昭和記念公園の入園料と年間パスポートの作り方

年間パスポート

昭和記念公園の年間パスポート発行についての内容です。

昨年末に年間パスポートを作ってみましたので、検討中の方は参考にして下さい。

また、2018年4月より料金が変更になりましたが、年パスの作り方については同じです。

 

まずは新料金についてから行きます!

※中学生までは無料になったので、チケット買わなくてOKですからね。

 

2018年4月から入園料金が変わりました!

昭和記念公園の料金が、2018年4月1日から1年間の予定で変更されました。

国営公園の入園料試行資料

引用元:国土交通省資料PDFより

 

結局のところ、いくらなの?

 

↓↓こちらが新料金です↓↓

一般入園料(料金)

大人(高校生~) 410円 ⇒ 450円

子供  80円 ⇒ 無料

シルバー 210円 ⇒ 210円(変更なし)

 

2018年4月より新サービスが追加!

★2日間通し券(大人) 500円

★2日間通し券(シルバー) 250円

※連続した2日間の入場券です。土日祝を上手く利用するとお得ですね!

 

つづいては、年間パスポートについていきます。

 

パスポート料金は変わり使える場所が増えました

今までは、昭和記念公園で作った年間パスポートは、

昭和記念公園のみ本人だけしか使えませんでした。

 

ところが、2018年4月1日より変更点があります。

 

日本国内の有料国営公園(11か所)でしたら、

どこの公園でも同じパスポート

入ることが出来るようになりました。

 

例えば、

2018年4月1日以降

昭和記念公園で年間パスポートを作成すると、

 

そのパスポートを持って、

⇒ 国営沖縄記念公園へ入れます

⇒ 国営明石海峡公園へ入れます

という感じで、国内11か所の

有料国営公園へ入ることが出来ます。

 

料金は、4,100円 ⇒ 4,500円

400円高くなりました。

 

だたし!

2018年4月以降発行の方限定ですよ!

 

私の場合、2017年12月に昭和記念公園で年間パスポートを発行したので、昭和記念公園でしか使えません。

 

残念!!

 

それでは、年間パスポートの作り方の説明です。

 

昭和記念公園の年間パスポートどこで作るの?

国営公園年パス

立川市にある昭和記念公園の年間パスポートは、パスポートを作る本人が現地へ行って、公園の窓口で申請と支払いを済ませた後、年間パスポートを発行してもらえます。

 

国営公園現地へ本人が行く

申請書の定時と料金支払い

写真撮影

年間パスポート発行

 

この様な流れです。

 

また、年間パスポートを発行してもらえるのは

  • 立川口
  • 西立川口
  • 砂川口

の3か所の窓口で、発行してもらえます。

 

それでは実際に発行してもらった時の様子を紹介します。

 

昭和記念公園 年間パスポート申請書とは

まず、各入口横の窓口付近に年間パスポート申込書【新規】という用紙がありますので、それを記入します。

 

年間パスポート申込書

このような用紙が置いてありますので、赤く囲ったところを記入します。

  1. 氏名
  2. 性別
  3. 区分
  4. 生年月日
  5. 住所
  6. 電話番号
  7. 緊急連絡先

以上の7項目です。

区分は、 大人 子供 シルバー

のどこに該当するのか丸で囲むだけです。

それぞれ料金が違う為ですね。

 

シルバーの場合、年齢が分かるものが必要です。

 

これら7つの項目を記入したら、さっそく窓口へ持っていきます。

 

公園入口横の窓口に人が居ない時は?

普段はあまり窓口を利用する人は少ないのでしょう。

 

私が訪れた時は、年間パスポートを購入できる窓口3か所(立川口・西立川口・砂川口)ともに、窓口に人は座っていませんでした。

 

寒い冬の土曜日で、朝だったからかもしれません。

 

3つの窓口も、常に係の人が居るわけではないので、その時は入口でチケット半券を受け取っている人へ声をかけてみましょう。

 

すぐに窓口へ人が出てきてくれます。

 

年間パスポートを購入に必要なもの

写真撮影

年間パスポートを作る為には、先ほど書いた申請書の他にあと3つ必要なものがあります。

 

  • 料金
2018年4月1日から1年間の予定で、料金が変更されました

大人(高校生以上)は 4,500円

子供(小・中学生)は 0円(無料)

シルバー(65歳以上)は 2,100円

2日間通し券(大人・シルバー)は 500円

 

変更の理由は、子育て世代、ファミリー世代の公園利用拡大を狙っている為です。

 

  • 身分証

私の場合、運転免許証を提出しました。

申し込み用紙の内容と本人確認の為ですね。

 

よし!

