特化型ブログで俯瞰する方法!印刷してわかった内部リンクの方法

さて、今回は『俯瞰』について記事にします。

鳥の様に俯瞰する

最近、外注ライターさんと構築している特化型ブログで、良い感触が出てきましたので、その内容を書いていきます。また、この記事は『特化型ブログの備忘録』を兼ねた実践記です。

 

もし、あなたが『特化型ブログ』を構築していくうえで、何かに躓いていたら一度ご覧下さい。少しくらいは何かヒントが見つかるかもしれませんよ。

 

俯瞰するってどういうこと?

ブログ運営を学んだ人だったら、時々聞くこの言葉

 

俯瞰(ふかん)する

 

この意味を理解してますか?

私は、わかったような、わからないような…

不安に思うくらいなので、俯瞰するってことがどういうことが理解してませんでした。

 

ところが、和英変換すると『なるほど!』とスッキリ理解できました。

 

俯瞰 = Bird’s eye view

 

英単語をそのまま読むと、こうなります。

鳥の目線で見る

 

ちょっと離れたところから全体を見渡す感じですね。

 

鳥は空からでも、地上の餌(虫や植物の種)を見つけたり、また遠くからでも外敵の存在をいち早くキャッチして、飛び去って逃げることもできます。

 

視力が良いことは、言うまでも有りません。

しかし、今回の『俯瞰』は視力のことではなく、

鳥になったつもりで全体を見渡す。

ということです。

 

俯瞰する簡単な方法は印刷

頭では理解しているつもりでも、いまいち俯瞰できません。

そこで思いついた方法は、印刷です。

 

外注ライターさんが書いてくれた記事、私はすでに別のブログで投稿してます。そのブログには当然のように『サイトマップ』を設けてあります。

 

そこで、サイトマップを紙に印刷して、ブログ全体がどの様な記事で構成されているのか確認してみます。

 

以下は、サイトマップの例です。

俯瞰とサイトマップ

このなかで、下から2つの項目

  • プライバシーポリシー
  • 自己紹介

これらは、特に俯瞰する必要はありません。

 

まず、全体を見渡すと21記事投稿してあることが分かります。

 

次に、それぞれの記事タイトルの左に番号をふって行きます。

俯瞰の活用

実際には、紙に印刷して書く方が断然効率よく簡単に、俯瞰できます。(全体を見渡せます)

 

俯瞰してわかったこと

上記のように、紙に印刷して記事タイトルに番号をふり終えたら、次は記事同士で繋がりの有りそうな記事がないか、全体を見渡します。

 

例えば、

20の記事タイトルには、
11・12・7が関連しているぞ!

 

このような発見がありました。

 

発見したので取った対応は、

20の記事内に11・12・7の記事へ内部リンクを貼っておくと、訪問者が内部リンクをから別の記事を読んでくれるかもしれない。

 

という仮説が立てられます。

 

あとは、この仮説(内部リンク)を信じて、記事と記事をまんべんなく繋いで行きます。

 

まとめ

今回は、俯瞰することについて『印刷する』という行動をとってみました。すると、どの様な記事をかいているのか、全体を見渡すことができました。

 

全体をみながら、内部リンクで繋ぎ、その効果が現れるまで(おおよそ2週間)様子をみてみましょう。

 

私の経験だと、内部リンクを繋いで大きく失敗した!という経験はありません。最悪の場合でも変化無し程度です。

 

ただ一つだけ注意したいことは、

1日や2日目で全く変化が無い『ダメだこりゃ!』とすぐに否定してしまうことです。

 

是非、特化型ブログを構築途中でPV低迷に悩んでいる方は、お試しあれ!

 

<<おすすめ記事>>

コメントをどうぞ