特化型ブログでPVを増やす方法は3分以内で読める記事だった

3分以内で読める記事だと、なぜPVが増えるのか?その理由を記事にします。

この記事は、他で運営している『特化型ブログ』の実践記です。

3分で読めてPVを増やす

まさに今、特化型ブログを構築していて、思うようにPVが伸びないのでしたらなぜ『3分以内で読める短い記事』がPVアップに有利なのか、気になりませんか?

 

もし、興味がございましたら、

一意見としてご覧ください。

この記事は、約1700文字程度の3分以内で読める内容にしてます。

 

※私の場合、特化型ブログでは読むのに10分もかかる記事は書きません!

 

特化型ブログで短い記事が有利な理由

なぜ、3分で読める短い記事がPVを稼ぎやすいのかは、普段の生活風景が教えてくれました。

 

それは、電車の中の風景です。

 

電車に乗る時、みんなスマホを見てますよね。

そして、みんなあまりしっかりと見てない!

きちんと、じっくり記事を読んでいない!!

 

それだったら、

短い時間でサクサクッと読める程度の記事

にしてあげましょう!

 

という作戦です。

 

短い時間で読める記事の目安は3分

続いては、なぜ1記事の目安を3分で読める程度にしたのか、説明します。

 

何故カップラーメンが3分なのかはご存知ですか?

あれって、人がイラ付かずに待てる時間と期待が膨らむ時間のピークなんだそうです。

 

時々、お湯をいれて5分のカップラーメンもありますが、5分ってけっこう長いですよね。たまにだったらいいけど、どれもこれも5分だったらどうですか?

私だったら、今よりカップラーメンを食べる回数が減ります。

 

まず、ここで3分以内が良い

と気が付きます。

 

スマホ利用者の様子をチェック!

つづいては、通勤途中の電車内の様子を観察します。

  • 駅のホームで待っている時間にスマホ
  • 電車が到着して、乗車したらスマホ

 

駅から会社へ歩いている途中でも感じました。

  • 信号待ちでスマホ

 

ちょっとした時間にスマホで何かを検索してるんですよね。

(なかにはゲームやYouTubeを見てる人もいますが…)

 

ということで、

短時間(3分以内)で1記事読み終える記事が有利だと仮説を立てます。

 

3分以内で読めるとPVが増える理由

1記事を読み切れる長さを3分以内とします。

 

すると、例えば

  1. 駅のホームで電車を待っている間に1記事完読!
  2. 電車に乗って動き出してから1記事完読!
  3. 駅に停車して乗り降りがあり、動き出したら次の1記事完読!

 

という感じで、ちょうどいい感じで1記事読み終えることが出来ます。

切れが良くて、記事下に関連記事があるとついでに読みたくなりませんか?

 

私だったら、つい読んでしまいます。

 

長文だとPVが増えにくい理由

逆に長文(読むのに10分くらいかかる記事)の場合、移動中の途中、途中でスマホ画面から目を離してしまい、気が付くと最後まで読み終える前に離脱!

 

最後まで読み終えてないので、結局中途半端で終わってしまった。

その結果、1人1PV止まりになってしまいます。

 

特化型ブログでは短い記事の直帰率が低かった

本来なら、アナリティクス画像があると分かりやすいでしょうけれど、それは載せられません。

アドセンス規約に引っ掛かってしまうからです。

 

しかし、実際に私の運営している『特化型ブログ』では、短めの記事の方が直帰率は低かったです。

 

ところが、当ブログで、長い記事(6000文字~1万文字)の記事がありますが、これらの記事はスマホからだと、ほとんどの人が離脱してます。

 

逆にPCからだと、関連記事や内部リンク記事を読んでくれてることもあります。

 

当ブログで長い記事は、主にPCユーザー向けの記事だからでしょう。

 

まとめ

特化型ブログでPVを増やす為には、短時間で読める短い記事にすることをオススメします。

 

理想としては、

3分以内で読める記事

です。

 

さぁ、

文字数が多い方がSEOに有利だ!

 

と思っているんだったら、

  • 3分以内で読める記事
  • とにかく文字数が多く内容盛りだくさんの記事

どちらを選びますか?

 

ちなみに私が運営している特化型ブログのテーマは、

レッドオーシャンといわれている転職向けジャンルです。

 

読者ターゲットは、通勤途中で転職や副業を考えている(探している)人向けの内容です。

 

今回の記事が

あなたの特化型ブログ構築のお役にたてれば幸いです。

 

最後に、この記事もう少し短くても良かったと反省してます。

 

<<おすすめ記事>>

コメントをどうぞ