ブログで使える魅力的な文章の書き方

魅力的な文章

実際に物販ブログで使っていた方法の紹介です。

営業や店舗サイトの記事としても使えるかもしれませんが、その時はデザインも必要になるので、今回は文章についての内容です。

 

本音が一番

実際の写真とポジティブでフレンドリーな書き出しが良かったですよ!

 

個人で運営しているブログやサイトの場合は、

「個人」対「個人」

です。

 

これがお店の場合は、店舗のマナーや社則などあると思いますので、極端なことはできません。

 

ところが、「個人」対「個人」の時は、仲の良い友人へ話しかける様な気持ちで書き始めると、続きも読んでくれる可能性が高まります。

 

 

まるで豆しばになった様な気持ちで書き始めると、続きも読んでくれるよ!

 

「ねぇ、しってる?本音が一番なんだって!」

 

くり返しが大事!

繰り返し練習

1つの記事で伝えたいことは1つ

これが基本ですが、その1つの記事で伝えたいことを何度も、表現を変えて文章にしていきます。

 

そうすると、相手にもこちらの伝えたいことが伝わり易くなります。

 

学校の先生が行っている授業も、同じです。

「いいですかぁ、ここ大切ですからね!」

と授業で聞いたことあると思います。

 

もっと分かりやすく言うと、選挙の時に同じ候補者の名前を繰り返してますよね、極端な例えですが、それも同じことです。

 

ただ、文章の場合は同じ意味合いでも、多少言葉を変えていくことがより読者へ気持ちを伝えやすくなります。

 

今回の記事では、「魅力的な文章の書き方」についてですので、これについての違った表現で言うと・・・・

難しいです。。。

 

文章の場合は、万人に読んでもらうの必要はありません。

今回の場合は「文章表現に悩んでいる人」にだけ読んでもらえる様な文章を心掛けています。

 

いま、違った表現で、同じ意味合いを使いました。

魅力的な文章の書き方を知りたい人
≒(ほぼ同じ)
文章表現に悩んでいる人

 

人間っぽいのがGood!

最近はAI技術も日々進化しています。

ロボットもまあるで人間の様に答えてくれるように進化してきてます。

 

「ほんとに?!」

と思ったあなた、後で自分のスマホに向かって音声検索をしてみて下さい。

 

iPhoneだったら、Siri

アンドロイドだったら、グーグル音声検索

音声検索

このマイクを触ってから、しゃべると答えてくれます。

 

出来れば、記事を最後まで読んでから音声検索してね!

 

イメージはジェットコースター

ジェットコースター

ジェットコースターは好きですか?

私は嫌いです。

だって、コワいですから・・・・

 

シートベルトを付けて、椅子に固定されて、

カンカンカン・・・・

徐々に高いところへ登っていきます。

 

それから一気に

「あぁ~~~ (”Д”) 」

 

やっと落ち着いたと思ったら、また

「ギャァ~~~ (”Д”) 」

 

この、上昇&急降下&上昇&降下

 

まるでジェットコースターの様な文章は、脳へ適度な刺激が与えられて、読者のハートをつかみやすくなります。

 

サスペンスドラマと一緒ですよ。

(私はジェットコースターは苦手です)

 

まとめよりおまけが好き


文章の最後には、まとめ系の内容がほとんどです。

 

ハッキリって、文章のまとめ部分を読めばほとんどの内容が分かります。もちろん、それなりのまとめる文章力があっての話しですけれどね。

 

私はまだまだです。

 

しかし!

「おまけ」って言葉、弱くないですか?

その代表的なものとして、クレジットカードです。

 

よくCMとかでも、

「今、新規契約でポイントがナント!○○○○ポイントサービスです!」

 

とか聞いたことありませんか?

あの、おまけ感、たまりませんね!

 

ファッション雑誌とかでも、雑誌がメインなのか、おまけがメインなのかわからないようなものまで売っているのを見かけます。




ということで、今回の記事をまとめます。

 

魅力的な文書のまとめ

まとめです

  1. 生写真&ポジティブ文章でハートをキャッチ
  2. 反復表現でも、微妙に変えてね
  3. まるで話しかける様に
  4. アップ・ダウンで心に揺さぶりを
  5. おまけにひかれてジャジャジャジャーン!

 

いかかでしたか?

ブログなどで、魅力的な文章を書く為に、少しはお役に立てたらハッピーです!

 

文章について悩んでいるのでしたら、

文章が書けない3つの壁と5つトレーニング法

の記事もおすすめです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントをどうぞ