Cocoonを使った記事の書き方~絶対オススメ!3つの機能

Cocoon記事の書き方

当ブログのテンプレートは、Cocoonを使っています。

そして、当ブログとは別で、他に運営している『特化型ブログ』のテーマもCocoonを使ってます。

 

その特化型ブログですが、予想よりもイイ感じになってきたので記事にしていきます。

 

Cocoonを使った記事の書き方として、ウィジェットやCSSなど難しいことを一切抜きにして、Cocoonの機能だけで見た目が『ぐっと良くなった』方法です。

 

少ない記事数(トータル30記事)と記事更新も非常に少ない(月1記事の時もあったり)のに、PVが徐々に伸びてきました。

 

これはきっとCocoonの機能ブログのテーマがハマったからだと思いますので、紹介します。

 

ちなみに、当ブログは雑記ブログなので、これから紹介する3つの機能のうち2つしか活用出来てません(汗)

 

なので、これから紹介する3つのCocoonの機能は、特に1つのジャンルに偏った『特化型ブログ』にむいてるよ!

という内容です。

 

スポンサーリンク

Cocoonで簡単便利なおすすめ3つの機能

難しいことをせずにすぐに設置出来て、効果的!と感じたCocoonの機能をまずは3つ紹介します。

 

  • 吹き出し
  • スキン
  • アピールエリア

 

他にもたくさん素晴らしい機能はありますが、まずはこれら3つの機能が『特化型ブログ』では特に役に立ってるな!

 

と感じてます。

では、簡単に紹介します。

 

Cocoonの吹き出し機能は絶対オススメ

管理人
管理人

まず1つ目は吹き出し機能です。

吹き出し機能を適度に使うと、Line風に見えて見栄えがいいですよ!

当ブログでも時々使ってますが、なかなかオススメです。

 

Cocoonではオリジナルで吹き出しのキャラはいくつもありますが、自分でも追加する事が出来ます。

例えばこのような感じ

ぴよ

こういうのもできるよ!

Cocoon設定のところで、吹き出しのところから入って行き、オリジナルの吹き出しを作ることが出来ます。

吹き出し機能

吹き出しを使うと、

文章と画像だけの記事よりも、表現力が少し上がるように感じました。

 

特に、

  • レビュー記事
  • 体験記事

にはオススメです。

 

特化型ブログ内のレビューや体験記事のとき、読者に話しかけるような感じで、時々織り込むと見栄えはけっこう違います!

 

ブログ全体で、登場人物を決めてしまい、それぞれを吹き出しのキャラとしてやるとなかなかいいですよ!
ブログ全体が1冊の本に書かれてるストーリーみたいな感じで、吹き出しのキャラクター達は登場人物。というイメージですね!

 

Cocoonで記事を書く前に設定したいスキン機能

2つ目の機能は、スキンです。

スキンってなんだ?まだ使ったことがないぞ!

 

というのでしたら、一度やってみてください。

Cocoonスキン機能

設定場所は、Cocoon設定⇒スキン

を選択します。

 

するとこのように35個以上の中から選べます。

スキン機能一覧

ちなみに、当ブログの場合は

『おでかけブルー』というのを使ってます。

 

この『スキン』を変えるだけでも、ブログのイメージがずいぶんと変わります。

記事の内容に合ったスキンを設定しておくと、それだけでイメージはだいぶ違ってきますので、まだ『スキン』変更を試したことが無い!というのでしたら、是非一度実験してみて下さい。

 

スキンによって、番号なしリスト

  • 例えばこういうもの

↑このような ●でリスト化した時、

<li>  </li>

でくくった時の見た目がすごく変わるスキンもあります。

 

ちょっと言い過ぎかもしれませんが、まるで違うテンプレートを使ったみたい!と感じたのは私だけではないはずです。

 

今は記事ネタが思いつかない。なかなかPVが伸びていかない…

と悩んで時間ばかり過ぎてしまうのでした、Cocoon設定を楽しんでいると、きっと良いアイデアが浮かんでくるのではないでしょうか。

 

Cocoon設定のアピールエリア

3つ目にオススメしたい機能は、

アピールエリアの活用です。

Cocoonのアピールエリア

当ブログでは、アピールエリア機能は活用してませんが、別で運営している特化型ブログでは、アピールエリアを活用しています。

 

では、なぜ当ブログでアピールエリアを活用しないの?

⇒ 理由は雑記ブログだからです。

 

個人的な意見ですが、ある程度ジャンルを絞ったブログの場合、ブログパワーや認知度が上がってくると、ブログタイトルで検索されることが増えて来ると思います。

 

その時、記事タイトルのすぐ下に、

  • 『まず初めに読んでほしい記事』
  • 『○○○をする為に絶対必要な方法』
  • 『特に人気の記事』

 

みたいな感じで、ブログタイトルのすぐ下にボタンで直接固定ページや投稿記事、カテゴリーなどを設置できる機能です。

 

記事をいくつか書いて、まとめ記事にして、ブログの一番先頭に持ってきたりする方法は、有料のテンプレートを使っている人のブログでも、よく見かけます。

 

ですが、

※Cocoonだったら、既存の機能として使うことができます。

 

ワードプレスのウィジェット機能でも出来ますが、ウィジェットはちょっと苦手…

という私のような方には、とっても簡単なので、オススメです。

 

とくにおすすめなブログの種類は、

  • 特化型ブログ
  • 物販ブログ
  • ノウハウブログ
  • アフィリエイトブログ

 

ここらへんですね!

 

ちなみに、私がアピールエリアを設置している特化型ブログは『ノウハウブログ』の分類に属しています。

 

ノウハウと言っても、1つの職業に偏ったブログです。

 

Cocoonの機能を使った書き方が良かった

今回、URLは公表できませんが、上記3つの機能だけを使うだけでも、ブログの見え方は、けっこう変わりました。

 

その為なのか分かりませんが、滞在時間が少しづつ増えて、検索順位はすこしづつ上昇↑↑

 

これはきっとCocoonの機能のおかげだと私は感じてます。

だって、記事はほとんど増やしてませんからね!

 

Cocoon機能で変化のあった特化型ブログの様子

記事数は始めに、20記事投稿して、4ヵ月間放置。

 

⇒ 約4ヶ月間の月間PV数は

300~600PV

ショボイですよね!

 

※もともとがテスト用のブログだったので、20記事でストップしておきました。

 

ブログを放置して、月間300PVまで落ち込んだ時です!

 

スキンを変えたら内部リンクで繋ぎやすくなりPVが増えた

Cocoonのスキン(雛形)をブログの雰囲気に合わせた色合いにして、既存の20記事を内部リンクで繋ぎました。

 

すると

5,6,7ヶ月目の月間PVは

  • 5ヵ月目 1200PV
  • 6ヵ月目 2500PV
  • 7ヵ月目 4900PV

まで増えました。

 

実際、スキン変更が良かったのか、内部リンクが良かったのは分かりませんが、スキン(ブログのデザイン)を変えたことで内部リンクを繋ぎ易くなったのは事実です。

 

その間、増やした記事数は(5、6、7ヶ月目の3ヵ月間で)5記事だけです。(トータル記事数25記事)

 

ブログのリライトとして吹き出しのキャラをいれたらPVが増えた

再び放置してたら、月間PVは約2000まで落ち込んでしまいましたので、1ヶ月かけて4記事追加しました。

 

でも、4記事増やしたところでPVに変化はありません。

 

そこで、吹き出しキャラを使って全面的にリライトしました。すると、再び月間3000PVまで復活してくれました。

 

さらに、ブログ内をまとめた、まとめ系記事を1つ作り、アピールエリアに設置すると、月間PVは4000近くまで復活です!

 

  • 8ヶ月目のトータル記事数30記事
  • 月間PVは約4000

 

30記事で更新ストップ中でもPVは上昇中!

そして、9ヶ月目(今月)はまだ1記事も追加していません。それでもたぶん4500PVくらいまでいくんじゃないかな?

 

と、ワクワクしてます。

 

トータルで30記事しかありません。

でも、何故かPVは伸びてきました。

 

特化型ブログのPVがジワジワ増えたきたことについては、

⇒ 特化型ブログでPVが伸びてきた方法とは?

の記事でもう少し詳しく書いてます。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、せっかくCocoonを使ってるなら、使わなきゃもったいないよ!

という機能を3つ紹介しました。

  • 吹き出し
  • スキン
  • アピールエリア

 

もしあなたがCocoonを使い始めて、記事の書き方で悩んでいるのでしたら、これら3つの機能を是非試してみてはいかがでしょうか?

 

けっこう良いですよ♪

 

★あわせて読みたいオススメ記事★

Cocoonを使った記事の書き方はどうする?ブログ運営方法
Cocoonを使って記事を書いてますか?この記事では私の中で最強と感じてるWP無料テンプレートCocoonを使った記事の書き方を書いてみました。2019年3月は強力なGoogleアップデート対策?

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました