外注化で特化型ブログを始めるぞ!PVアップの戦略はこうだ!

訪問ありがとうございます。
当記事は、外注さんを使って作る『特化型ブログの検証と実践』を書いています。

PDCAサイクル

特化型ブログ構築の第1弾として、

この記事では以下の項目を記事にしました。

 

  • 特化型ブログを作るうえで、ごちゃ混ぜブログの反省点を洗い出し
  • 良い記事を書いてくれる外注さんの見つけ方(低コストで)
  • 特化型ブログのジャンル設定方法
  • サーチコンソールデータを活用してPVをアップさせる方法

 

まずは、ここまでの内容です。

ロングテール手法を用いて作っていく特化型ブログです。

 

当記事は、およそ8500文字の内容なので、少し長いです。その為、必要なところだけを『目次から飛んでもらうと』

ストレスなく読めると思います。

 

では、いきます!

 

特化型ブログを始めようとした理由

当ブログは、ごちゃ混ぜブログとして運営しているのですが、アクセス数が、ある時期から半減してなかなか戻りません!

 

毎月ほんの数%づつ、回復してはいるものの、一向にPV数が戻ってくれません。

 

そうかといって、放置しておくとアクセス(PV)数はきっと減り続けるでしょう。そこで、当ブログとは別に収入源を確保する事を目的として、特化型ブログを1つ作ってみることにしました。

 

1つのブログに頼らないことで、リスクを回避する事が目的ですが、特化型ブログを作りながら、今こうして書いている『ごちゃ混ぜブログ』も継続していきたいと思っています。

 

特化型ブログを効率よく作る方法

まず初めに、私が作ろうとしている特化型ブログの方法について説明します。

 

私が目指す特化型ブログの作り方は、

記事は全て外注さんにお願いする!

です。

 

私は普段サラリーマンをやっていて、あまり自由な時間を作り出せません。きっと、ここを読んでくれてるあなたも同じような環境だと思います。

 

そんな中で、1つのことに特化した内容でブログを作っていく!

となると、けっこうしんどいですよね。

 

それだったら、いっそのこと外注さんお願いしよう!ということで、外注さんを使った方が効率がよいと肌身をもって感じているからです。

 

<<関連記事>>

 

特化型ブログを作ろうとした理由

これから特化型ブログを作ろうとしているのでしたら、私のごちゃ混ぜブログでの失敗を参考にして、是非!特化型ブログを始めてみましょう。

 

絶対、その方がPVと収益が上がりますから。

それには理由があります。

 

その理由は、グーグル先生は、

『より専門性の高いコンテンツをより重視する』

と言っているからです。

※私なりに要約してます。

 

それだったら、本当かどうか、専門性を持ったブログを作って見よう!

といった経緯です。

 

続いては、外注さんを使って特化型ブログを作る方法と、ごちゃ混ぜブログで失敗だったこと、検証してわかったことを書いていきます。

 

PVが伸び悩んでいるあなただったら、

どう思いますか?

 

あなたの経験と照らし合わせながら読み進んで下さい。

 

ゴチャ混ぜブログでPV減少の要因

まずはじめに、なぜ

外注さんを使って特化型ブログを作ろうとしたのか、その理由ですが、当ブログへ訪問してくれる方のほとんどは、検索エンジンからです。

 

しかし、すでに400記事近くになると言うのに、一向に『月10万PV』となってくれません。

 

なぜなんだろう?

ここで、今までの自分のブログ記事とアクセス解析、主にサーチコンソールの検証で分かったことから、仮説を立ててみました。

 

※サーチコンソールやアナリティクスのキャプチャー画像があると、わかりやすいのですが、私がビビりの為、画像は載せません。

(アドセンスを利用している為、規約に引っ掛かってしまっては嫌なので。)

 

まず、サーチコンソールで見てみると、記事数はそこそこあるのに、日々アクセスがある記事は、ほんの一握りです。

 

本来だったら、

  • 多少アクセスがある記事の関連記事を追加していく!
  • それらの記事を内部リンクで繋いで行く!

 

これが、スタンダードなやり方でしょう。

 

ところが、私はそれが出来ませんでした。

出来なかった理由は、横展の大切さを理解して無かったからです。

 

ということで、

 

PV減少の原因は、横展できていない

 

と、いうことが分かりました。

 

だったら、

やればいいじゃん!!

と思いますが、日々アクセスがある記事での関連記事が書けない!

 

そういうことも分かりました。

 

そこで反省したのがコレ!

なんでもいいから記事にするのではなく、ある程度横展(関連記事)を追加することを想定して、記事を投稿していった方が後で有利になる!

ん~

長い言い回しですね!

これも良くありません。

 

まぁ、このことが分かっただけでも、ごちゃ混ぜブログを運営してて得られた成果の一つです。このことを踏まえて、外注さんを探します。

 

ごちゃ混ぜブログはリスクの分散の意味では良かった

今まで安定してアクセスがあった記事が、圏外へ飛んでしまい、その記事からのアクセスはほぼ無くなりました。

 

その様な記事がいくつかあるので、全体としてのPVは落ち込んだままです。

 

グーグル先生のアルゴリズム変更の為ではないか?

と勝手に想像しています。

 

日々、検索ユーザーの為にアップデートが繰り返されているアルゴリズム、それらに対応出来て無い記事が多いので、トータル的に検索に引っ掛からなくなってきている。

 

きっと、これが原因でしょう。

圏外へ飛んでいった記事のほとんどは、ある日突然飛んだわけではありません。

 

順位でいうと、1~3位に入っていた記事が5~10位へ下がり、20位前後を低迷して、そのあと圏外へ飛んで行ってしまいました。

 

たぶん、まだ10位くらいだった時に、リライトや追記、関連記事を増やして内部リンクで繋ぐなどしていれば、圏外へ飛んだ記事の半分は助かったのではないかと思っています。

 

ところが、当ごちゃ混ぜブログの場合、全く違う内容の記事も書いてますので、それらからの小さなアクセスの集合体で、PVが皆無ということは防げてます。

 

その意味では、ごちゃ混ぜブログは良かったのかもしれません。

 

1回のツイッターで10万超えのインプレッション!

ツイッターやFacebookはほとんど使わない為、いまいち理解してない私です。

 

それでも、ツイッターを少し前から始めたので、時々つぶやいたりもしてます。

 

そこで思ったのは、SNSって凄いな!

ということです。

 

その時のツイートがコレ↓

2018年6月18日に起きた

大阪府北部地震の時です。

 

たまたま新横浜駅にいたので、その時につぶやいた内容です。

で、この時のインプレッションは、こんな感じ

ツイッターアクセス

投稿後、約1時間で5万ものインプレッションがありました。

そして、3時間で10万インプレッションを越えました。

 

SNSを上手に活用してブログやサイトへ集客している人って、ホント凄いな!と思います。私の場合は、本当に偶然でしたけれどね。

 

しかし、私の場合はやっぱりSNSは苦手です。

 

と、ごちゃ混ぜブログでなかなかPVが増えていかない現状については、まだまだありますが、これ以上書いてもあまり意味がありません。

 

ここからは先は、ごちゃ混ぜブログで得られた経験と検証結果から、

 

外注さんに書いてもらう特化型ブログで、PVを増やしていく方法

について、仮説を立てていきます。

 

特化型ブログで選ぶジャンル選定

これは、400記事近くも記事を書いてて分かったことです。

 

季節問わず読まれるジャンルにする

 

まず、ごちゃ混ぜブログでは、季節ネタを春夏秋冬分、投稿していくと、1年を通して平均したアクセスが見込まれます。

これって、王道なやり方ですよね!

 

例えば、春だったら

  • 卒業
  • 入学・入園
  • 引越し・新居
  • 花見スポット

など、春ネタはたくさんあります。

 

そして夏だったら、

  • 七夕
  • 祭り
  • 夏のボーナス
  • 海・山・キャンプ
  • 夏休み

といった感じで、夏ネタもたくさん出てきます。

 

秋や冬も同じです。

 

ですが、これらの記事を手掛けているブロガーさんは非常にたくさんいます。その中で検索上位を狙っていく為には、キーワード選定と内容が非常に重要です。

 

キーワード選定と言っても、

ずらしキーワードだったり、関連キーワードだったり、複合キーワードだったり。

 

そこまで分かっているんだったら、

それらの記事を書けばいいじゃん!

と思い、そのつもりでいましたが

 

私には不向きでした。

人間誰にだって、得意・不得意があります。

 

私の場合は、トレンドにはウトく、ニュースもあまり見ません(仕事の時間的に見れないことがほとんどです)

 

そうなると、記事を書くにあたり、リサーチに膨大な時間と労力がかかってしまいます。

 

その反省点として、

季節問わず読まれるジャンルにする

ということに辿り着きました。

 

では、何がいいの?

