身近な家電3つの節電で生活にメリハリを!

節電でメリハリを!

2018年3月11日は大震災からちょうど7年、

忘れていませんか?節電のこと。

 

今回は普段何気なく使っている身近な3つの家電を意識して、節電をしつつ生活にメリハリをつけてみましょう!と言った内容です。

 

お部屋をLED照明で節電対策!

LED照明

お部屋の蛍光灯をLEDに変えて、エコ節電!

ちょうど7年前の大震災後は、全国的に計画停電が数ヶ月間もの間続き、夜の街はひときわ暗かったと思います。

 

そんな時に競うい合うように発売されてきたのがLED照明です。

 

我が家でも、前まで使っていた蛍光灯も古くなってきたこともありあの時を境にLED照明へと切り替えました。

 

思い返すと、もう7年なんですね。

7年使っても、電気がつかなくなったとかそういう不具合は1度も起きていません。

 

今ではLED照明を使っているご家庭も多いのではないでしょうか?

 

LED照明の中ってはどうなってるの?

LED照明の中身

カバーを開けてみると、こんな感じです。

蛍光灯タイプと違って、交換する手間もありません。一度取り付けてしまえば、10年くらいはメンテナンス不要で、ずっと照らし続けてくれます。

 

明かりをつけてみると?

ネオンの様なLED照明

なんだかきれいですね!

 

小さな半導体チップがそれぞれ光を発してくれているのがわかります。

この写真は、かなり暗くした様子ですが、それでもカバーが付いて無いと眩しいくらいです。

 

こんなにたくさん光っているのに、40Wとかからないのって、凄いですよね!

蛍光灯だとだいたい、2本で40Wは行ってしまいます。

 

LED照明の電気量の比較

一般的な話しですが、子供部屋6畳とした時に適した明るさは、

 

白熱灯で  100W

蛍光灯は  20W×2本

LED照明は 35W前後

 

だいたいこれくらいが一般的とされていますが、これだと蛍光灯LED照明ってあまり変わらないのでは?

 

そう思うかも知れませんが、

違います!

 

蛍光灯って、蛍光管を取り付ける傘みたいなのがありますよね、

蛍光灯インバーター

黄色い矢印のこれ!

この中にはインバーターが入っていて、蛍光灯を光らせる為の装置みたいなのが入っています。

 

その機械自体も電力を必要とするので、ここでも10W~15Wくらいの電力が消費されてしまうのです。

 

そうなると、先ほどの

20W×2本 +15W

=55W

 

機種によっても違いはありますが、だいたい平均するとこんな感じです。

 

こうなってくると、LED照明の方がやっぱり電気代はお得ですね。

 

明るさ調整できるリモコン

LED照明のリモコン

LED照明のばあい、ほとんどの機種にリモコンが付いています。

 

そして、明るさ調整が手元で簡単にできます。

 

うちの照明は大まかに3段階調整

100% 50% 30%

と、できますが、その横にあるボタン

明・暗のボタンを押していくと、7段階で明るさが調節できます。

LED照明の明るさ

 

これも、種類によっては10段階調節機能が付いている機種もあります。

 

勉強する時、食事をする時、テレビを観る時、寝る時、などなど簡単に調節できるのもLED照明のうりってことは、今さらいうまでもないかな?

 

LED照明のおすすめ!

おやすみタイマーでメリハリ

最近では、おやすみタイマーが付いているLED照明も5000円としないで売っています。

 

これって、子供部屋におすすめだと思いませんか?

最近子供が夜遅くまでゲームやスマホで遊んでいる。

 

勉強に熱が入り過ぎて、朝起きられない!!

 

そんな時は、タイマー設定して

 

暗くなったら今日は終わりね!

 

そういった、家庭のルールを決めると生活にもメリハリが付いて規則正しい生活習慣になれますよ。

 

【メーカー5年保証】シーリングライト LED 6畳 送料無料 

 

ということで、節約をしつつ、生活リズムにも貢献できるLED照明を一つ目の身近な家電として、紹介させて頂きました。

 

テレビの付けっぱなし、してませんか?

付けっぱなしのテレビ

普段何気なく付けっぱなしのテレビ。

 

一昔前と違って、消費電力の少ない薄型テレビが多く出てきてますが、薄くてスペースも取らなくなったので、大型化のものを購入するご家庭が増えてきてます。

 

ところで、テレビの裏側に書かれている消費電量ってご存知ですか?

 

ちなみに、うちのテレビ(40インチ)の裏には定格動作時74Wと書いてありました。説明書を見ると、年間消費電力量51kWh/年と書いてあります。

 

何気なく付けっぱなしのテレビですが、家事をやりながらだったり、掃除をしながらだったり、付けっぱなしの事ってよくあると思います。

 

また、静かにドラマなどを見ている時は別ですが、ながら状態でテレビを付けぱなしの時の音量って、いつもよりも大きくしてしまいます。

 

もちろん、音量を大きくすればするほど消費電力も増えます。

(ごくわずかですが)

 

ながら観してしまうテレビ

食器洗い

これは私の実体験なのですが、食事後の洗いものをしている時って、ドラマを観ながらやっていること、ありませんか?