これで年間パスポートが受け取れるぞ!!

ちょっと待ってください。

 

まだ必要な事があります。

それは、

 

  • 写真撮影

です。

 

昭和記念公園の年間パスポートには顔写真も入っているので、その為の写真撮影が必要となります。

 

持ち込み写真でも出来るのか分かりませんが、すごく簡単なので、写真撮影を済ませてしまいましょう。

 

申請用紙を提出すると、係の人がデジカメを持ってすぐに出てきてくれます。

 

以上の3つ

  1. 料金
  2. 身分証明書
  3. 写真撮影

これらが必要なものです。

 

年間パスポート用の写真撮影とは?

年間パスポート

このように、右側に顔写真、左側にもうっすらと顔写真のぼかしのようなのが印刷されます。

 

その為に必要な写真を撮らなければなりません。

 

私がパスポート申請をした立川口で作る場合は、入場門を入って、すぐ左側のレンガ調の建物前で写真を撮ってもらいました。

 

公園窓口の人がデジカメを持ってきて、わずか30秒で撮影完了です。

 

入場者が一番多い立川口だったので、他の入場者も多くいて少し恥ずかしかったですが、だれも私のことなど気にしてません。

 

入口へ入ってすぐに広がるカナールの風景に魅せられる為か、人目を気にしている私の事なんて、誰も気が付きません。

 

それほど恥ずかしがる必要はありませんので、ご安心を!

 

年間パスポートを発行まで、あとわずか!

 

年間パスポート 写真撮影終えたら?

写真撮影を終えると、このような荷札の様なものを受け取ります。

 

先ほど撮影した写真とパスポート発行の準備の為、約1時間くらいかかると説明を受け、先ほどの荷札半券みたいなものを貰います。

 

つまり引換券ですね。

 

せっかくなので、公園内の草花を楽しんだ後、受付を済ませて窓口へ行き、めでたくパスポートを受け取りとなります。

 

正式なパスポートが出来上がるまでは、先ほどの荷札を入退場口で係の人へ見せると、1日何回でも自由に出入りできます。

仮パスポート変わりということですね。

 

※先ほどの画像はサンプル画像為、実際の半券とは異なります

くれぐれも悪い考えは起こさないで下さい!

 

やっと年間パスポートの発行です

年間パスポート

一通り園内を散策して、帰る時に先ほどの半券を窓口の人へ見せると、このような年間パスポートを受け取ることができました

 

昭和記念公園の年間パスポートをつくるまとめ

昭和記念公園の料金を調べていると、

年間パスポートは 4,500円

と書いてある記事は多く見かけます。

 

しかし、実際に作ってわかったのですが、

『券売機ですぐに発行できる』

というわけではありません。

 

1日入園券や2日通し券の発行は、券売機で購入する事が出来ます。

  • 大人1日入園料金 450円
  • 子供 無料

 

年間パスポートの有効期限は1年間なので、1年のうちに10回以上行く予定のある大人に限ってはおすすめです。もし予定はなくても、パスポート発行を期に、これから何度も昭和記念公園や全国の国営公園へ訪れてみるのは如何でしょうか?

 

補足!

昭和記念公園はとても広いので、気が付いたら結構日焼けをしてしまいます。帰ってきたら、真っ赤になっちゃった!

と、ならない為に

『日傘や日焼け止め対策』は準備していきましょう!

 

意外と唇も日焼けしちゃうんですよね。

そこで、持ち運びにも可愛い

 

  • 化粧水
  • 日焼け止め
  • 色つきリップの可愛い

の3点セットを見つけました。

 

特に、化粧水や色つきリップは好みを選べるのに、送料無料ですごくお買い得なのは嬉しいです。

良かったらどうぞ。

 

★女性の味方!夏のおトクな3点セット

†彼女へのプレゼントにもオススメです†

 

今年の私は昭和記念公園へ10回以上は行くつもりです!

さっそくパスポートを使って、昭和記念公園へ行こう!!

 

<<関連記事>>

を記事にしましたので、どうぞ。

コメントをどうぞ