母の日のプレゼントやっぱり定番はお花!特別なお花みつけたよ

母の日のプレゼント

5月13日は母の日ですね。

お花をプレゼントしようと思っている

優しくて勇気のあるあなたへ

おすすめのプレゼントを紹介します。

 

母の日にお花を贈る理由を教えてください

あなたはどうしてお花をプレゼントしようと思ったのですか?

素晴らしいことですよね!

 

だって、お花をプレゼントするって凄く勇気がいることですから。

 

お花へ込められた気持ちは

あなたの分身そのものです。

そして、母の日の定番です。

 

定番だけど、どの年代のお母さんでも

貰って嬉しいランキング1位は、

やっぱりお花なんですよね。

 

ところであなたは、

どうしてお花をプレゼントしたいのですか?

その勇気、僕にも少し分けてほしいです。

 

特別なお花のプレゼントを見つけました

フラワープレゼント

もう一度言わせてください。

お母さんにお花を贈る勇気

私にも分けて下さい。

 

今の私にはまだお花を贈る勇気がありません。

だって、恥ずかしいから…

喜んでくれるか心配だから。。。

 

だから知りたいです。

 

私の背中を押してくれるその勇気を

 

私には素敵なお花のプレゼントを見つけることは出来ます。

 

ただ・・・

 

贈る勇気が見つかりません。

 

古代からお花は特別なプレゼント

スペシャルプレゼント

花を贈る習慣はむかしむかし

古代ギリシャ・ローマからと言われています。

 

古代のローマ人の教えでは、

花には神が司るともいわれています。

そして、特別な人へプレゼントする。

 

私にとってあなたは神のような存在です。

そのような気持ちを込めて贈ることから

男性が女性へ送るプレゼントとして、

花束が使われるようになりました。

 

私はそう解釈しています。

さらに面白いことに、花にまつわる言葉

花ことばは、各国で様々のようです。

 

ところが、世界各国で共通な理由があります。

 

それは

『大切な人へ贈る』

ということです。

 

花のブーケもそうですね。

 

なぜ赤いカーネーションなのですか?

赤いカーネーション

カーネーションの花ことばは、

「女性の愛」

「感動」

「純粋な愛」

「感覚」

など、いろいろな説があります。

 

そして赤い色には

「純粋な愛」

「母への愛」

「真実の愛」

などの気持ちが込められています。

 

まさに母の日にピッタリですね。

 

母親へ対する愛

 

お母さんだから特別なプレゼント

花を贈りたい人がいます

花を贈る時に選ぶ花って、

凄く勇気が必要です。

 

お店によっては『お任せ』

 

という方法もありますが、生き物であるお花の場合、決まり切った形はありません。その時期によって、お花屋さんの入荷状況もありますから。

 

さらにもっと違うのは、

贈る人と送られる人と

その時のストーリー

必ず違うからです。

 

2つとして全く同じストーリーはありません。

 

だからこそ

あなたの気持ちを伝えられる

そんなお花屋さんを見つけました。

 

オンリーワンのフラワーギフト

 

参考になれれば幸いです。

 

<<母への関連記事>>

コメントをどうぞ