アドセンス合格を目指してる人必見!新しい自動広告機能が凄い!

目指せ合格!

今、まさにアドセンス審査合格を目指している人へ向けての内容です。

 

アドセンスにまるで天使の様な、素晴らしい機能が追加されたので、その素晴らしさを知って、早くアドセンス審査合格を目指しましょう!

 

そして、日々進化を遂げているアドセンスの合格基準ですが、無事に通過した後でも、初心の気持ちは忘れてはいけません!

 

気を抜くと、ペナルティーを受けたり、最悪の場合アカウント停止になってしまいますからね。そんな厳しい一面もありますが、今回はその逆です。

アドセンス広告機能として、神業的な素晴らしい新機能について、紹介していきます。

 

アドセンスの自動広告機能がすごい!

無事に審査に通過して、やっと広告が貼れるぞ!

と、ワクワクして初めて自分のブログに広告が表示された時の嬉しさは、今でも忘れていません。

 

ところが、タグとかコードとか苦手て、初めての広告貼りで戸惑ってしまいました。

まず、自分用へ割り振られたアドセンス用のタグを、

<head>の後へ貼り付けて…

 

この<head>って、どこなの?

とか、始めは戸惑うと思います。

 

少し慣れてくると分かってきますが、でもやっぱり苦手です。

 

また、あの記事にはここにアドセンス広告を貼りたいな。そしてしばらくすると、やっぱりその広告を取り外したい!

 

そう思いつつ、肝心の記事作成以外の時間に多く時間を取られてしまうのは、私だけではないでしょう。

 

そんなタグやらhtmlに苦手意識を持っている人必見です!

 

始めに<head>をみつけて、

 

たった一つのコードを<head>タグのところへ貼り付ければOK!、後はグーグル先生が勝手に適した位置へ、適した広告を貼ってくれます。

 

素晴らしい人口知能機能の登場です!

こんなに素晴らしい機能が追加されました!

 

<head>の位置が分からない!

という時は、今あなたが使っている

『ワードプレスのテーマ(テンプレート)名+head位置』

と検索すると、すぐに見つかります。

 

アドセンスの自動広告って何があるの?

  • テキスト広告とディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • 記事内広告
  • 関連コンテンツ
  • アンカー広告
  • モバイル全画面広告

現在、私の場合はこの6種類の広告が自動で設置出来ます。

 

アドセンスの運用状況で、これらの項目は違ってくるかもしれません。

理由は、自動広告機能が登場する前は、関連コンテンツの場合、審査が通ったばかりの状態では使えませんでした。

 

ある程度記事数と実績を積んで、それから使えるようになりました。

 

これらの広告を今までは、コードをコピーして、設置したいところへ貼り付け作業をしていたのですが、今回追加された素晴らしい機能は、

 

自動広告機能です!

 

on ON

off OFF

 

使いたい項目をONにして、このタイプの広告は要らないかなぁ~と思えばOFFにしておくだけ。

あとは数分~数十分待つと勝手に適正なところへ広告が登場してきます。

 

まさに、神業で、天使の様な素晴らしい機能です!

 

おまけに、いままであちこちに設置したままのアドセンスタグはそのままでOK!ってのも、素晴らしいです。

 

しかし!

甘い言葉にすぐに乗ってしまった自分が悪かった…

何が悪かったのかは、次で説明して行きます。

 

調子に乗ると痛い目にあった自動広告機能

これは素晴らしい便利機能だ!

と大喜びして、すぐさま設定します。

on

もちろん、全てONにします。

 

そして、しばらくすると???

 

おぉ~・・・・!

 

すっごく広告だらけになってしまいました。でも、これって適切な位置に自動で設置してくれるんだよね?

 

ということは、これくらい広告だらけの方が良かったってこと?

疑問は残りますが、とりあえずそのままにしてまる1日放置しておきます。

 

そして、その日のアドセンス見積額を確認すると?

 

あれっ??

更新されていないのかな?

 

いや、ちゃんと更新されてる!