となりますよね。

 

季節問わず読まれるジャンルとは?

当ブログでは、季節問わずアクセスが飛びぬけてはいませんが、途切れることなく日々地味にPVを稼いでくれる記事があります。

 

それは、

仕事関係の記事

です。

 

当ブログでいうと

 

この二つの記事は、毎日ではありませんが、1週間で見るとそれぞれ10PVくらいは集めてくれています。2つの記事で合計約20PV/1Weekです。

 

1ヶ月でいうと、80~100PVくらいですが、当ブログにとっては貴重な記事です。

 

2つの記事で月100PV以下なんて、少ない!!

と思うでしょう。

 

でも、これらの関連記事もPVを集めてくれるので、先ほどの2つの記事プラス関連記事では、合計で300PV/月くらいは集めてくれています。

 

いやいや…

月に300PVでは

話しにならないんでは?

 

そう思うと思います。

私だって、そう思います。

 

ですが、これって私のメインでPVを稼いでくれてる記事とは全然違うんですよ!

本来は、

『副ブロ』⇒『副業を目指してるブログ』

のはずだったのですが、実際にPVを集めているのは副業や職業・仕事とは全く違った記事ばかりでした。

 

つまり、当ブログではちょっと的外れな記事だったんです。

 

的外れだったけれど、

 

ブログ全体とは違った内容なのに、日々アクセスがある

ココが

今回特化型ブログを作ろう

と、決めた理由です。

 

仮に、職業のみの記事で固めてたブログだったら、アクセス数は数倍になっていたはずだと、自信があります。

 

それは、グーグル公式サイトでも専門性の高いサイトを上位表示させやすくする

ということが発表されているからです。

 

ということで、

仕事関係のジャンルの特化型ブログ

を作ることにします。

もちろん、記事の内容は全て

外注さんにお願いです。

 

仕事関係のジャンルを選んだ理由

 

季節問わずアクセスがあるから

 

特化型ブログでさらに絞る!

まずは、特化型ブログで1つのジャンル

『仕事関係』と決めました。

 

つづいては、更に狭く絞りたいと思います。

理由はより専門性を高める為です。

 

せっかく特化型のブログをつくるので、より専門的な分野に絞った方が、訪問者も絞られます。すると、どうでしょう?

 

1つのことに対して書いてあるブログだと、ページ内をくまなく巡回してくれると思いませんか?もし私だったら、

  • アレは?
  • これは?
  • この時は??

などと、1つのブログの隅々まで読みたくなってしまいます。

 

これが、全くジャンルの絞っていないごちゃ混ぜブログだとどうでしょう?

 

グーグルアナリティクスの解析結果を見てみると、ある1つの記事へ訪問してくれた方が次に読んでくれるのは、その関連記事へ飛んでくれるのがほとんどです。

 

もしくは離脱です。

 

全く違った分野の記事へ読み進めてくれることは、極めてまれです。

(※当ブログの場合に限ってですが…)

 

ということもわかりましたので、

特化型ブログを作る時のポイントは、

 

1つの仕事記事で固める!

これですね!

私にとっては

★大きなポイント★です。

 

むしろ、これが一番狙いたかったところです。

 

 

ブログの記事全体を全て統一させて、1つの分野(1つの職業)に絞ったブログを構築する!

 

そうすることに決めました。

繰り返します。

 

1つの仕事に絞ったブログを構築する!

です。

 

続いては、外注さんについてです。

 

良い記事を書いてくれる外注さんの見つけ方

私の場合は、まずクラウドソーシング関係にいくつか登録して、そこで記事の募集をかけます。

 

いくつかと言っても、実際に登録して記事の募集をかけたのは、

 

 

の2つのみです。

 

他にもクラウドソーシングサービスはたくさんありますが、知名度の高いこの2社を利用する事にしました。知名度が高い分、登録者も多いので良い外注さんに巡り合える確立が高いと思ったからです。

 

本音を言いますと、たくさんのところに登録して、募集していると私の方で誰がどこの人だか分からなくなってしまい、管理出来なくなってしまったからです。

 

その為、現在ではこの2社のなかでさらに1社に絞って募集をしていました。

絞った一社とは、

です。

 

どちらも記事依頼をする面では、大差ないのですが、私の場合クラウドワークスさんの方で素敵な外注さん1人と巡り合うことが出来ました。

 

もしこの偶然が

『ランサーズで偶然の一致した人』

だったら、ランサーズ1社に絞っていたことでしょう。

 

つづいては、良い外注さんの見つけ方です。

 

一度に多くの外注さんを低コストで募集する方法

この方法って、けっこう出し惜しみする記事を多くみかけます。

 

詳しく知りたい人は

こちらから登録を!(←リンクじゃないですよ)

って感じで。

 

しかし、せっかくここまで読んでくれたあなたなので、私が取った一度にたくさんの外注さんに募集をする方法をコッソリ紹介します。

ズバリ!

 

アンケートです!

 

2択の項目が3個くらいと、それ以外に内容を書いてもらうアンケート3つくらいで募集をかけます。

 

例えば、

【アマゾン 楽天】 どちらを多く使いますか?

2択ですよね、そして、その次の質問に、

 

選んだ理由を書いてもらいます。

【選んだ理由を簡単に教えてください】

って感じで。

 

すると、一言、二言、と文章を書いてくれます。

 

このようなアンケートを3問くらい作り、最後に

【記事作成依頼に興味のある方】

という項目を付けます。

 

もちろん、それも2択にして、YESを選んでくれた方には、その理由を書いてもらいます。

 

こうする事で、アンケートに募集して来てくれた方の意見が聞けます。

 

それぞれの一言、二言アンケート+最後の希望理由を読むと、だいたい有力そうな外注さんが見つかります。仮に、イマイチ!と思ったときは、再び違う内容でアンケートの募集をかけます。

 

ちなみに、アンケートなので、単価は非常に安いです。

【○○アンケート調査!7問に答えて数十円】

見たいな感じで。

 

アンケートなので、回答者数は予算に合わせて、数十名募集をかけますが、単価が安いので合計でも数百円で済みます。

 

気に入った外注さんが見つかったら職業経験を聞こう!

アンケートに答えてくれた方のなかから、この人イイな!

と思ったら、何度かやり取りして、コミュニケーションを取ってから、その人の得意分野や職業経験を聞いてみます。

 

クラウドサービスに登録している人は、基本的にPC作業が出来る人が多く、何らかの職業経験や現職の方がほとんどです。

 

そして、気に入った外注さんが職業経験を教えてくれそうで、自分の知らない分野だったら、職業の記事をお願いしてみます。

 

『自分の知らない分野』

としたには理由があります。

記事依頼側として、

 

まったくの素人なので、全てが新鮮に聞ける!

 

自分の書いた職業関係の記事

例えば、

NC旋盤の仕事が辛いと感じたら読んで下さい
NC旋盤の道へ進みました。でも、辞めたい!そう思ったら、辞表を書く前に読んで下さい。私はNC旋盤経験が4年あります。NC旋盤業で得たものはたくさんあり、現在でもその経験が大変役立っています。

この記事↑なんかもそうですが、自分や同業者では当たり前のことを前向きな気持ちで書いたのですが、知らない人にとってはすごく新鮮な内容なんです。

 

この新鮮な気持ちを外注さんへぶつける(質問する)ことが出来るので、

 

自分の知らない職業の体験記事を書いてもらう

 

ということで、一つの職業について特化したブログを作っていきます。

 

※特化型ブログの記事は外注さんに書いてもらいます。自分は教えてもらう立場に徹しましょう!

 

つづいては、PVアップの戦略について書いていきます。

 

特化型ブログでPVアップの作戦を立てよう!

PVアップ作戦の為に利用するツールは、

サーチコンソールのみです。

他のツールは使いません!

 

やっぱりGoogleの検索エンジンが主流となった現在では、Googleのサービスを使うのが一番かと思うからです。

 

無料ですしね!!

サーチコンソール

確認するところは、この黄色で囲ったところだけ。

 

※せっかく使い慣れて来たサーチコンソールですが、新しいサーチコンソールになったので、また使え方を覚えないと…

 

他のところも気にし始めるときりがないので、特化型ブログ初期の段階では見ません!

 

PVアップの作戦=サーチコンソールを使う

 

もし、サーチコンソールの登録方法が分からない時は、検索して調べましょう!当ブログには登録方法の記事はありません(*’▽’)

 

追記!

今、PVアップの為のツールは、

サーチコンソールのみ!

 

と、断言したばかりですが、一度だけ違うツールを使いました。

 

それは、Googleのアドワーズです。

キーワードプランナーとも言いますね。また、Google広告と名前がかわりましたね。

 

このツールは、ジャンルを決定する時に1回だけ使いました。

 

理由は、これから狙うジャンルの価値があるか、調べる為です。

 

特化型ブログのジャンルが決定さえしてしまえば、後はサーチコンソールのみを使って行きます。

 

それでは少し具体的にサーチコンソールで実際に行っている作戦にもどります。

 

サーチコンソールでクエリが出てこない場合

先ほどの ●クエリ というところをチェックして画面の下の方を見ていくと、検索エンジンに引っ掛かったキーワードの表示回数が出てきます。

 

サーチコンソールに登録した直後は、まだデータが収集出来てませんが、1週間もすると、クエリが集まってきます。

 

もし、2,3週間たっても何も出てこない時は、設定がうまく行ってないか、インデックス申請してない可能性があります。

 

サーチコンソールの設定ができて、1記事でも投稿したら、すぐにインデックス申請をしましょう!!

 

インデックス申請も、もちろんサーチコンソールですね!

 

インデックス申請

記事を投稿したら、すぐにでも

この Fetch as Google で登録申請しましょう。

 

これも、新しいサーチコンソールだと変わってきます。

 

 

すると、クローラーが比較的早く来てくれるので、早くインデックスされます。30記事くらいになると、申請してからインデックスされるまで、ほんの1,2分でした。

いやもっと少ない記事数だったかもしれません。

 

新規ドメインでブログ立上げ、ちょうど1ヶ月で10記事まで進んだ段階では、まだ『Fetch as Google』で、クローラー申請を行っても、インデックスされるまでに2~3時間かかっています。

 

しかし、申請しなければ一向にクローラーはやって来てくれません。

 

まずは、

検索エンジンにインデックスさせる。

 

次に、クエリ(キーワード)を拾い出す。

 

クエリが出てきたらどうする?

このクエリにチェックを入れて、表示回数が多い検索キーワードがどのページなのか、確認します。

 

まず、表示回数の多い順に並べて、上位5つくらいの生キーワードをメモします。(紙でもコピペでもなんでも構いません)

 

次に、ページというところにチェックを入れます。

サチコのページ

 

再び、表示回数の多い順に並べると、どのURL(ページ)が多く表示されたのかが分かります。

 

そうそう、

赤く囲ったところもチェックを忘れずにね!

そうしないとしたのグラフや数が表示されませんので。

 

新しいサーチコンソールになっても、見た目は違うけどチェックできる項目は大差ないでしょう。まだ慣れてないですけれど。

 

すると、どのページがたくさん表示されたのかが分かりますので、そのページに先ほどメモしておいた、生キーワードを1つ2つ、不自然な感じなく記事内へ擦り込みます。

 

すると、ターゲットとした記事内に生キーワードが盛り込まれるので、検索順位が上がる可能性高くなると思いませんか?

 

いやいや、なりますよ。

きっとね!

 

なにせ、当ブログもこの記事を書いている段階で、400記事数に迫る勢いで記事を書いてきましたから。

 

私のブログ運営経験値から、見つけた方法です。

 

<<おすすめ記事>>

ここまでのまとめ

文章の上手な外注さんを使って、特化型ブログをつくり、PVアップを狙う作戦の中間まとめです。

 

現在の実績は

  • 独自ドメイン取得後、ちょうど1ヶ月(30日目)
  • 投稿記事数 10記事
  • PV 約50PV
  • 収益 0円 (まだキャッシュポイント設置して無い)

 

始めの1ヶ月目で行ったこと

  • クラウドソーシングのアンケート集計で集める
  • 季節問われないジャンルを絞る⇒職業
  • 1つの内容に特化させる⇒1つの職業に絞る
  • サーチコンソールのクエリで、生キーワードの収集
  • サーチコンソールのページで、生キーワードを投入させる

 

今回は、ここまでで一旦区切ります。

 

なぜなら、上記の方法で新規特化型ブログを作成し、現在実行中だからです。

現段階で、今手掛けている特化型ブログは、10記事まで投稿済です。クエリは、約52個ほど集まってきました。

 

サーチコンソールに

  • クエリ
  • ページ

これらの順位データーが反映されるのは、どうやら3日後らしいので、実際はもっと集まっているでしょう。

 

記事の内容は外注さん任せなので、次の記事の納品を楽しみに待ちつつ、サーチコンソールのクエリとページよりデーター収集中です。

 

この方法、あなたはどう思いますか?

 

<<関連記事>>

コメントをどうぞ