RX-8のパワーウィンドウが上がらなくなった!修理代は1万円?

RX-8のパワーウィンドウ故障

先日、ついに我が愛車RX-8で初の故障が起きました。

それは、運転席側のパワーウィンドウが動かなくなった。という現象です。

 

窓が開いたままだと、雨が降りこんできたり、盗難や車上荒らしにあったりと、マズい事だらけです!

急遽ディーラーで修理してもらう為、見積りと部品発注をしてもらったのですが、思っていたより安く修理できたので、一安心だったことを記事にします。

 

RX-8パワーウィンドウ修理にかかった費用って?

PW修理代は1万円

気になる修理代ですが、

ピッタリ1万円でした。

 

その金額には、今まで長くお世話になっているディーラーだったので、いろいろとあり、1万円でした。

 

本来だったら、17,600円というところです。

パワーウィンドウ修理代

↑これがその時の明細です。

 

他の項目もあったので、パワーウィンドウのところだけしか載せてません。

ちょっと小さくて、わかりにくいですね!

すみません。

 

明細には、

  • パワーウィンドウの部品 11,556円
  • 工賃6,048円

合計17,604円です。

 

と書いてあります。

もし、正規ディーラー以外のところで2万だの3万円とかそれ以上かかるようでしたら、是非!正規ディーラーへ行って相談することを推奨します。

 

ディーラーの場合、部品代は同じで、工賃が若干(数%程度)違う程度なので、今回のパワーウィンドウの部品交換でも、2万円もかかりません!!

 

そうは言っても…

17,604円はちょっと。。。

これって、ディーラーとしてはまぁ高くはないんでは?と思ったのですが、この故障が起きる3週間前に車検を済ませています。

 

さらに、先週は車検直後で電球切れ!ということもあったので、今回は特別な扱いをしてもらっちゃいました(*^▽^*)

 

経年劣化的なところもあり、少々心も痛みますが、懐はもっと痛いので、こっちは常連客だ!

と、普段あまり見せない強気な気持ちで行きます。

(内面だけですよ。表面には出していません)

 

すると、

  • 部品代の割引
  • 工賃のサービス

ということになり、

結局のところ1万円という結果でした。

 

無事に愛車RX-8のパワーウィンドウがなおったので、故障した時の様子をしょうかいします。

 

もし、似たような症状を感じたら、即ディーラーへ駆け込みましょう。

 

突然パワーウィンドウが動かない現象とは?

困ったぞ!

運転中のことです。

何事もなく、運転席側の窓を少し下げました。

ごく普通の行動です。

 

その時はいつも通りに動きます。

 

そして、窓を上へあげるため、ボタンを引き上げると?

 

ウィ~ン。。。。。

ガガッガッガッ!!

 

あまりに突然のことだったので、動揺してしまいましたが、突然大きな音を立てて、窓が上へあがっていきません。

 

大きな幹線道路を走行中だったので、とりあえず、信号で止まるまでパワーウィンドウのスイッチは触らないことにします。

 

そして、赤信号で止まった時に落ち着いて、窓を少し下げてみます。

問題ありません。

 

そして、上へ上げると、

ウィ~ン

途中までは上がります。

 

すると、途中で再びあの音が!?

ガガッガッガッ!!

 

これはマズい!

時間もすでにディーラーは閉店している時間です。

 

とりあえずは、自宅の駐車場へ帰ってから、愛車RX-8のパワーウィンドウとにらめっこです。

 

パワーウィンドウが上がらない記憶を思い出す

以前シビックを乗っていた時も同じような症状があり、その時は自分で内側のパネルを取り、動きの悪い原因を対処しました。

 

あの時は、歯車がうまくかみ合っていないだけだったので、すぐに直った記憶が残っています。

 

しかし、今回はRX-8です!

シビックよりもかなりしっかりと部厚ドアです。

 

そして時間はもう夜です。明日も仕事があります。

 

このままでは、窓が開けっぱなしになってしまう!

 

手で引っ張りながらなんとかならないか?

 

と、恐る恐るパワーウィンドウのスイッチを引き上げると、なんとか上まで上がっていきます。

 

無事に一番上まで上がっていったので、そのままにして次の休みの日にディーラーへ持っていくことにします。

 

ディーラーでパワーウィンドウの様子を診断!

前もって電話連絡をしておいたので、お店へ着くとすぐに見てもらえました。

 

まつこと約30分、

パワーウィンドウ内部の部品

類似部品画像(こちらはデミオ製)

この様な部品で窓の上下をさせているのですが、この黒い部分の内部のギアが経年劣化ですり減ってきているとのことです。

 

窓が一番上まで上がった時に、一定以上の力が入り、モーターのスイッチが切れる。

 

そういう仕組みになっているのですが、その時はギアへ負荷がかかってしまいます。もちろん、負荷がかかっても平気なように設計されていますが、なにせ平成16年式の車です。

 

劣化してても仕方がありません。

 

その負荷が、毎回同じかみ合わせのところに掛かる為、長い年月での回数と共にすり減ってしまったのではないか?

 

ついに空回りするようになってしまったのではないか?

 

そのようにディーラーの方は教えてくれました。

 

まぁ、老朽化だから仕方ありません。

私も自動車関連部品を扱う製造業へ勤めているので、その気持ちは痛いほどわかります。

 

パワーウィンドウ故障の部品をさっそく注文!

壊れてしまったものは仕方がありません。

 

窓が動かせないと困るので、すぐに注文してもらいます。すると、翌日には入荷されるとのことなので、再びディーラーへ向かいます。

 

そして1時間とかからずに無事修理をしてもらい、今まで通りスムーズに窓ガラスが動くようになりました。

 

まとめ

RX-8でパワーウィンドウの故障と思ったら、すぐディーラーへ相談しましょう。

 

ほとんどの場合、メーカーに在庫がある場合は翌日か明後日には入荷されます。

 

そして、正規修理代は

  • 部品代 11,556円
  • 工賃6,048円

合計17,604円です。

 

工賃については、多少店舗での違いはあると思いますが、正規ディーラーだったら、大きな差はないはずです。

 

ディーラーで長くお世話になっていたり、『パックdeメンテ』などの点検直後だと、多少のサービスを聞いてくれるかもしれません。

 

もし、ディーラー以外の修理工場で、3万も5万も取られるようでしたら、一度正規ディーラーへ相談してみるのもありだと思います。

 

ホント、マツダ

ディーラーは車検や修理が高い!

というイメージを

覆してくれます

 

以上、RX-8のパワーウィンドウ修理についての内容でした。

 

これからも宜しく頼みます!

我がRX-8君!!

 

<<関連記事>>

コメントをどうぞ