 

私の場合ですが、クリックされて発生する見積金額が1/10くらいになってしまいました。

 

それとは逆に、インプレッション収益は10倍以上になりました。

インプレッション収益とは、広告が表示されるだけで収益になるのですが、たくさん表示されないと、金額は発生しません。

 

そして、いくらインプレッション収益が10倍以上っていっても、せいぜい数十円くらいです。

 

これだったら、1~2回クリックされるだけでクリアですよ。

運がよければ、1回のクリックではるかに上回ることだってあります。

 

いくら便利な機能だからと言っても、ちゃんと考えてスイッチを選ばないといけませんね。

自分のアバウトなところは、今後直していかねばと、反省です。

 

アドセンス自動広告機能は現在模索中!

様子をみるスイッチ

まだ、一般公開されたばかりの機能なので、今後どんどん精度が煮詰められてくると思います。

 

それなので、現在では全押しだったスイッチを二つだけにして様子を見るようにしていきます。

 

アドセンス審査は日々、記事を更新して行けばいつか必ず合格するときが来ます。もしなかなか審査が通らない時は、一度立ち止まって、今までの記事を見直してみましょう。

 

きっと、はじめに書いた時の記事で、なにか足らないところが見えてくると思いますよ。

 

アドセンス自動広告スイッチ全押し後に復活!

ワードプレスの設定とかが苦手な私にとって、夢の様な

自動広告機能でしたが、調子に乗って全てON!にしたら、クリックはされないし、ページ離脱率も一気に上がってしまいました。

 

それも、たったの1日試しただけで、ペナルティーになったか?と思うような変化でしたので、現在は1つ~2つのスイッチを模索中です。

 

すると、すぐに今まで通りのもとの状態に復活しました。

 

まだどのスイッチが当ブログに適しているのかは模索中ですが、よく考えてスイッチは押した方が良いということは、検証できました。

 

既にウィジットでもともと設置しているアドセンスタグもあるので、これがイイ!とは言えませんので、

そのうち、自動広告機能のみのブログを立ち上げて、調査してみたいですね。

 

調査している自動広告の種類

アドセンスの自動広告機能のスイッチをいろいろと変えてみたところ、当ブログでは現在6個使用できるスイッチのうち、1つだけをONにして調査をしています。

 

調査している自動広告機能は、

  • インフィード広告
  • 記事内広告

この2つです。

 

インフィード広告は、ブログのトップページやカテゴリーページなどで、記事のリスト表示されている中へ、自然になじんだ広告記事を表示してくれる機能です。

 

また、

記事内広告とは、ブログ記事の中で、記事と記事の間になじむような広告を自動で貼り付けてくれる機能です。

 

広告が出る場所も自動で、設定してくれます。

 

どちらも、凄く便利な機能です。

 

自動広告機能を利用してわかった文字数の関係

自動広告機能って、投稿している文字数に関係があるのでは?

そのような感じがします。

 

グーグル先生が自動で設定してくれてる機能なので、正確なことはグーグル先生側でないと知ることは出来ない、トップシークレットな事でしょう。

 

しかし、調査してみると、

文字数1000文字程度だと、自動広告機能での広告が、出にくく感じてます。

1500文字でも、1つ出たり出なかったり微妙なラインです。

 

1500文字でも、訪問者(PV)数の多め(1週間で二桁以上のPV数)な記事だと広告は1つは出ます。

 

ところが、訪問者(PV)数の少ない(1週間で一桁台)ページだと、広告は出ないことが多いです。

 

偶然なのか、当ブログ内の調査ではそういう傾向です。

 

自動広告機能から学んだまとめ

今回の自動広告機能については、全てONは、イマイチかな?と思いましたが、試したことで、機能の素晴らしさと不便さをたった1日で感じ取れました。

 

アドセンス審査も、一般的に

○○がいいとか、□□はダメだとか言わずに、とりあえずやってみるのが、どちらも知ることが出来るので、おすすめです

 

今回の記事が、アドセンス審査合格を目指している人の励みになれたら、幸いです。

 

追記!

ところがですね、アドセンスの自動広告機能を使わなくても、別でプラ部員を使わなくても、ウィジェットで設定しなくても!

 

毎回同じ所へアドセンス広告が設置できちゃう簡単なWPテーマが登場したんですよね!

 

ご存知かな?

Cocoon(コクーン)っていう無料のテーマです。

 

その機能は

副業ブログに最適な最新無料テーマ!Cocoonの機能って?

で簡単に説明してますので、ご覧ください。

 

<< 続いておすすめの記事 >>

新規ブログでアクセスを集める5つの方法

コメントをどうぞ