読みたくなる記事を書く方法、知りたいですか?

読みたくなる記事

記事を書いてネット上へ公開させるんだったら、誰かに読んでもらいたいですよね。

 

読まれてナンボです。

 

では、読みたくなる記事ってどう書いたらいいのですか?多くの人が読んでくれたら、次に何をしたいですか?

 

私だったら、収益化していきます。

 

それでは読まれる記事を書いて行く方法を紹介していきます。

 

なぜこの記事を読んでいるのですか?

あたなはきっと、自分の記事でより多くの人から読まれる方法を探しているのでしょう。

 

そして、偶然ココの記事

当ブログへ訪問してくれたんですよね。

 

ありがとうございます。

 

もっと言うと、あなたの運営している記事が、あまり読まれていないから。そして、何かヒントになることを探して、辿り着いてくれたのでしょう。

 

お役に立てれば幸いです。

 

ここまでで、この記事ではいくつか問いかけするような書き方をしてきましたが、お気づきでしたか?

 

記事タイトルもそうです。

『読みたくなる記事を書く方法、知りたいですか?』

 

あなたに問いかけるような記事タイトルにしてみました。

 

すると、あなたという

かけがえのない一人が訪れてくれました。

 

本当にありがとうございます。

 

管理人
管理人

読みたくなる方法【その1】

読者に問いかけるタイトルにする

 

そう、

それを知りたいんだよね!

と思ってもらえる様な記事タイトルにすると、訪問者は増えてくれます。

 

PVが増えて来ると収益化したくないですか?

ブログのことを学び始めると、PVって言葉を学ぶと思います。

 

PVとは、あなたの書いた記事を見てくれた回数(アクセス数)ですね。

 

1日1000PVとか、月10万PVとか耳にしますけど、あなたの運営しているブログは、月にどれくらいのPVを出していますか?

 

もし、一か月で5000PVを越えているようでしたら、そのアクセス数を糧に収益化だって充分可能です。月に3000PVでも、収益化は出来ます。

 

私も当然のように、訪れてくれた人のおかげで、毎月収益化させてもらっています。

 

ありがとうございます。

 

収益化する方法って、いろいろありますよね。

 

私の場合は、アドセンスとASP広告で収益化させてもらっています。

 

もう一度あなたへお尋ねします。

PVが増えて来ると収益化したくないですか?

私は収益化したいです。

 

管理人
管理人

読みたくなる方法【その2】

共感される問いかけで記事を書く

 

あなたの記事から発生した収益で次に何をしますか?

私だったら、まず美味い料理を食べます。

子供や家族に、欲しいものを買ってあげたいです!

 

あなたの記事がたくさん読まれるようになると、多くの人が共感してくれます。

 

共感された記事で生まれた収益をあなたは何に使いますか?

 

管理人
管理人

読みたくなる方法【その3】

悩みを解決できた後の問いかけをする

 

読みたくなる記事を書く方法のまとめ

今回は検索ユーザーの心をくすぐる様な心理学的な方法を用いてみました。

 

読者が読みたくなる方法をまとめると

  1. 読者に問いかけるタイトルにする
  2. 共感される問いかけで記事を書く
  3. 悩みを解決できた後の問いかけをする

 

まずはこんなところですね。

見つけてきた問いかけるタイトルに数字が入ってくると、より魅力的なタイトルを作ることができます。

 

タイトルに入れる数字については

記事ネタに困ったら、タイトルに数字をいれてみよう!

の記事をご覧ください。

 

ちなみに今回の内容は

ブロガーにオススメの良書

ブログ運営でタイトルに悩んだり、店頭で働く人にとっては商品をより引き立たせるテクニックを学ぶことが出来ます。

本の中で紹介されている、77のテクニックのうち、24個の超基本テクニックさえ身に付けてしまえば、もうWEB社会を恐れることはありません。

そう感じてしまう一冊です。

で紹介されている『テクニック02』の内容

【問いかけを入れる】を私なりに学んで

アウトプットした内容でした。

 

つづいては03のテクニックを紹介していきます。

コメントをどうぞ