可愛いキノコ発見!昭和記念公園8月の様子です

昭和記念公園8月の様子を記事にします。

8月の昭和記念公園

7月の猛暑が8月になっても続いてますが、台風やら、夕立やらで乾燥しきっていた大地が湿り気を取り戻します。

 

その為か、幾分7月よりは朝晩と多少過ごしやすくなってきたのかな?ヒグラシセミの歌声が聞こえるようになってきました。

 

ヒマワリが満開だった猛暑の昭和記念公園

たくさんのひまわり

夏の風物詩、ひまわりで埋め尽くされた昭和記念公園の様子です。2018年は7月からの猛暑続きで、8月の第1週前半までがひまわりの見頃でした。

 

写真は7月29日の様子です。

 

例年よりも、開花と満開の時期が1週間くらい早かったのかな?私の記憶ではそう感じてます。

 

元気なひまわり

 

本来でしたら、7月28日(土)に昭和記念公園60回目の花火大会のはずだったのですが、その日に台風12号がやってくるということで、花火大会は中止!

 

元気なひまわり

 

本来だったら、昼間は満開のひまわりを鑑賞して、夜は空高く満開の花火のはずだったのに…

残念!天気には誰も逆らえません。

 

<<関連記事>>

 

十五夜、中秋の名月と言えばススキがもうこんなに!

すくすくススキ

写真はまだ7月29日、8月になっていないのですが、ススキも成長が早まっているように感じます。

 

十五夜お月さま、中秋の名月にはきっとすごく立派なススキになっていることでしょう。

 

まだ1ヶ月半も先ですよ!

 

ススキにそう声をかけたくなってしまいそうなくらい、伸びてきました。

 

昭和記念公園内には、大きなススキのかたまりが、ところどころで見かけます。9月になると、ススキの周りにはカメラやスマホを持った人達がシャッターを押しに集まってきます。

 

私もきっと、その一人です。

 

栗の実も大きくなってきました

栗の実

こちらは公園内でみつけた栗の木ですが、栗の実もだいぶ大きくなってきました。秋の味覚、栗ご飯を想像させてくれます。

 

サギソウ情報は西立川口入ってすぐに

鶴のようなザキソウ

こちらは、サギソウと言う、まるで鶴のような綺麗なお花です。日立川駅降りてすぐの西立川口へ入ると、ザキソウ観賞コーナーがあります。

 

また、入口入ってすぐの池を右側に少し歩くと、そこには

サギソウ花壇というのがあります。

 

サギソウ花壇

 

小さくて可愛いお花ですよね。

 

お花がたくさん集まると、まるで鶴が群れをなして飛んでいるようにもみえます。

 

鶴の群れのようなサギソウ

 

この花なんていうの?

シソ科

花びらの周りが白く縁どられている、面白いお花を見つけました。

 

なんとなくアサガオのような、ツバキやサツキのような…

 

一体なんて言うお花なんでしょう?

スーパー・セビリアンブルー

スーパー・セビリアンブルー

というんですね!

見た目とは違ってなんだか強そうな名前です。

 

ふわっとしたお花?「ケイトウ」

ケイトウ

私が訪れた8月第1週の時は、まだ薄ピンクや淡い黄色など、薄い色のお花が多く、名前のように『ふわっ』とした見た目のお花です。

 

けいとうの場所

このお花は、ケイトウ というんですね。この写真では、赤や濃い色のお花の様子が映ってますが、私が行った時は、まだ、赤いお花はつぼみが多かったです。

 

お花の中にお花が!ジニアのお花

ジニアという花

まるで、お花のなかに小さなお花が!

そんな可愛らしいお花を見つけました。

 

ジニアの看板

 

このお花の名前は『ジニア』というんですっって。キク科の植物のようです。綺麗なお花の周りには、大きなクマバチが飛んでいましたので、見に行った時は、注意してくださいね!

 

クマバチは、見た目は大きくて黒くて丸くて、コワいですが、ミツバチと同じようにお花の蜜を食べます。

 

スズメバチのような肉食ではありませんので、そっとしておけば刺されることはほとんどないでしょう。

 

でも、蜂が近寄って来た時は、静かに離れましょう!

