人目を気にせず電車の中でガッツリ勉強する方法とは!?

集中できない!

あぁ~時間が無い!勉強したい!!でも、人目が気になるぅ~。~

毎日乗っている通勤電車の中で、ガッツリと勉強する方法を紹介します。

 

電車の中で、ちょっと目立つ本を読んでいると、周りの視線が気になって集中できない時ってありませんか?

 

小心者の私は、本を読んでても周りの視線が気になって、全く頭に入っていきません。

 

ところが、ちょっとしたひと手間で、ガッツリと集中して読書が出来る方法を見つけました。

 

電車の中で集中できる時間

私の場合は、毎日の通勤で電車に乗っている時間は、約13分+15分です。

 

乗換えが1回あるので、1本目の電車で約13分、そのあと、乗換えして次の電車の中で約15分です。

 

あるある情報でよく聞く、

人間が1回に集中出来る時間は

15分です!

 

それって、誰が決めたの?

 

細かいことは抜きにして、私が

電車に乗って、降りるまでの暇な時間が13分~15分

なので、

私が電車の中で集中できる時間が、

15分×2回です。

(正確には13分+待ち2分+15分)

 

電車が緊急停車しない限りこの時間は、不動の時間です。

 

ということで、電車の中で過ごす15分×2回が集中できる時間です。

 

電車の中で読むと視線が気になりませんか?

心をつかむテクニック

この本どうですか!?

 

電車で目の前の人がこういう本を読んでいたら、あなたはどう思いますか?私だったら、いろいろと想像してしまいます。

  1. 文章下手クソなのかな?
  2. 誰かを口説きたいのかな?
  3. 悪徳商売でも始めるのかな?
  4. 友達いないのかな?

など、いろいろな想像が膨らみます。

 

ハイ!

 

逆の立場で、上の様な視線を感じていると、どうでしょう。本の内容が頭に入ってきますか?

 

私は意識が散漫になってしまって、無理です。

 

さらに、通勤電車だとだいたい、いつも見かけるのは同じ人達です。

 

全くの他人だけど、良く知っている人達です。

 

そんな状態で読書をしてても、

小心者の私だったら、全く頭に入りません。

 

それでは、視線を気にせず読書をする方法を紹介して行きます。

 

本の題名を目隠ししてカモフラージュ!

カモフラージュ完成!

結論を先にいうと、↑コレです。

 

ブックカバーで目隠しをしてしまいましょう!!

ということです。

 

これで、周りの視線は気にならなくなりました。

 

たった10分で作れる自作ブックカバーの作り方

用意するのは紙袋

もう、みても通りです。

 

紙袋で自作ブックカバーです。

 

まず、この本『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』という、ちょっと怪しげな本を緑色の紙袋で覆ってしまう方法です。

 

1.紙袋を切ります。

紙袋を適当に切ります

この様な感じで、切りました。

 

2.続いては、手持ち部分は邪魔になるので取ってしまいましょう。

手持ちをはがします

内側なので、破けないように、

 

バリッ!と剥がしました。

 

3.紙袋と隠す本のサイズをチェック!

本と紙のサイズの確認

なかなかいい感じですね!

 

大きさを比べて、おおきければ、ハサミを使い、大きさを整えてしまいましょう。

 

4.ブックカバーと本サイズを比べて、大きさの確認

表側のイメージチェック

だいたい、このくらいで良さそうですね。

 

5.実際に表側にあてて、折り目を付けよう!

重ねて折り目を付けたぞ!

イイ感じですね!

 

何となくそれっぽい感じになってきました。

 

6.ハイ!完成です

カモフラージュ完成!

 

キチンと折り目を付けて、出来上がりです。

まとめ・人目が気にならなくなって一安心!

これでもう、少しくらい怪しげな本を電車の中で読んでいても、周囲の視線は気になりません。

 

ヨシ!

これで、通勤朝活としてガッツリ出来ますよ。

 

以上、自作ブックカバーの作り方でした。

 

書店で買った時にカバー付けてもらえば、それで済んでしまうんですけれどね。

 

弁理士 通勤講座

 

えっ?

『一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック』という本が気になるって??

 

それは、レビュー

第一弾

記事タイトルに数字を入れると読まれやすいってホント?

をご覧ください。

 

<< 関連記事 >>

一瞬で心をつかむ本を読んだ感想

コメントをどうぞ