特化型ブログは内部リンク貼り過ぎ!くらいがちょうどいい理由

特化型ブログを構築する時、内部リンクはどれくらい貼ってますか?

私は貼り過ぎなくらいがちょうどいい!

と感じてますので、その理由を書いていきます。

内部リンクで繋ぐ

これは、別で運営している特化型ブログの備忘録でもあります。

 

内部リンク貼り過ぎ?ってくらいがちょうどいい理由

特化型ブログで○○万円なりました!

とか、そう言う記事でも内部リンクの重要性はよく見かけます。

 

でも、具体的にどれくらいリンクを貼った方がいいのか?

1記事でいくつまで。

もしくは、いくつ以上貼った方が良い!

という情報はめったに見かけません。

 

こっちからしたら、やっぱり基準って知りたいですよね?

 

そこで、私がこれくらいかな?

と思うのは、ウィキペディアくらい。

 

感覚的に言うと、リンク貼りすぎ!

ってくらいがちょうど良いかな。

と思います。

 

理由は、何か検索して上位表示してる特化型ブログって、どれもこれも、かなりの内部リンク貼ってあったからです。

 

特に、20代で若手人気ブロガーが運営してる特化型ブログは、2000文字とかでも平気で20個くらい内部リンク貼ってあります。

 

そういうブログの人気記事を一気に見てみると、どれも同じくらい内部リンクが張り巡らされています。

 

特化型ブログの1記事でいくつ内部リンク貼る?

では、具体的に1記事でいくつ?

ってなりますよね!

 

記事の長さや記事数にもよりますが、理想は1記事1500文字だったとして、 10~15くらいがちょうど良いかな。

 

えっ!

それ、多すぎじゃない?

と思いますが、それぐらいがちょうど良いかな。

 

まぁその為には、ある程度記事の絶対数が必要になりますけどね。

 

やっぱり多すぎ!ってくらいの内部リンクの量

 

特化型ブログで何記事目あたりから内部リンク貼る?

これは私の経験ですが、5記事くらい投稿したら、徐々に内部リンクで繋いでいきます。

 

ただ、記事数が10記事書くまでは、あまり内部リンクの事は気にせず、1つや2つでもいいかな。と思います。

 

そして、10記事を越えたあたりから、一気に内部リンクで強化していきましょう!

 

効率よく内部リンク先を見つける方法

特化型ブログの場合

『それぞれの記事に書かれてる内容が全く違う』

ということは無いと思います。

 

それだったら、文書の中で他の記事タイトルの一部だったり、見出しと同じ単語を使っている部分が出てくると思いますので、迷わずその記事へ内部リンクを送ってみましょう。

 

でも、記事を書いてて他の記事タイトルが何だったかなんて、全て覚えてなんかいません。

 

そんな時に有効な方法が有ります。

それは、

『サイトマップ紙で印刷する』

という方法です。

 

やはり画面上だと、よほど大きなモニターでなければ、作業はしにくくなってしまいますので、そういう時こそ、アナログ的な紙に印刷です!

 

こうすると、一気に見やすくなりますよ♪

見やすくなったら、リンクで繋ぐ記事を見つけて繋いちゃいましょう!

 

それに、紙に印刷すると、ついでに記事タイトルを俯瞰することも出来ちゃいますしね!

 

<<関連記事>>

 

まとめ

今回は、特化型ブログの場合

  • 内部リンクは多すぎなくらいがちょうどいい

ということについて書いてきました。

 

記事数が増えれば増えるほど内部リンクで繋ぐ手間は増えますが、それ以上にPVはきっと増えてくれるはずです。

 

試しにやってみてはいかがですか?

 

<<おすすめ記事>>

コメントをどうぞ