 

ドラマを見ながら、食器洗い・・・

そして、なかなか進みません(汗

 

水道や食器の音などで、テレビが聞こえにくいので、つい音量も大きくしてしまいます。これって、やっぱり電気代をすこし余計に使っていると思います。

 

 

テレビの消費電力はもちろんですが、

食器洗いをする時に時間が掛かる

 

ということで、

気が付かないうちに水道や洗剤も多く使っているはずです。

 

 

それだったら、

 

ドラマを観る時はちゃんと観る!
洗いものをする時は、テキパキと洗いものをする!

 

きっとこれを1ヶ月間意識して行くだけで、

  • テレビの電気代
  • 水道代
  • 食器用洗剤代

この3つトータルで考えると、小銭程度の節約になりますよ。

 

付けっぱなしのテレビを辞めるとこうなった!

テレビを付けっぱなしを辞める習慣を続けると、

  • 子供に示しが付きます。
  • 生活リズムにメリハリが付きます。
  • 時間を有効に使えるようになった。

2つ目の節電家電は、テレビの付けっぱなしを辞めることです。

 

節電以上に、お金で買うことのできない

時間を大切に出来るようになりました。

 

いつも使ってる炊飯器

我が家の炊飯器

我が家は4人家族、食べ盛りの子供が2人(高校生男子と中学生女子)です。

そして普段のお兄ちゃんは、お弁当を持っていくので、1日で炊くご飯はだいたい5合です。

 

朝5時30分には炊きあがり、夜は9時過ぎまで炊飯器で保温状態です。

日々の平均保温時間

16時間~18時間くらいです。

 

そこで、今使っている炊飯器も5年くらい経ってますので、そろそろ新しいのを検討中しているなかで、最近家電量販店へ視察へ行ってきました。

 

家電量販店の店員さんから教えてもらったなるほど!

いくつかお店を見て回っていると、店員さんから聞いた、なるほど!ということがあったので、お伝えしたいと思います。

 

炊飯器は、5時間以上保温するのなら、もう一度炊いた方が電気代がかからない!

 

という情報です。電気釜は雑菌の繁殖などを抑える為に、おおむね65℃~75℃の間で保温します。

 

自宅の炊飯器を調査

エコモードとか、電気釜の置いてある場所などによって違いはあります。

 

その為、65℃~75℃と、10℃くらいの幅があるのですが、2合、3合の残ったご飯を、フタを開けて釜を触ると熱いほどの温度で維持していくためには、どうしてもそれなりの電力が消費されてしまいます。

 

一方炊飯の時は、高電力であっても1時間と掛かりません。

(うちの場合普通炊きで、約38分)

 

説明書や製品の横などをみると、消費電力が書いてありますよ。

 

これを消費電力量として計算すると、だいたい5時間くらいの保温で、1回分の炊飯時の電力になりました。

 

再び店員さんの話に戻ります

ご飯を1回に炊く量が、例え1合であっても、5合であっても、同じ1回なので消費される電力は、ほとんど変わりません。

 

ということなので、いつも長く保温しておくご家庭の場合は、朝炊けて、少し蒸らしたらラップで包むか、フタ付き容器へ移して粗熱が取れたら、冷蔵庫へ保存。

 

そして食べる時にレンジで温めて食べる。

 

この方がトータルの消費電力量は少なく抑えられて、ご飯も余計な水分が抜けずに美味しく頂けるんですって。

 

さすが、大手家電量販店の炊飯器コーナーに居たアドバイザーさんです。

 

ちなみにうちでもこの方法を取り入れたところ、慣れるまでは面倒でしたが、慣れて来るとそれほど苦でも無く、夜でも炊きたてに近い美味しいご飯を食べてますよ。

 

でも、朝に荒熱を取れるまで待っている時間がない時は、今まで通り炊飯器で保温しておきます(*´Д`)

 

ということで、普段使っている炊飯器で節電を3つ目とさせて頂きます。

 

身近な家電で節約のまとめ

 

日々の生活を少し気にするだけで、1か月あたり数十円~数百円くらいしか変わらないかもしれません。

 

でも、1年単位で見てみると、1,000円くらい変わるかもしれませんね。

 

 

普段の生活の中でほんの少し家電を変えたり、使い方を意識するだけで、生活にメリハリが付いてくると思いまさせんか?

 

大震災からちょうど7年目の今日、あの時の事を風化させず、当時の節電意識を振り返り、日々の生活を送りたいと思います。

 

<< 関連記事 >>

掃除機で節約を意識して良かったこと

コメントをどうぞ