一瞬で心をつかむという本を買ってしまったのでレビューします

一瞬で心をつかまれた本

『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』という、本を立ち読みしてたら、つい買ってしまいました。

 

立読みで文章テクニックを学ぼうと、セコイことを考えていたはずだったのに、気が付いたら電車の中でガッツリと読んでいます!

そうです、つい買ってしまいました。

 

ところが、電車の中で読んでいると、目の前の人と斜め前からもチラ見視線を感じます。

やっぱり、気になるんでしょうね。

『心をつかむテクニック』

 

<視線が気になる方はこちら>

簡単ブックカバーの作り方

 

何度か立読みして、良いところだけ吸収するはずだったのに、その本のタイトルと内容に私の心は、一瞬でつかまれてしまいました。

 

ということで『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』のレビュー(超基本編)をさせていただきます。

 

本の冒頭「はじめに」で分かる著者の思い

心をつかむテクニック

こちらが私の心に揺さぶりをかけてきた本です。

 

さっそく本の冒頭にある【はじめに】を読んだ感想です。

次のように書かれているとあなたはどう感じますか?

 

報告書、提案書、企画書など、ビジネスシーンではあらゆる文書の作成が求められます。また、近年では、メールやブログ、SNSなど、インターネットを介してコミュニケーションが多くなりました。つまり現代人は、仕事であれプライベートであれ、誰でも文章を書かざるを得ないのです。

 

一瞬で心をつかむ77の文章テクニック [ 高橋フミアキ ]

はじめに より

 

私の場合、もしブログを始めて無かったら、ここ数年間は、1年の中で年賀状くらいしか文字書かなかったんですけど…

 

と、反抗心を立てつつ、でもブログを始めたから文章書いてる。と、反省もしながら続きを読み進めていきます。

 

この時点で、すでに著者のペースにハマってしまいました。

 

「はじめに」に書かれてる内容を要約すると、

  • 心をつかむ文章
  • 思わず読んでしまうルール
  • 心をつかむ文章は、実は簡単に作れる

 

この3つを約束してくれるという、なんとも心強い著者の思いであることが伝わってきます。

 

そして、本全体を一気に流し読みした感想では、ビジネス文章や書類的なものとしても書かれてます。

が、主にWEB社会での文章テクニックについて、書かれている印象を強く感じます。

 

心をつかむテクニックPart-1

タイトルと見出し

ブログや資料、折込チラシや新聞、さらに週刊誌などを購入するときの心理って、どのような気持ちですか?

 

毎週購入している本だったら別ですが、本屋で雑誌コーナーに行った時に、つい手を伸ばしてしまう。

 

実は一瞬見て目にとまる、あることで、目を引き、手を伸ばしたくなる状態にさせてしまう心理が働きます。

 

そのテクニックをこの本では学ぶことが出来ます。

 

内容を暴露したい気持ちはありますが、モラルと秩序をもって著作権侵害は致しません。

じゃぁ、上記の写真はどうなんだ?!

・・・・・(無言)

 

このタイトルや見出しの付け方を取り入れると、きっとブログやツイッターなどのSNSだと、たった1日でバズる可能性大?

 

どうして!?今まで気が付かなかったのか、これを習得してしまえば、タイトル選びのモヤモヤが、スッキリ晴れること、間違いなし!

 

これであなたのコンテンツへ集客と成約率、大幅アップ!

 

そんな魔法のようなテクニック、欲しくないですか?

 

私だったら、すぐに手にでも入れたいです。

 

Part1 の超基本編を強引に、文章にしてみました。

 

このような事が学べますよ。

 

心をつかまれたPart1のまとめ

文章やキャッチフレーズ、見出しなど見て判断できるのは人間です。

 

いつかは、AIロボットがスーパーのチラシを見て、判断するかもしれませんが、現在は人間の五感が判断します。

 

今回はPart5まであるうちのPart1のみですが、濃い内容を読んだ。

それが本心の感想です。

 

これって、スーパーやパン屋さんなどで働きたい人にも、商品紹介ポップ作りのアイデアに一役買ってくれるのではないでしょうか?

ブロガーにオススメの良書

ブログ運営でタイトルに悩んだり、店頭で働く人にとっては商品をより引き立たせるテクニックを学ぶことが出来ます。

本の中で紹介されている、77のテクニックのうち、24個の超基本テクニックさえ身に付けてしまえば、もうWEB社会を恐れることはありません。

そう感じてしまう一冊です。

 

読書って、いいですね!

 

<< 関連記事 >>

パン屋で働くとパンがもらえる?

趣味は読書って最高!

コメントをどうぞ