出来る上司が知っておきたい3つのポイント

出来る上司

人の気持ちをつかむ話し方の紹介です。

 

ポイントは「否定するより肯定」です。誰だって頭ごなしに否定されると、嫌なものです。

 

まるで人間性まで否定されたみたくて「もう会社辞めたい!」と部下が思ってしまわない為、押さえておきたいポイントを3つ紹介していきます。

 

できる上司のポイントは3つ

  1. 明るく接しられる
  2. 肯定的な言葉を使える
  3. 心を開いた言動

この3つを心得てないと、きっとこうなります。

 

感情を抑えられないダメな上司

ダメな上司

かなかな指示通りのことをしてくれない部下に対して、ダメダメ上司が注意するとこうなります。

 

「こんなのもわからないのか!」
「まだそんなことやってるのか!」

 

これらの言葉を平気な顔をして使っている上司は、その人も言葉の使い方や相手(部下)を思いやる気持ちが足りてません。

 

その上司自身もお客様やさらに上司に、良く思われてない可能性が高いですね。

 

一方、先ほどの3つを心得ていると?

出来る上司の怒り方

「ここまでは出来てるね」
では次は、○○○○としてみようか

 

どんな些細な進歩や実績でも、それをまずは見つけて、一度褒めてあげます。それから、次にやるべきことのアドバイスをさりげなくしてあげます。

 

人はたとえ小さなことでも、認められたり褒められたりすると、嬉しいものです。中には全くなにも進んでいない部下だっているかもしれません。

 

そのような時は、指示したことをやろうと、一生懸命に考えていたかもしれません。まだ、行動に移せてないだけかもしれません。

 

一度、

どこで躓いているのかな?

と聞いてみるのも、出来る上司の声かけ方法です。

 

出来る部下は上司の成果

覚えが悪くて使いない部下にガッカリだ!

そういう言葉を言っている上司は、あなたの指導のやり方に問題ありですよ。

 

中には、ほとんど何も指導しなくてもどんどん実績を重ねていく、そのような理想の部下も居るかもしれません。

 

しかし、その部下は上司(あなた)のことを尊敬しているでしょうか?

ひょっとすると、

何でも自由にさせてくれる優しい上司

と見てくれてるかもしれませんが、そのような出来る部下はいつあなたと立場が逆転するか分かりませんね。

 

逆に、なかなか覚えてくれない。

指示していることが全然わかってくれない。

 

そんな時こそ、

  1. 明るく接しられる
  2. 肯定的な言葉を使える
  3. 心を開いた言動

この3つのポイントを思い出して、部下のやる気を引き出して上げましょう。

 

いずれ、仕事が出来る部下となり、その部下はあなたを尊敬する上司と思ってくれるようになりますよ。

 

立派な部下に育ってくれたのは、あなたの成果です。

 

以上、出来る上司のポイントでした。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

出来る上司は人の心を掴むことが得意です。

そこで、

愛情あるれるプレゼント

の記事も合わせてどうぞ。

コメントをどうぞ