アドセンス審査で不十分なコンテンツの対策方法を紹介

アドセンス審査へ申請するも、また【不十分なコンテンツ】となってしまった。どこを直せばいいの?審査がなかなか通らない人へ向けた記事です。

不十分なコンテンツを乗り越えよう!

実際に私がアドセンス審査を合格した時に取った対策を紹介していきます。

不十分なコンテンツの要因

アドセンス申請をして、
「不十分なコンテンツ」で不合格!

悔しいですよね。

 

ちょっとまって!

『Googleのポリシーに準拠(じゅんきょ)してないサイト』ではないですよね?
準拠してない ⇒ 規約に合っていない

 

ここはクリア出来ているので、まずは自信を持ちましょう!
それでは、「不十分なコンテンツ」で引っ掛かる可能性があるポイントの復習です。

 

  • プライバシーポリシーの明記
  • 運営者情報の明記
  • サイトマップの作成
  • 複数のカテゴリー分け
  • 各カテゴリー内の記事の充実
  • メニューにホームを設置

 

まずは、この6項目は出来てますが?

 

「各カテゴリー内の記事の充実」って、どういう意味?

その様な声が聞こえてきそうです。

 

とりあえず、1つのカテゴリーで5記事くらいは入れときたいですね。

 

4つのカテゴリー分けがあったら、

5×4で20記事くらいですかな?

 

最低でもそれ以上は、記事数を用意しておきたいものです。

 

あとは、全体的な見た目で、まだ新規作成感が出ていないか。
ここを押さえられていれば、合格は目前でしょう。

 

もし、これでも「不十分なコンテンツ」となった時は、文章に何か要因があるのかもしれません。

すこし噛み砕いて行きましょう。

 

この記事の最後には、

という取っておきの方法も紹介してますので、慌てずに手っとり早くアドセンス審査の合格を済ませてしまいましょう!

 

審査結果の不十分なコンテンツを理解しよう

まずは、意味を理解するという対策を立てます。

 

その前に、一言

私は国語力が乏しく、社会人になっても国語や漢字は苦手です。

しかし、こんな私でもアドセンス審査に合格したので、あなただったら大丈夫です!

 

では本題「不十分なコンテンツ」の意味を理解する対策です。

 

不十分 な コンテンツ

 

まず、この『不十分なコンテンツ』という通知が来た時に、意味を理解しました。

 

上記の2つの単語に区切ります。

 

不十分 ⇒ 未完成、満たされない
コンテンツ ⇒ 記事の内容

 

この様に区切ります。

 

『な』については、二つの単語をつなげているんだという程度の感覚です。

 

そうすると、意味が分かってきました。

 

つまり、

記事の内容が未完成であり、内容を読んで満たされない内容

の為に、不合格である。

そのような解釈ができます。

 

そして、素直に認めましょう!

 

ここで、一つ注意点があります。

 

『いや、そんなことはない!!、記事の内容だってちゃんとまとまっている!

 

そのように素直にGoogleからの指摘を吞み込めない人は、いつまでたってもなかなか審査は通りませんよ^^

 

評価を下してくれる相手の言葉を早く理解しましょう。

 

無事に審査が通ったら、一気にアクセスを集める方法もありますからね!!

コレ、別に怪しいとか、ブラックな方法ではありません。

 

これから構築していくアドセンスブログで大切な『読者目線』も調べられる方法です。

 

アドセンス審査不合格の原因から目標をたてる

上記で、未完成な記事だという原因はわかったので、

 

  • 完成された記事にすれば良い。
  • 読者が満足いく内容を書いていけばよい。

 

この二つの対策を取ればよいだけの事なので、次に目標を立てます。

 

目標も、簡単です。

 

完成された記事で、

読者が満足のいく記事を書いていく

 

以上です。

 

もし、どうしても読者が満足のいく記事ってのが分からない!というのでしたら、読者の思っている気持ちを調べる方法もあります。

 

不十分な個所を一つづつ、対策する

まずは一つ目、完成された記事を目指す!これは、国語の苦手な私にとって最も苦手なことです。

 

しかし、ここをクリアできなければ、次へ進めない。そう思ったので、完成された記事をどのようにして書いたらよいのか考えます。

 

二つ目は、満足のいく記事を目指す。

満足度に対しては、個人差があるので自分と同等か、自分よりやや知識が劣る人が読んで、満足のいく内容を目指します。

 

決して、プロレベルでの満足では、決してありません。

 

ブログで完成された記事とは

ここで、訪問者の動きに注目します。

 

  1. 疑問に思う
  2. インターネット検索を思いつく
  3. 検索する言葉を打ち込む
  4. 出てきた記事を読む
  5. 記事の内容で知識を得る
  6. 満足する

 

検索エンジンで検索するときの流れは、おおざっぱに言うと、このような流れでしょう。

 

6.満足する の後で、行動に移す。

ということもあると思いますが、今回はそこまで踏み込みません。

 

ここの中で重要なのが、

 

3.検索する言葉を打ち込む

4. ⇓

5. ⇓

6.満足する

 

ここの流れです。

 

言葉を変えると、

 

3.検索する言葉を打ち込む

⇒ キーワードを打ち込む

 

6.満足する

⇒ 記事を読んで納得する

 

結局のところ、検索して出てきた記事を読んで、納得できるかどうか?

これだと、私は解釈しました。

 

つまり、

記事を読んで

「へぇ~」「なるほど!」

 

となれば、とりあえずは完成されていると、思うことにします。



自分が満足のいく記事を目指す

よし!納得

記事タイトルに対する答えが記事を読むことで、解決できる内容であるかを目指していきます。

 

完成された記事と内容が被ってしまいますが、最後まで読んでくれて「なるほど!」「そうだったのか」そう思ってもらえるように心がけています。

 

アドセンス記事で文字数は重要か?

文字数に関しても、いろいろと説があります。

しかし、文字数を気にしているような記事では、読者に上手く伝えたいことが伝わらないと思います。

 

写真画像を上手に使って、

そのシーンごとに一言、二言添えてあるだけの記事も見かけます。

そのような記事は文字数も少ない傾向です。

 

それでも、十分に記事の内容が伝わって、記事の内容が完結されていれば、きっとGoogle先生の判断も正当に評価してくれる事でしょう。

 

しかし私は、国語がひどく苦手です。

上手な文章は書けません。

写真撮影も苦手です。

 

そういう理由から、どうしても記事タイトルの内容を説明するのに対して、最終的には1500文字以上(時には5000文字以上)になってしまいます。

 

<<関連記事>>

 

不十分なコンテンツを乗り越えるまとめ

訪問者が記事を読んで、

納得してもらえる記事を書いていく。

 

その為には、参考にした記事や書籍でも自分なりに理解して自分の言葉で表現する。

 

それらを意識して記事を書いていくと、

不十分なコンテンツで不合格ということを乗り越えられるはずですよ。

 

また、アドセンス側も日々進化しているので、新たな新機能『自動広告』ってのを記事にしてみました。

新しい自動広告機能が凄い!

 

アドセンス審査記事の補足

一応、当ブログでも厳しくなったと言われている2016以降で、2017年の5月にアドセンス審査を20記事で通ったのは、事実です。

 

 

の記事で、

アドセンス審査のポイントを

11個にまとめています。

よかった立ち寄って下さい。

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

 

アドセンス審査に無事合格したら

次に読んでもらいたい記事は2つ用意してます。

  1. 正統派のアクセスを集める方法
  2. ブラック手法では無いけど、一気にブログパワーを付ける方法

あなたはどっちを選びますか?

 

  1. 新規ブログでアクセスを集める方法
  2. ブログのアクセスを確実に集める方法を紹介!

 

1で理解 ⇒ 2はカンフル剤

というのが私のオススメです。

コメントをどうぞ