づらいですね(汗

クリームが縦に立ってしまうほどの固さです。

 

ハンドクリームって、すごく滑らかなタイプとそうではないタイプがあると思いますが、こちらのビューティーチャージは、滑らかでは無いタイプです。

 

チューブの中のクリームが少し固めなので、容器を指でつまんでみると

ビューティーチャージの固さ

このような感じになって、再び容器をつまみ直さないと元に戻らないような固さです。

 

身近な類似商品で比べると、アトリックスハンドクリーム(ノーマルタイプ)とほとんど同じかやや固い感じがしました。

アトリックス塗り続ける!

(上記は旧デザインの容器です)

 

また、アトリックスは『ニベア花王』の商品なので、このニベア商品とも手に付けた感触が似ています。以前に買ったニベアソフト↓

 

ニベア246円

個人的にはこちらの NIVEASoft(ニベアソフト)の方が文字通り柔らかいソフトなクリーム感で、手に塗りやすかったです。

 

ビューティーチャージを塗った感じ

クリームがやや固めなので、手全体に素早く広がる感じではありません。全体に伸ばす為には少し念入りに揉みこむようにしないとなかなか全体へ広がってくれません。

ビューティーチャージを塗った感じ

全体に2分くらいかけて広げると、始めの3分くらいは全体的にベタ付き感が残ります。ところが、5分くらいすると、肌に染み込んでいくのでしょうか?

先ほどまでのベタツキ感がほとんど無くなって、サラっとした感じになります。

 

塗った直後でも、テカテカ感は殆どなく先ほどの1㎝くらいの量でも全然染み込んでしまったような感じです。

 

個人的な感想ですが、

始めて手に付けた時は、ん~… ちょっと予想と違ってたなぁ。。 と感じてしまいましたが、しばらく(5分くらい)すると、

 

あれっ?

すごく自然な感じで肌に馴染んだのかも?という感じになりました。

 

その後も特にベタ付き感はなく、衣類をたたんだり触ったりしてもハンドクリームを付けてる感はほとんど無く、手が乾燥してない時のような肌さわりを感じられます。

 

ビューティーチャージの水溶けと水弾き感は?

ビューティーチャージ水弾き

こちらは、ビューティーチャージをたっぷりと塗りこんで、20分くらい経った後に水をかけてみた様子です。

  • 水に溶けて白くなってしまうようなことはありません。

 

水弾き感は、とくに水を弾く感じではありませんが、流れ落ちてしまう感じでもありません。

少し濡れたくらいでしたら、その後タオルやハンカチで軽く水分を拭き取ってしまえば、3回くらいでしたら、ハンドクリームを塗った後とほとんど変わりませんでした。

 

ハンドクリーム成分が肌へ染み込んでる感じで、表面をコーティングされてるような感じではありません。

 

ビューティーチャージの成分

ビューティーチャージ成分

ビューティーチャージの成分は、ざっとこんな感じです。

 

水、グリセリン、ワセリン、ミリスチン酸ミリスチル、ジメチコン、セタノール、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸PEG-40、ミネラルオイル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、シア脂、オタネニンジン根エキス、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、カルボマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、エタノール、水酸化Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

 

ビューティーチャージの美容液成分

ビューティーチャージ美容液成分

こちらは、高浸透保湿とうたってある、

美容液成分です。

  • 浸透型ヒアルロン酸EX配合

(保湿成分:ヒアルロン酸+グリセリン誘導体)

 

  • 直物性コラーゲンC配合

(保湿成分:ニンジンエキス)

 

と、書かれています。

肌の表面を潤いのベールで包む♪というよりも、肌の中から・・・という感じなんでしょうね!

 

実際に使ってみて、初めて使用した時は『あれ?』と感じてしまいましたが、1日に何回か塗っていると、乾燥してきた季節ですが、夏の頃の手のような自然な感じがしてきました。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は、店頭レジ近くやハンドクリームコーナーの目立つところで良く見かける、アトリックス・ビューティーチャージ、554円(税込)を購入して使ってみた感想は、

 

値段とパッケージに貼られたシールのことを想像して購入しましたが、私にとっては少し物足りなさを感じてしまいました。

 

手に付けた直後は少しベタ付き感がありますが、肌へ浸透してくるとハンドクリームを付けてる感じはほとんど無くなります。

 

それくらいに自然な仕上がりになっています。

 

ただ、こちらの商品、

ビックカメラの薬局やドラックストアの方がもう30円くらい安く変えましたので、今回は買う場所をミスしてしまった!という、ちょっと残念な気持ちになってしまいました。

 

日常的に使うハンドクリームとしては、80gの重さと容器のサイズはやや大きいかな?と個人的には感じます。

もう少し少なめで、小ぶりなタイプの方がその分値段が抑えられて、持ち運びやすいのかなー。と思います。

 

★ところがこのビューティーチャージ、他のハンドクリームよりも多めに手に塗りこんでもしばらくすると、ほとんどベタ付き感は無いので、1日に何度も多めに塗ってしまいたくなりそうです。

80gの量がちょうどいいのかもしれません。

 

個人的な評価をさせて頂くと、こんな感じです。

  • 塗りここち感  ★★☆☆☆
  • 塗った後の質感 ★★★★☆
  • 価格      ★★☆☆☆
  • 大きさ     ★★☆☆☆

 

少し辛口なレビューでしたが、参考にしてもらえたら幸いです。

辛口レビューになってしまったのには、実は理由があります!

今までに

ハンドクリームおすすめはどれ?安くて人気3つの商品を比較調査!
安くて人気のハンドクリーム(500円以下)プチプラ商品の調査です。選らんだ商品はLDKという雑誌の中で人気だった3つの商品です。実際の使用感と更にすごく可愛いハンドクリームも見つけてしまったので、記事にしました。
レシピストの口コミで人気!ハンドクリーム4種類の比較レビュー
すごく可愛い!と口コミで大人気のレシピストのハンドクリーム【4種類】を徹底的にレビューします。 無香料が1種類(290円)と香り付きが3種類(320円)、あなただったらどれを選びますか?

このようなハンドクリームレビューをしてきたからです。

こちらの記事も合わせてどうぞ。

 

★あわせて読みたいオススメ記事★

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました