渋谷のハロウィンって凄いんです!仮装を楽しむマナー

ハロウィン当日の夜と言えば、“渋谷ハロウィン”が有名ですよね。

10月31日はハロウィン。

皆さんはどんな1日を過ごしますか?

ハロウィンがやってくる!

今年のハロウィンは渋谷で過ごすよ!っていう方のために、

今回は“渋谷ハロウィン”についての記事です。

 

ハロウィンの予定はまだ決まっていない!

そんなあなたの参考になればいいな。と思っています。

 

渋谷ハロウィンって何?

渋谷のハロウィン

その名の通り、渋谷駅前で行われる大規模のハロウィンイベントのことです。規模や動員数は年々急激に増加しており、今ではすっかり定着しました。

 

ライブや出し物のような何かをする、という明確な目的はないようです。

仮装を楽しむのは勿論、仲間同士で集まったり、ハロウィンを通じて他の方との交流を楽しむなど、目的は人それぞれ。

 

中にはスクランブル交差点を延々とわたり続ける、という方もいらっしゃるようです(笑)

 

私の知り合いは数年前、ハロウィン当日に別の目的で渋谷に来ていたみたいなんですが、ものすごい人の多さで全然先に進めず、心が折れそうになったらしいです(^^;

 

また、当日は警察官も現場に出動し、事故や事件が起こらないよう取締りをしています。

こんな時までお仕事、本当にご苦労様です。

 

渋谷ハロウィンを楽しむための注意点とマナー

当日は多くの方が渋谷に集結します。

1人ひとりが楽しめるように、当日の注意点やマナーを調べてまとめてみました。

 

仮装衣装を公共施設で着替えない!

公共の場

ハロウィンといえば仮装。だからといって自宅から仮装して行くのは恥ずかしいと思っている方は多いと思います。

 

中には、関係のない駅や店舗のトイレで着替えやメイクをする方がいらっしゃいます。その影響でトイレが混雑してしまい、他の人に迷惑がかかってしまうというケースも多く聞きます。

 

私の知り合いが以前アパレル店員として働いていた時も、ハロウィンの時は商業施設のトイレはハロウィンの仮装準備の方でいっぱいだったそうです。

 

ハロウィンの期間には、仮装をする方のための仮設更衣室も用意される場合があるようなので、着替えたりメイクをする人はそちらを使うようにしましょう!

 

ハロウィンと言っても警察官・自衛官・消防士等の仮装はNG!!

ポリス

渋谷ハロウィンでは基本的にどんな仮装でもOKって雰囲気ですが、実は【警察官、自衛官、消防士】といった制服があるコスプレは禁止となっています!!

 

なぜかというと、

軽犯罪法1条の15号

【資格がないのにかかわらず、法令により定められた制服若しくは勲章、記章その他の標章若しくはこれらに似せて作つた物を用いた者】について、処罰する。(最高で29日間の身柄拘束になります)】

 

と法律で定められており、これらは法に抵触するものになります。

 

ちなみに模造刀やモデルガン、エアーガン等の持ち運びも、銃刀法違反に当てはまるので持ってこないようにしましょうね。

 

ハロウィンに限らずですが、ごみは持ち帰ろう!

ポイ捨て禁止

渋谷ハロウィンの大きな問題となっているのがこの“ゴミ問題”。

中でも【ビン、カン、ペットボトル】といった資源ごみがダントツです。

 

ハロウィンに限らず、ポイ捨ては常識としていけないことなので、ゴミはゴミ箱に入れるか、自分自身で持ち帰るようにしましょう。

 

まとめ

いまや、国民的行事になってきたハロウィンです。

 

そんなハロウィンを楽しむためには、1人ひとりが楽しめるよう、当日はマナーを守って、1年に1度のスペシャルイベントを思い切り楽しみましょう!!

 

<<関連記事>>

コメントをどうぞ