クラウドワークスのアンケートで高単価案件を見つける方法

クラウドワークスアンケート

今回は、テレビやネットニュースでも時々話題となってる『クラウドワークス』の内容です。

 

いつもアンケート案件ばかりをやってて、なかなか金額が増えていかない。

そう思ってる人へ向けて、書いていきます。

 

私は、クラウドワークスの発注側として利用してる1人ですが、受注側としても時々利用してます。

理由は、受注側の気持ちも知りたいからです。

 

そこで今回は、簡単作業の一つ

アンケート案件から、

もう少し単価が高いライティングの案件

見つける方法を紹介します。

 

特に小さな子供をお持ちのママ!

あなたのスキル、アンケート調査だけでコツコツ、コツコツと稼ぐのは、もったいないですよ!

 

アンケート回答と同じくらいの手間と時間で、もっと高単価案件のお仕事できますから。

 

それでは、発注側の意見として

1件5円のアンケートは本当に安すぎる!

と、実感した内容と、アンケート調査から高単価案件を見つける方法を紹介していきます。

 

クラウドワークスのアンケート調査の5円って安すぎない?

アンケート案件5円や10円

今は子供も小さいし、外へ働きに出れない!

そうはいっても、特別なスキルなんて私は持ってません。

 

なので、簡単アンケート(1回5円とか10円)を数こなして、2~3ヶ月でやっと5,000円。

あれほど回答したのに、たったこれだけ…?

 

私も簡単アンケート依頼は、何度も出したことあります。

そして、アンケートの案件を

何回もやったこともあります。

 

そこで感じたことが、あれだけたくさん回答したのに

たったの、これだけ!?

 

1件のアンケート回答が1分とかで終わればいいですよ。

仮に1分で5円ゲットしたとして、60件(60分)連続回答できたとしても300円です。

時給換算で、300円です。

 

でも実際は、簡単なアンケートを探す作業や、中身をみてから~

と、数をこなしていっても、

私の場合は、1時間で5案件が限界でした。

 

1案件あたりおよそ12分です。

探す時間を除くと、

アンケート回答1案件あたり10分

と言ったところでしょう。

 

でも、実際によく見かけるアンケートって、1分なんかじゃ終わらないですよね!

アンケートなのに、文章入力200文字以上とか、普通にあるし。

 

やっぱり、安すぎますよ!

 

私は過去に1回5円で発注したことがあります。申し訳ないくらいにたくさんの方が、ちゃんと文章まで入力してくれました。

 

でも、安かろう悪かろうじゃないんですよね!

たった5円で、なぜそこまで答えてくれるの?

 

やっぱり1件5円は安すぎる!!

 

クラウドワークスで狙い目アンケートの見つけ方

時は金なり

あまりに安すぎる【質問・アンケート】は、時間がもったいなです!

1件10分や20分かけて、合計10円や20円稼いでる間に、

 

家の家事できましたよね?

子供との大切な時間、もっと取れましたよね?

 

時は金なり!

 

ということで、簡単作業のアンケートで、

狙い目案件の見つけ方を紹介します。

 

ズバリ!

1件30円以上のアンケート案件だけを狙う!

です。

 

そうは言っても、1件30円とか50円とかの案件ってあまりないですよ…

 

それでも、1件5円のアンケートを6件・10件とこなすより、30円以上のアンケート案件を探す時間にかけましょう!

 

そして、企業が出しているアンケートよりも、

個人が応募している

アンケートが狙い目です!

 

どうして、企業より個人の方が狙い目なの?企業が出している方が安心感があると思うのですが…

管理人
管理人

個人が出しているアンケートで、30円以上が狙い目なのは理由があります。

 

それでは、個人が出しているアンケートがオススメの理由を紹介します。

 

アンケート調査は企業より個人の応募がオススメの理由

個人発注者がオススメ

クラウドワークスやランサーズなどのアンケート調査って、大きく分けると3種類に分類されます。

 

企業が調査しているアンケート

これは、言うまでもありません。

純粋に企業が行っている市場調査です。

 

より多くの客層を調べたり、新商品開発のヒントを見つける為だったりします。

 

この企業が行っているアンケートで1件5円や10円だったら、それを答えて終わりです。

 

個人が応募しているアンケート1

個人が出しているアンケートで、1件30円や50円という案件は、狙い目です。

 

その理由は、

アンケートと称して、ライターさんを探している

可能性があるからです!

 

実際に私がそうです。

ライターさん(アンケートよりも高単価案件依頼者)を探しているアンケートの見つけ方については、記事後半で紹介してます。

 

個人が応募しているアンケート2

1件3円だったり5円だったりで、応募件数が1000件だったり3000件だったりするアンケート調査はやめておきましょう。

 

このようなアンケート調査をやっている人の裏事情を知ると、答えるのがバカらしくなってきますから。

 

アンケートと称して、とある記事へ誘導。

その記事内には、

やたらと広告が出まくってる!

