夏は山形の三瀬海水浴場へ行こう!現地ママさんが三瀬の魅力を紹介

三瀬海水浴場

googleマップより

今回は山形県で子育て中のママさんから

海がとっても綺麗な日本海『三瀬海水浴場』の魅力を教えてもらいましょう!

 

※三瀬(さんぜ)と読みます。

 

三瀬海水浴場で楽しめること

  • 磯遊び
  • 海水浴(砂浜遊びと磯遊び)
  • バーベキュー
  • キャンプ

思い付く海遊びが一通り楽しめるようですね!

 

実際に行った時の様子

幼稚園の子どもと一緒に行きました。こちらの海水浴場は遠浅でビーチから結構遠いところまで足が届くので、子どもを遊ばせながら入るのにとても楽です。

トイレ、シャワーがちゃんとあるので、遊び終わった後、子どもの体をきれいにして連れて帰れるのがとてもありがたいです。

また、脱衣所もあるので自分も水着を脱いで着替えて帰れるのも嬉しいポイントです。

 

浜辺の様子(砂や岩の状態など)

磯場は大きい岩や砂利がゴロゴロしています。ビーチも石が多めですが、岩場から離れれば離れるほど石は少ないです。

 

家族で行く時にオススメな理由

岩場と山に囲まれているので、子どもがどこか遠くに行って『迷子』という心配がほとんどないのはうれしいところです。

 

三瀬海水浴場の料金

浜辺でテント

海で遊ぶ分にはお金は必要ありません。

ただ、キャンプテントを設営する場合は料金が必要です。

  • 特大テント 1,200円(10人~)
  • 大テント 500円(~10人)
  • 小テント 300円(1~2人)
  • 貸パラソル 1つ300円

 

シャワーの有無について

シャワーは無料で3つあります。

シャワーの他簡易的な脱衣所や水が汲める水道設備もあります。

 

トイレ状況

トイレは、ビーチから少し歩いたところにあります。

昔ながらの和式トイレです。

もちろんトイレは無料です

 

三瀬海水浴場で楽しめる季節はいつ?

 

  • おおよそ毎年7月中旬頃から8月中旬(お盆のころ)まで

 

混雑状況

天気の良い日曜日は、混雑して車が停められないこともあります。

朝一を狙ったり、昼過ぎに行くなど時間をずらして行くと駐車スペースが確保できます。

 

ただ、海辺がイモ洗い状態とか、シートを敷く場所すらない!という状態にはならないので、車で来ない人は混雑は気になりません

 

三瀬海水浴場へのアクセス

  • 山形県鶴岡市三瀬横町
  • 羽越本線 三瀬駅下車徒歩10分
  • 日本海東北自動車道鶴岡西ICから車で約10分
  • 山形自動車道鶴岡ICから車で約15分

 

※駐車場は料金 700円

 

三瀬海水浴場周辺で食べのはどうする?

田舎町なので周辺で食事をする場所はほとんどありません。

 

一番近いコンビニでおにぎりなどを調達しておいたり、自宅からお弁当を持っていく方がよさそうです。

 

コンビニは海水浴場から、歩いて5分ほどのところにあります。車なら信号ひとつであっという間です。

コンビニには浮き輪やゴーグルなど海水浴に必要なグッズもそろっているので、何か忘れ物をしたときでも安心です。

 

ただ、三瀬海岸の周辺には、民宿や旅館があります。旅行で来た時は、民宿や旅館の方へおにぎりをおねだりしてみるのもありかな?(追加料金になってしまいますが…)

 

また、冬場しか食べられない!幻の中華そばで有名な『琴平荘』は、ここ三瀬海岸のすぐそばにあります。夏場は旅館になっていますよ。

⇒ 琴平荘(こんぴらそう) 食べログ

 

小さな子連れや赤ちゃんと行く時の注意点

遠くに車を止めた場合、坂道を歩くことになるので、小さなお子さんや赤ちゃんを抱っこしての移動は注意が必要です。

大きな段差や橋もあったりするので荷物の量や運ぶ際にも注意した方が良いです。

 

三瀬海水浴場のオススメ

岩場で遊ぶ人はもちろん、海水浴がメインの人でもビーチに石が多いのでウォーターシューズがあると快適に遊べると思います。

 

実はキャンプ場としても優秀で、炊事場、シャワーが使えるので、海キャンプ初心者の人にはお勧めです。

行くたびにテントを見かけるので、人気の高さがうかがえます。

 

海水浴とは少し違いますが三瀬で網起こし体験・漁師体験をすることができる旅館があります。(要予約:地元旅館 仁三郎)

⇒ 仁三郎旅館のホームページ

 

興味がある人はぜひ、子供会などのイベントにもお勧めです。

 

また、同じく仁三郎さんで行える体験として夜光虫観察があります。

 

これは本当に夏場夜の海でしか体験できない神秘的な体験です。

テレビで見たことがある人も多いかもしれませんが、実際目の前で夜光虫が光る様子は興奮しますよ!!

 

幼稚園~小学生くらいのお子さんと夜の海で貴重な経験をしてみませんか。

 

★あわせて読みたいオススメ記事★

本州最南端の町『橋杭岩』へお出かけで岩が凄いよ!
一度は行きたい最も端っこの旅、車にバイク、電車でお出かけもすてきですね! そこで今回は、本州で最も南の串本町の観光スポット『橋杭岩』の紹介です。 『はしぐいいわ』と読みます。杭(くい)と岩(いわ)が名前で使われて...
夏だ!青森県民がオススメする美味しい食べ物の紹介!
青森といえば、リンゴ!大間のマグロ! そんな声が聞こえて来ましたが、今回は青森在住の方より地元住民がオススメする美味しい食べ物を教えてもらいました。 是非、青森へ行ったら、腹いっぱい食ってこよう! 青森...

コメントをどうぞ