クリスマスは細マッチョで燃える身体を作り出せ!!

目指せ!細マッチョ

細マッチョとは細身に体系で腹筋が6つに割れてて、筋肉質な体系ですね。ボディービルダーはちょっと強すぎそう。

そこまでではなくプニプニから少しムキムキした細身の筋肉質、細マッチョを目指したい人へ向けての内容です。

 

今年のクリスマスに間に合うかな?

この先の未来を想像しながら読み進めていきましょう!

 

細マッチョ 脂肪が付きにくい身体とは

トレーニング中

食事から蓄えたエネルギーや脂肪の約20%は、基礎代謝の大部分として筋肉で消費されています。つまり、筋肉量を増やすと、脂肪の消費量が増える予感!

 

余計な脂肪が燃えるということは、プニプニムキムキへと変わっていく?結構無理やりなこじ付けですが、基礎代謝を高めると細マッチョになれそうな気がして来ませんか?

 

筋肉を付けると?

脂肪が燃えやすくなる

脂肪が燃えやすくなると

プニプニが燃えてムキムキになってくる

つまり、基礎代謝の高い身体へ変身!

 

よし!

理屈はなんとなく分かったぞ!!

 

年齢と共に衰える筋肉を見過ごすな!

年齢?ってまだ20代だし・・・

いや、30際なったばかりだから平気!

 

そう思っている あなた!

 

人は約20歳をピークに放置していると、筋肉や基礎代謝は徐々に衰えてくると言われています。小学校や中学校の保健体育で習ったことを思い出してください!

 

それでは、約20歳をピークに衰退していく現象を抑える方法は何かないのか?!

 

どうやら、燃焼系といわれる必須アミノ酸

BCAA

と言うものがあるらしい。

 

BCAAとは
バリン、ロイシン、イソロイシンという3つのアミノさんの総称で、筋肉の・・・

と、難しい説明は置いといて、

 

どうやら、このBCAAを意識して取っていくと、筋肉の衰退を妨げて余計な脂肪を燃えやすくしてくれそうです。

 

BCAAをどう取るの?

ザ・マグロ

BCAAを多く含んでいる食材は、

  • マグロの赤身
  • 牛肉
  • たまご
  • 大豆

これらが代表選手と言われています。

 

マグロの赤身?

 

そう、別記事の

細マッチョでモテる体系づくり で

取り上げていたマグロが、ここでも登場です!

 

広大な海を止まることなく泳ぎ続ける回遊魚の『マグロ』、きっと人間で例えるとボディービルダーみたいな分類でしょう。

 

そのマグロパワーをしっかりと食べて、細マッチョで燃える身体を作っていきましょう。

 

マグロ以外でも、牛肉、なんか強そうです。

たまごは生命誕生の証

たまごが先かニワトリが先か?

 

大豆を主原料としているプロテインも納得です。

 

細マッチョ準備OK?

準備OK?

細マッチョに必要な事は、基礎代謝を高める。そして筋肉量を維持し、さらに増やしていく。と言うことは分かりました。

 

その為には、BCAAの摂取!

 

最後に忘れてはいけないのは、日々のトレーニングです。

 

車で例えると、

  • 高出力エンジン
  • 最高のグリップ力のタイヤ
  • 美しい空力を作り出すボディー
  • エンジンパワーをロスなく伝える駆動系

これらが揃っていても、その車を運転するドライバーがペーパードライバーで、5年ぶりに車を運転する人だったら、車本来の性能を発揮できませんよね。

 

しかし、日々のトレーニングが一番続かないのかな・・・

 

細マッチョに向けて、準備は整いました。

あとは、日々のトレーニングを実行するだけです。

 

細マッチョで燃える身体のまとめ

男女共に細マッチョを目指したいのでしたら、

  • 魚(マグロの赤身)
  • 肉(豚より牛)
  • たまご
  • 大豆

これらをバランス良く食べて、自分にまけないトレーニングです。

もちろん野菜も忘れないでね!

 

これらを意識して、3ヶ月続けると周りの人はもちろん、自分も驚く変化が起きるかもしれません。

 

ただし、やるかやらないかは自分次第ですね。

細マッチョで、健康的な体を保ちいつまでも元気でいきましょう!

 

納得できる体系が作られても、自分では気が付かない体の事もあります。そうならない為に、1~2年に1回くらいは、人間ドックを受けてみるもいいかもしれません。

 

人間ドックを受けた感想

では、健康に自信があった私の体験談を書いています。

 

最後まで読んで頂き有難うございました。

コメントをどうぞ