 

広告の種類は、

クリック課金型の広告です。

また、インプレッション収益も狙ってたりします。

 

※インプレッション収益とは、表示回数が多いと微々たるものですが、広告を貼っている人(アンケート募集をかけてる人)へ広告費が入る仕組みです。

 

分かりにくいページへ飛ばされて、どれがアンケートなのか区別がつきにくく、クリックしてみたら広告だった。。。

 

そんな経験、あると思います。

 

アンケートに答えようとして、間違えて広告をクリックしてしまった!

それでも、アンケート募集している人へ収益(数円)が入る仕組みになっています。

 

それを知っての上で、隙間時間に数円をコツコツと貯めていくのでしたら、ありですけれどね。

私は、その様なアンケート調査はやりたくありません。

 

アンケートで記事依頼(高単価)に繋がる案件の見つけ方

見つけ方

続いては、アンケート回答より高単価【ブログ記事作成案件】の見つけ方です。

 

まず、アンケートの問い数は5問前後、多くても10問未満。

 

そして、アンケートの中身は、

  • 応募してくれた人の人物層が分かる内容が数問
  • 問いの最後の方で、今後記事執筆に興味を

 

今後、執筆に・・・

これが書いてあるアンケートを見つけた時は、例え30円だったとしても、絶対にお勧めです!

 

その様なアンケート調査を見つけた時は、

【今後の執筆について】

というところには全力で答えましょう!

 

すると後日、連絡が来る可能性高まります。

クラウドワークスの場合、相談メールが届きます。

実際に依頼者側が【相談メール】を送って、だいたい翌日か翌々日に届く仕組みになっています。

 

相談メールの内容は、ちゃんとクラウドワークス運営側がチェックしてますので、多少の時間がかかってしまいますが、その分安心ですよね!

 

私は、発注側として、

今後記事執筆に興味がある人

って項目をすごく重要視して、ライターさんを見つけています。

 

執筆についての項目の入力が終わったら再度、問1、問2を見直してみましょう。

きっと、年代や家族構成などを聞いていると思います。

 

私も他の人のアンケートを実際に受けてみると、

やはり同じ様な方法でライターさんを見つけたがっている人、けっこう多いですよ!

 

趣味や職業経験などに関しては、

気になった人のプロフィールを見ますので、あえてアンケートには書きません。

 

もし、

  • 年代や性別 ⇒ ◎
  • 執筆に興味有り ⇒ ◎

 

だったとして、発注側の人が次にとる行動は、プロフィールを見ます。

 

そこで、趣味や職業経験、得意なことなどが全く書かれて無いと、その人へ相談(スカウトメールの前段階)メールを送ることは諦めます。

 

執筆依頼(ブログ記事作成者)の候補は他の人を探します。

 

と言うことで、プロフィールも重要ですね!

 

クラウドワークスなどのクラウドサービスで、

好感度の持てるプロフィールの書き方も、近くまとめたいと思いますので、お楽しみに!!

 

まとめ

今回は、クラウドワークスのアンケート調査から、より高単価案件の見つけ方を紹介してきました。

要点をまとめると、

  • 1件30円や50円という個人のアンケート案件を狙う
  • 問いの最後の方で、今後記事執筆に興味を…とあるアンケートを攻める!
  • 執筆に興味ある気持ちを全力で答える(伝える)

 

まずは、この3つだけを意識するだけでも、まとまったお仕事を獲得し易いですよ!

 

クラウドワークスで副業とお小遣い稼ぎをしてて、アンケート案件よりも

 

単価が高いライティング案件の種は、個人募集のアンケートに眠っています!

 

ということを発注側の意見として伝えられたら、この記事は書いてよかった。と思います。

 

また、1件5円で1000件や3000件の募集をかけているアンケートはやめた方が良いです。

ということも発注側からみた上で、補足しておきました。

 

でも、記事作成(ライティング)とっていっても、1記事100円とか200円とかなんじゃないのかしら?

 

実は、この高単価案件へ繋げる為には、まだ続きがあります。

その内容については別記事で詳しく紹介します。

(現在執筆中)

 

ここまで読んでみて、これからクラウドワークスへ登録してみようかな?と感じた方へ。

メールアドレスがあれば、登録できます。

 

記事内で重要と書いてた『プロフィール』は、後から何度でも書き足しや修正できますので、最初は

プロフィール無しで、慣れてきたら記入していく。

参考にしたいのは、登録年数がある程度(半年以上)長く、たくさん受注してる人のプロフィールを参考にさせて頂く方法も、全然ありだと私は思います。

 

 

クラウドワークスを使って、育児や主婦業の合間に『ヘソクリ』作っちゃいましょう!

高単価案件を見つける為のお役に立てれば、幸いです。

 

コメントをどうぞ