 

それにしても、このジニア

ジニア?

なんだかイソギンチャクみたいに見えるのは、私だけかな?

 

他にも公園内を歩いていると、ところどころで可愛いお花を見かけます。

かわいいキノコ発見!秋の訪れか?

きのこ家族

暑い園内をあるいていると、なにやら足元から声が聞こえて来ました。

 

ねぇ、ふまないでね!!

 

ん?

何かと思い、周りを見てみると不思議な光景を目にします。菌類の広がり

 

これ、わかります?

わからないですよね!

では、これだったらどうですか?

 

まるく円を描く

なんとなくですが、丸く円を描いているようになっているの、分かりますか?

 

キノコなどの菌類は、このように地中で放射状に広がっていくんです。その様子が見れたのは、私も初めてだったので、凄く嬉しくなっちゃいました!!

 

かなりマニアックな菌情報です。
この丸いキノコの輪の様子を
近寄ってみてみましょう!
きのこの仲間たち
なんだか列に並んでいるみたいです。
ちょっと大きなキノコ
こちらは少し違ったきのこのように見えますが、地中ではきっと同じ菌糸で繋がっていると思うので、同じキノコちゃんでしょう。
なめこみたい!
こっちはなんだか、ナメコみたいに見えます。
でも、
絶対に触ったり、食べたりしないでね!!
もし手に触れてしまった時は、公園内には水道があちこちにありますので、すぐに洗いましょう!

地底の泉の周りはきのこがたくさん!

毒キノコ?
すごく綺麗で立派なキノコを発見です。
でも、『毒きのこ』かも知れませんので、絶対に触らないようにね!
私が訪れた8月12日の前日、立川地域では夕立がありました。数日前にも、夕立があります。乾燥してた大地が適度に湿って、菌類が元気になってきたようですね!
まだ暑さ続く夏ですが、なんとなく秋を感じさせてくれます。
特に、公園内の
地底の泉
地底の泉
というあまり人を見かけないスポットですが、その周りには、人が踏み入れない分、落ち葉もふんわりと重なり合って、菌類には快適な腐葉土となっていそうです。

昭和記念8月にみつけたキノコたち

みんな集合だ!
人気の少ない地底の泉周辺では、キノコさんたちには居心地が良さそうです。
みんなでなにか話しているのかな?
ヨイショ!っと。
ヨイショ!って聞こえて来そう。土の中から頑張って出てきたのでしょう。
なんというキノコなのかな?私には分かりません。
たぶん、ヒラタケの種類ではないかな?
赤くなっちゃった
こちらは、ちょっぴり赤く照れた様子のキノコを発見です!
たべないでね!
やっと出たぁ~!!
落ち葉をかきわけて、仲良し三人(菌)が出てきたのかな?
僕たちどうしよう
これは、さるのこしかけみたいですが、凄く小さく、木で出来た階段から顔を出していました。

まとめ

8月の昭和記念公園は、ひまわりを見に行くのなら、7月末~8月初めがオススメ!
ヒマワリのお花がおわると、あちらこちらで、小さなお花スポットが登場してきます。また、よ~くみわたすと、可愛らしいキノコちゃんの姿も見つけることが出来ますよ♪
8月の暑い昭和記念公園のなつは、やっぱり
プールが大盛況ですね!!
中央の大きな公園周辺では、着々と秋のお花
コスモスに備えて準備が進んでいます。
コスモス
暑さと適度な夕立で、コスモスの苗もどんどん成長しています。
この様子だと、例年よりも早く咲き始めるのではないでしょうか?
私の勝手な予想だと、8月後半にはチラホラとお花が
『顔を出し始めるよ!』
そんな声がコスモスから聞こえてきたような気がしました。
コスモス祭り情報
  • 9月15日~10月28日まで
となっていますが、ひまわりと同様に少し早めに行った方が綺麗なお花を楽しめるような気がします。

<<関連記事>>

コメントをどうぞ